宇宙の始まりはビッグバンではない!?臨死体験が明かした実体。

初めにあったのは「膨大な意識」でした。

(中略)

膨大な意識の中に一つの「ひずみ」が生まれました。生まれた「ひずみ」は、その瞬間から解消に向かい動き始めます。

その「動き」こそが宇宙に満ちているエネルギーの流れにほかならないのです

7d5a3e962efb44dcc85d438093e9df20_s

なんと!宇宙に存在するエネルギーは「動き」であると。

今回のお話は、前回紹介した、木内鶴彦さんの「死亡体験」において、

彼が目にした、宇宙の実体について取り上げてみたいと思います。

(※参照リンク↓)

【死後の世界の体験談。木内鶴彦氏が語るリアルなあの世と人生論。】

SPONSORED LINK

そうだ!宇宙の始まりを見に行こう!

人は死ぬと一体どのような状態になるかについては、木内さんのお話に基づき、前回記事で見てきました。

即ち、「思ったらそこに居る」。

「想念がそのまま行動に反映されてしまうという摩訶不思議な世界」です。

そこで木内さんは、「宇宙の始まりを見てみよう」と、思い立ったんです。

天文を学んだものなら、誰しもが一度は考えること。

それは、宇宙の始まりは本当にビッグバンなのかということです。

動き?何ソレ?

ところで、宇宙を支配するエネルギーの実態、正体が

「動き」

と言われても、ピンときません。

しかし、では木内さんが適当なことを言っているのかというと、

決して、そうとは言い切れないのです。

実は、この事実は僕が先日、別記事で紹介した「量子論と仏教と道教」の動画の中で説明されている内容とも一致しています。

(※参照リンク↓)

【量子論と仏教の話。これは解り易い!科学の発展が思想の統合をもたらす。】

つまり現在、科学的見地からもこのことは大いに明かされていて、

「ひも理論」などはまだ仮説段階ですが、その内容が示唆するのは、

やはり「動き」があらゆるものを構成している根源だとする概念です。

宇宙エネルギー=「動き」の発生源。

どうしてこの「動き」が発生したのか?

それは上に挙げたように「ひずみ」がもたらした産物だと木内さんは語ります。

って、そう言われても具体的なイメージが湧きませんよね‥。

そこで、木内さんはこんな例えで説明されています。

まず両手の手のひらをピッタリと合わせてみて下さい。

次にその手をパッと離し、手のひらの間に空間をつくります。

すると、かすかですが空気がその空間に流れ込むのを感じることができると思います。

このときの空気の流れ、これがエネルギーの流れだと思っていただくと、イメージに近いかもしれません。

更に↓

ひずみによって生まれたエネルギーの流れは渦をつくり、それによって空間に漂う塵が凝縮し、物質が作り出されます。

(中略)

渦の中で最初にできた元素は水素でした。(ガス状)

(中略)

そのガス状の元素が自重によって引き合ったり反発したりしながら、さらに大きな塊へと成長していきます。

そして極限まで成長した塊は、やがて大爆発を起こします。

この大爆発こそが、ビッグバンだとされているもののようです。

(中略)

私たちの生きる三次元世界はこうしてたった一つのひずみから生まれました。

正しくはひずみが解消に向かう過程が、三次元という空間と時間に支配されている世界だったのです。

SPONSORED LINK

宇宙の実体、正体とは?

