「謗法払い」にまつわる黒歴史。当時僕は完全に狂っていました。

先日、亡くなった祖母の四十九日法要に参列すべく、郷里である長野の実家へと帰省しました。

式の際、僕は霊前に置かれた祖母の写真を眺めながら、顕正会時代に犯した失態を回顧していたのです。

「祖母には本当に心苦しい思いをさせてしまった。」

もう恥ずかしいやら、悔しいやら。

こみ上げてくる祖母への申し訳ない気持ち。

今回は、僕が過激な信条に基づいて、向こう見ずな行動を起こしてしまった結果、

一家の大惨事を招いてしまった「黒歴史」を披瀝したいと思います。

SPONSORED LINK

傍若無人なる僕の過去の所業。

法要は、実家の昔から付き合いのあるお寺である、曹洞宗にて執り行いました。

曹洞宗の本尊。

木魚。

その他仏具…。

これらの多くのものは、僕が過去に「ぶっ壊したり、捨てようとしたもの」でした。

本尊をビリビリと破く。

まず、本尊ですが、これは新しくお寺から下附してもらったもので、

以前のものはというと、僕が過去にビリビリに破いて捨ててしまいました。

いくら謗法だからといって、そこまですることはなかったはず…。

東京から実家に出戻ったその日、

ベロベロに酔っぱらった父親から、勝手に処分の許可をもらったと勘違いした僕は、

夜間に、家中の謗法物の大がかりな処分を決行。

当時父親とのやり取りに、付き添った先輩が半ば強引に進めた話とはいえ、

実行犯は紛れもなく僕なのですから、人のせいにしてはいけませんね。

曹洞宗の本尊や神棚の御幣、札をはじめ、

お守りなど細かな物に亘り、あらゆる謗法物を撤去。

その場で破壊できないものはゴミ袋へ詰め込み、翌日捨てる予定でそのまま就寝。

朝起きて、大騒ぎというわけです。

祖母への罪悪感。

大体、本尊をはじめ、多くの物は、

家の所有物でありながら、実質は「祖母」の物だったんですよね。

本当に祖母には生前、辛い思いをさせ、多大なる迷惑を掛けてしまいました。

曹洞宗の本尊を眺め、木魚の音を聞きながら、

本当に悲しいやら、やるせない感情が湧いてきました。

不幸中の幸い。生前の祖母に、僕がそのことを深く陳謝する機会が与えられたことが唯一の救いでした。

もし、謝ることすらままならず、祖母が逝ってしまっていたならば、

僕は過去の失態に対する罪悪感に、より苛まれていたことでしょう。

何か貰い物があれば、「死んだ爺さんに」と、逐一仏壇にあげていた祖母ですからね…。

もし当時の僕に遇うことが叶うのならば、全力で阻止し、げんこつをくれてやりたい気分です。

叔父が亡くなった時にも。

この謗法破壊だけでなく、叔父が亡くなった時にも、僕は騒ぎを起こしました。

当時、叔父の訃報を受けて、一番乗りで実家に辿り着いた僕は、

遺体の横で顕正会の題目を必死にあげたのでした。

まもなく葬儀屋が到着し、遺体を叔父の部屋から、曹洞宗の本尊の前へと移動したのですが、

その遺体の安置場所が「謗法の前ではいかん!」ということで、

「まだ題目をあげている途中だから元の場所に戻せ!」と。

そのことで、叔父の遺体を前に、父親と揉み合いの大喧嘩に。

慌てる祖母と、父親と同様、怒り心頭に発した従妹が仲裁に入り、

何を言っても聞かない僕に対して父親は、今までないくらいボコボコに殴った挙句、外へと突き飛ばしました。

家からはじき出された僕は、それでも尚、その場で正座をして外から叔父に向かって顕正会の題目を送るという往生際の悪さ。

もし当時の僕に遭うことが叶うのならば、ビンタして背負い投げしてやりたい気分です。

それでも葬儀への参列が祖母への餞(はなむけ)だろう。

葬儀、そして四十九日は、しばしば穴があったら入りたい気分に駆られましたが、

礼を正して参列することは勿論、喪主である父親にできる範囲で手助けをし、恙無く葬儀を終えることこそが餞と心して臨みました。

迷惑をかけた親戚の皆さんには、前回の葬儀の参列の折、個々に頭をさげて謝りました。

「本当にすみませんでした。もうあのような過激な思想は捨てました。」と。

SPONSORED LINK

謗法の指摘が人を傷つけてるかもよ?