宇宙を構成しているのは、「一つの膨大な意識」なのだそうです。

ちなみにこのことは、現在、スピリチュアルの分野では、割と定説のようになっている感があります。

木内さんの話は「集合意識体」という概念と同義に思えますし、

著書中における、

「その膨大な意識は、宇宙のすべてが誕生してから今までに経験した記憶といえるのかもしれません」

とのくだりは、「アカシックレコード」を彷彿とさせるかのようです。

そうなると木内さんの話は、いわゆる「オカルト的」な分野にカテゴライズされるかのようですが、

ご本人はあくまで「科学者」を標榜しているわけです。

ここに、大変重要な意義が孕んでいます。

というのは、このことが体験と紐づけたカタチで、

「科学」に造詣の深い「木内さん」の口から語られているということです。

つまり、「双方の垣根が徐々に取り払われ、概念が一致してきている」

このことを示唆しているのではないかと思えてなりません。

月の誕生

更に、著書の中では、地球において生命体が発生したプロセスなど、

体験から語られる内容には、心が躍らされますが、

中でも殊更、知的好奇心をくすぐられるのが、

「月の誕生」について語られるシーンです。

今から約一万五千年前、大量の水分を含んだ巨大彗星が地球に大接近したのを見ました。

巨大彗星は火星の付近まで到達したとき、水分が気化し太陽よりも巨大なガス状の天体に変化しました。

そのガスは地球にまで達しました。

そしてそのガスの部分は、地球の引力に引き寄せられていきました。

ガスは地表に近づくにしたがい冷え、雨となって地表に降り注ぎます。

こうして大地の三分の一が水底に沈むほどの大雨が地球に降り注いだのです。

(中略)

地球が再び静けさを取り戻したとき、地球の三分の二は海に覆われ、多くの種の動物が死滅していました。

そして空を見上げると、水分を地球に吸い取られた巨大彗星の核が月となって輝いていたのです。

つまり月は、最近やってきたもので、

その到来を機に、地球の環境は一変した。

そのことを「この目で見てきた」と語っているわけです。

そのことが現在の天文学の見地からみて、どこまで信憑性のある説なのかについて、僕は知る由もありませんし、

木内さんもこのことについては、

もちろんこのような荒唐無稽で科学的な裏付けのない話を、にわかに信じることはできないのかもしれません。

実際に経験した私でさえ、蘇生した直後は自分でみたものを信じることができなかったのですから。

と所感を述べています。

一つの仮説として。

眉唾だ!というのなら、まずは木内さんの書籍を読んでみてはいかがでしょうか?

僕はその分野については疎いですが、仮説として見る分には十分な信憑性を有しているように思えます。

というより、木内さんの話は「真偽」の云々以前に、希望に満ちています。

それは自分が信じたものをまっすぐに貫く姿勢。

そして、それをやり遂げようとする、生命の活力、エネルギーの力強さです。

興味のあるかたは是非、円満な木内さんの人柄に触れてみて下さい。

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

『宇宙の始まりはビッグバンではない!?臨死体験が明かした実体。』へのコメント

  1. 名前:ポリ銀 投稿日:2015/12/16(水) 11:25:59 ID:017abc9af 返信

    無から有が発生するのはなぜなのか、という話はとてもおもしろいですね。

    易経が好きな僕はどうしても、無極太極のマークを思い出してしまうんです。

    なぜだか理由は分からないのですが、学生時代からあのタイチーマークがすきで、サーフィン関連グッズのT&C Surf Designsとか大好きでしたね。

    太極図も一種の曼荼羅のようで、目にした人間の心になんらかの作用を及ぼすようです。

    私は心がやすらぎます。

    完全な無でも有でもはなく差異化の無限連鎖・・・外道と馬鹿にする人もいますが、易経ってなかなか奥が深いですよね。

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/12/17(木) 21:17:05 ID:1b7527bd0 返信

      ポリ銀さんへ
      「小乗」の呼び名は大乗が生み出した蔑称であることと同じように、
      外道という呼び名も、一方向から見た侮蔑の意味が込められてますからね(^-^;

      いずれも達観をもって顕したものには、凡夫の知恵では計り知れない力用が内在しているのでしょうね。

  2. 名前:愛国 清澄 投稿日:2015/12/16(水) 22:54:58 ID:debe654cb 返信

    ミミさん こんばんは お疲れさまです!
    本当にネットで日蓮正宗の方の、ざっくばらんな意見を拝聴?拝読できる機会に恵まれ、清澄は光栄です(*^_^*)

    そして、ゴマスリでもなんでもなく、ミミさんの記事は興味深い!
    この引用文の仕方ってどうやるんです?ブログ凡人の私はやり方わからない、上手くできない(T_T)

    そして、ニセ本尊の記事・及び衝撃!日蓮教義(だったっけ?)の疑問の記事について、当方ブログで拝借したいのですが。まるっぽ写しはしません、所々手を加え、激しく同感する所を清澄流に発信したく、思っておる訳であります。

    許諾を頂きたくコメ致しました、またお邪魔します。
    失礼致しましたm(__)m

    愛国 清澄 拝

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/12/17(木) 21:22:53 ID:1b7527bd0 返信

      愛国清澄さんへ
      こんばんは(^^)
      そう言って頂けると励みになります、ありがとうございます。
      引用文はテキストの配色を変えて、コードを先頭と最後尾に張り付けるのですが‥。
      僕の使用しているテーマのCSSに初めから実装されているものですし、ブログサービスが異なるため方法はこちらでは解りかねます(^-^;

      当ブログ記事はリンクさえ飛ばして頂ければ、いくらでも転載して頂いて構いませんよ(^^)

      • 名前:愛国 清澄 投稿日:2015/12/20(日) 20:49:54 ID:f5f83eac4 返信

        ミミさん こんばんは お疲れさまです!
        すみません(^^ゞ変な質問しちゃってm(__)m
        ライブドアでの引用の仕方、分かりました。

        トップページにお気に入りブログで、ミミさんのブログもリンクさせて頂いてますし、記事中にリンク参照として、入れさせて頂きますので、どうぞ宜しくm(__)m

        • 名前:ミミ 投稿日:2015/12/20(日) 21:06:43 ID:c185c5bc0 返信

          愛国清澄さんへ
          こんばんは(^^)いえいえ(^^)
          リンク集への掲載に感謝します。
          恐縮ですが、リンクの表記はブログタイトル名にして頂けると助かります。
          また、リンクの参照に関しても、可能なら記事タイトルでお願いいたしますm(__)m

          • 名前:愛国 清澄 投稿日:2015/12/21(月) 08:28:16 ID:fe07f5736

            おはようございます。
            リンク表記の件、ごめんなさいm(__)m
            ドンくさくて(^_^;)

            それから、ブログ記事引用の際、記事タイトルですね。
            了解です。又ミスってたら御指摘宜しくお願いしますm(__)m

          • 名前:ミミ 投稿日:2015/12/21(月) 22:19:27 ID:f442208e9

            愛国清澄さんへ
            こんばんは(^^)
            いえいえ、こちらこそ厚かましく指図するかのようですみませんm(__)m
            訪問の折にはランキングポチして応援させて頂きます。

  3. 名前:いおなずん 投稿日:2015/12/24(木) 09:46:15 ID:24c251caa 返信

    お久しぶりです。
    コメントしたかったのですが、内容が難しすぎて、全くコメントできませんでした。
    なにせ「花より団子」ですから。

    「ビックバン」・・・ドラクエが誇る最強の爆発系呪文。「いおなずん」のさらに上です。(?、・・・関係ない?)

    確かに「ビックバン」が最初だとすると、その原因となる現象はどう解説するのか。
    つくづく参考になります。

    だから”宇宙研究に終わりはない”のでしょうね。

    余談ですが、浅井さんもかつて出版した「浅井昭衛講演集」でこんな事言ってましたね。

    「我々がこれまですべてと思っていた星や銀河を作る普通の物質宇宙は、実は、全宇宙のわずか4パーセントでしかなかった。残りの96パーセントは”見えない宇宙”だったということが確認されたのです」(浅井昭衛先生講演集・59ページ)

    参考までに。

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/12/27(日) 13:12:35 ID:89b4b31ed 返信

      いおなずんさんへ。
      お久しぶりです。
      あぁ、ジゴスパークよりちょっと強力なやつですね。mp30も消費するので打てる回数に限りがあります。
      って違いますか(^-^;
      宇宙を説明するためには、宇宙にないものの存在を定義しなければ立証できないと。
      先日の記事に貼った動画でも解説されていましたし、確かポリ銀さんも「虚数」の存在を引き合いに出して興味深い記事を書かれていましたね。
      ダークマターって一体何なんでしょうね?
      つくづく知的探求心をくすぐられる分野です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*