現役顕正会員にお伝えします。

いくら貴方が、人の所有物を指して「謗法だ」「不幸の元凶だ」と喚こうとも、

それは貴方、及び所属の教団に限定された狭い価値感だということを深く肝に銘じて下さい。

貴方には謗法に見えるかもしれませんが、相手にとっては凄く大事な物かもしれないのですよ。

どうか、そんなちんけな価値観にこだわって熱くならないでほしい。

ビリビリに破いた本尊は、またお寺に頼めばすぐに購入できますが、

ビリビリに破いた人間関係、信用は、二度と復元できないかもしれません。

小さな御守りでも、あるいは十字架でも、

相手にとって大切な物であったならば、

それを指して、所有者を否定し、批難する行為がどれ程相手の心を傷つけるでしょうか?

謗法がある部屋で勤行すると功徳が出ない?

アホか。

貴方が遥拝する方向の直線上に、神社や他宗の寺院は一つも存在しないのか?

もしアパートやマンションの隣の部屋に学会の本尊が掛けられていたら、

それだけの理由で引っ越すのか?

それとも隣の部屋だから関係ないのか?一枚の壁が謗法の影響を遮断するのか?

では、窓を開けていたら、そこから外の謗法の害悪が入り込んでくるのか?

謗法って何?

センセー曰く、日本国中が日蓮大聖人に背き続けているのだから、

そもそも日本国全土が謗法で汚染されているんじゃないの?

海外へ移住しますか?地球から出ていきますか?

なら出ていって下さい、地球から。

ヴァン・アレン帯で撃沈して下さい。

正義の暴走は人を狂わせるんです。

世界遺産を破壊しまくる「IS」。程度の差はあれども顕正会とて同様だ。
最近、ISIS(イスラム国)が世界遺産を破壊しまくってますね。 ISが破壊した世界遺産とその理由。 2月には、モスルの博物館で、紀元前7...

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

『「謗法払い」にまつわる黒歴史。当時僕は完全に狂っていました。』へのコメント

  1. 名前:ポリ銀 投稿日:2015/12/29(火) 23:08:48 ID:19cb5a991 返信

    ミミ様 

    年末のご挨拶ありがとうございました。

    来年もよろしくお願いします。

    阿修羅族もルシファー一味も、元々は天界の住人だったと聞いたことがあります。

    キリスト教と仏教の違いを超えて、天に唾吐く者たちの出自がともに正義の神・天使であったというのは、面白い象徴ですね。

    浅井さんの正義・池田さんの欲望・・・根本は違いますが、道を外れた結果は同じだったというのが悲しいですね。

    私のブログに訪問してくれていた顕正会員さんも、正義に憑かれていました。他者の間違いを厳しく追及することに夢中になって、自分の犯している非道に気づかなくなっていました。

    正しさの追求が悪を産む。。。

    中庸の徳を説いた、孔子様やゲーテについて、最もバランスを尊ぶ易経について、年末年始に思索を深めたいと思っています。来年のテーマは易と潜在意識の関係について。。。なんて思っています。

    よいお年を。ミミさんとの交流が最も大きな収穫の一年でした。ありがとうございます。

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/12/30(水) 00:04:05 ID:14572ef95 返信

      ポリ銀さんへ。
      サタンも本来旧約聖書においては、天使長であり、人間の忠誠心を試す役割を担っていますからね。
      西洋の宗教改革が革新的であったとはいえ、プロテスタントの分派の多さというのは、やはり根本精神に由来するものと見て良いかと思います。
      ゲーテについては僕は全然知識がないので、投稿を心待ちに致します。
      それでは改めて、良いお年を(^-^)

  2. 名前:ユタ 投稿日:2015/12/30(水) 15:45:57 ID:c44991edf 返信

     こんにちは。

     今回のミミさんの告白手記、それを更に面白おかしくブログにしたのが現役会員パラパラ茜氏なのでしょうね。
     彼女には既に身寄りが無かったり、あっても絶縁されているようですが、もし親戚・知人に不幸があったとしたら、過去のミミさんの行動を起こすこと請け合いです。
     で、阻止されたら、
    「あの大謗法者どもは近いうちに地獄に堕ちるね!」
     とか、書くのでしょう。

     私はむしろ暴れるようなことは何もせず、顕正会式の葬式をやるようストライキ(“御霊前”や葬式費用を出さない『納金スト』など)やサボタージュ(参列しない)を決行するに留まりました。
     ストが決行できない場合、大逆縁者には香典袋ではなく、熨斗袋なんかに包んだりしてね……。
     当然、ブッ飛ばされそうになりましたが。
     それでもブログには恥ずかしくて、とても書けませんでしたが(そこが私と茜氏の違いです)、今は関係各所にお詫びをして、納金ストはとうに全て解除しています。
     今から思えば顕正会時代に金が無かったので、それを良い口実にしていただけかもしれません。
     尚、大逆縁者相手には香典袋ではなく、熨斗袋に包んで持って行ったという描写は今のブログにおける小説で流用しています。
     
     茜さん達が“憤怒”とか“傲慢”なら、私は“怠惰”ベルフェゴールですね。
     いや……熨斗袋に包んで行った先においては、“嫉妬”だったかもしれません。

     大なり小なり、顕正会を長くやっていると、このようなトチ狂った行動をした経験は少なからずあるのでしょう。
     キリスト教では7つの罪が、仏教では2倍の14(十四誹謗)と細分化されていて、怠惰の部分(懈怠、不解、不信など)に見事に当てはまる私でした。
     来年は怠惰の部分を何とかしたいと思います。

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/12/30(水) 22:50:14 ID:14572ef95 返信

      ユタさんへ。
      ありがとうございます(^^)
      今回の暴露が少しでも彼らの暴挙の抑止力になれば良いのですが。
      パラパラだかピロピロだか知りませんが、そういえば最近あそこからは足が遠のいていました。
      何か、有益な情報があるわけではないので、「どうせまたバカなこと書いてるんだろうなぁ、勝手にやってれば?」という程度の扱いです。
      まぁでも、ユタさんのおかげで久しぶりに思い出したので、たまには見に行ってあげましょうかね。
      熨斗袋とは、何と!アイロニー!www
      なるほど。ユタさんもれっきとした顕正会員であったということが良くわかりました!w
      怠惰かぁ~。反面、色々見つめ直してみる時間があるのは良いことだと思いますけどね。

      • 名前:ユタ 投稿日:2015/12/31(木) 10:48:59 ID:94bb5b7b1 返信

         こんにちは。

         山門入り口さんの所に書き込んでいて、ふと気付いたのですが、大石寺に登山中、元顕だとばれると、何か警戒されるような感じを受けたことがありませんか?支部登山でもたまにあるのですが、私の場合、1人で添書登山に来ている時です。
         口では、「おめでとう」と言ってくれるのですが……。
         これはもしかしたら最近、顕正会員の御受誡者が増えてきて、皆さん漏れなく『武勇伝』を持っていることがバレてるからかなと思いまして。
         それを持っていない者は、顕正会を辞めるだけで、宗門には来ないと思うのです。
         顕正会での信心を熱心にやって、『武勇伝』となるのですから。
         支部登山の時はまだ誰かが監視してくれますが、添書登山だと監視者がいないからそれかなと思っています。
         ま、『武勇伝』を聞けば警戒する側の気持ちも分かりますが。

         でもまあ、それなら元顕同士が互いに監視すれば良いだけであって、元学会員達の蘇生講という組織もあることですし、元顕版蘇生講があっても良いのではないかなと思います。

         今年一年ありがとうございました。
         ご迷惑でなかったら、また来年もよろしくお願い致します。

        • 名前:ミミ 投稿日:2015/12/31(木) 18:33:40 ID:03eb1bed2 返信

          ユタさんへ
          こんばんは(^^)
          確かに、言行一致してない感はありますよねぇ。
          十四誹謗に則れば、折角帰伏できた元顕を阻害するのは教理に背く行為だから、口では祝福しつつ、
          肚では忌避しているから、あまり関わらないようにしている…。
          まぁ宗門の普通の檀家さんたちは、基本的に当宗は潔白だと思っているでしょうから、
          異端視されているカルト教団の人間が紛れ込んできたら、それは純粋に受け入れられるかといえば難しいですよね。
          他方、宗内の篤信で教学の覚えのあるような信徒さんでしたら、異流儀が染みついている新参者に対して厳しく当たるでしょうし。
          つい最近まで「離反者」に師事していた人間に、笑顔でようこそは無理がありますよね。
          しかも、ユタさんが仰るように、武闘派の元顕は過去の暴挙を矜持としている場合が多いですからね、
          聞いてもいないのに、「私は顕正会で〇〇△△‥」とエピソードを語り始め、聴者は「興ざめ」というパターンは、そこかしこで見られる光景ではないかと。
          蘇生講のような括りはありませんが、まぁ言ってみれば、今こうやってネット上でのやり取りが、コミュニティとしての機能を果たしているのではないでしょうか?
          当ブログはもうちょっと皆さんが気軽に安心してアクセスできるように、徐々にプラットフォーム化していきたい考えでおります。
          まぁ僕が好き勝手なこと言ってるので、利用者は信条としてそれを許せる「寛容な人間」に限られてくるかとは思いますが、「寄稿」を募ってみる予定でして、
          その旨は年明けに発表します。
          こちらこそ今年はありがとうございました。
          来年も宜しくお願い致しますm(__)m

  3. 名前:山門入り口 投稿日:2015/12/31(木) 22:42:17 ID:6db7c23e7 返信

    謗法払いですか。
    うちなんか宗教関係の本がるから、顕正会員なら大騒ぎでしょうね。^^
    しかし、謗法て信仰の対象を払うだけであり、変に過剰反応をするのもどうかと思いますよ。

    今年一年、いろいろお世話になりました。
    来年は一段と暴走した話を期待して^^
    良いお年をお迎え下さい。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/01/01(金) 13:59:17 ID:fd4660d42 返信

      山門入り口さんへ
      あけましておめでとうございますm(__)m
      こちらこそ昨年は色々とお世話になりましたm(__)m
      そうですね、顕正時代には謗法の書籍にもいちいち反応していましたね。
      卒アルの奈良、京都に行ったときの写真とかわざわざ破いていたくらいですので(←何やってんだ)
      星界の道も収穫が多く、更新楽しみにしてます。
      それでは、本年も宜しくお願いいたします。

  4. 名前:まー 投稿日:2016/01/03(日) 20:59:38 ID:cde0b6a26 返信

    謗法を諌めるのが大事ならなんで浅井会長はいつまでも他宗を批判しないのかって話になりますからね。
    国家諌暁も諫暁書を送りつけるだけでしたし。
    冷静に考えれば会員時代はいろいろとおかしかったです。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/01/04(月) 01:23:57 ID:077b83e99 返信

      まーさんへ。
      あけましておめでとうございますm(__)m
      会員時代は物事を冷静に考えるための思考回路が遮断されていた感じです。
      本当に恐ろしい。オカルトかもしれませんが、MCとかのレベルを超越した何かの影響を受けていたのではないかと思うほどです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*