折伏の功徳があと〇〇年で積めなくなるってホントですか!?

著書、「マインドコントロールとは何か」から引用します。

チャルディーニによると、ある対象に対して自由に選択の余地がない状況になると、自由度の広い状況のときよりも、魅力が高くなるという。つまり、「希少価値」という言葉どおりの意味である。そうした状況を装えば、そのぶん、人は自動的にそれがほしくなるというわけである。

世間でも、販売店などで「現品限り!」とか「本日セール最終日!」などといった文言をみかけることは多いと思います。

このような文言を目や耳にした買い手側には、「今買わなければ損をする、或いは二度と購入することができないかもしれない」といった心境がもたらされ、

結果として、買い手の購買意欲を喚起する心理効果を及ぼしています。

数量や販売期間を限定することで、その商品に「希少価値」を与えているわけですね。

これは「希少性」の心理的自動反応を利用したマーケティングにおける手法の一つです。

顕正会内での指導や勧誘の場においても、この「希少性」を利用した手法を用いていると思われます。

SPONSORED LINK

~指導編~ 広宣流布まであと○○年

顕正会における「広宣流布(こうせんるふ)」とは、「全日本人が顕正会員になること」をあらわしています。

そして浅井会長は常より「あと○○で必ず広宣流布する」などと盛んに口にしています。

以下は、平成25年3月度総幹部会における浅井会長の発言。

2020年代広宣流布

このように、2020年代を「広宣流布の決戦場」と位置付け、また顕正会員6000万が達成される期日についても「2020年代に必ず」と明確に示しているのです。

上述したように、顕正会における「広宣流布」とは、全日本人が顕正会員になることをあらわしています。

なので、この会長発言の通り、2020年代に6000万人が成り、その後、瞬く間に「広宣流布」が達成されてしまったならば、

同時に国内における折伏(顕正会への勧誘)活動も終結を迎えることとなります。

もう折伏(勧誘)は「やりたくてもできないし、する相手もいない」状況になってしまうわけです。

つまり顕正会員にとって、2020年代とは「折伏(勧誘)を実践することのできる期限」なんですね。

ちなみに顕正会ではこの折伏(勧誘)という行為に莫大な利益があるとされています。

以下、「折伏理論書」より、折伏の利益について書かれている箇所を抜粋。

格別の御守護を頂く

御本仏の眷属としての生命力が湧く

過去の罪障が消滅する

折伏は宿命転換の強き実践法である。(中略)折伏(勧誘)をして難を受けたり悪口をいわれれば、罪障が消滅するのである。

「仏様の格別の御守護」があり、「生命力」が滾(たぎ)り、「罪」が滅し、「宿命」まで変わる、

良いこと尽くめですね!素直に考えればこれはやらないわけにはいかんでしょう!

SPONSORED LINK

集会、ビデオ放映、顕正新聞で煽られる「射幸心」。

その上、集会や、ビデオ放映の参加、顕正新聞の閲読を通し、折伏(勧誘)したことによって得た功徳の体験を年中聞かされることで、射幸心が煽られ、勧誘行為への価値は更に高められます。

ただし、

浅井会長は、この莫大な恩恵を受けられるのは「○○年後まで」と、キャンペーンの期間を明確に定めているのです。

ここに、勧誘行為に対する「希少価値」が生み出されます。

恐らく、会長の「広宣流布まであと○○年!」発言は、「決意」なんていうご立派なものなんかじゃありません。

これは、会員を勧誘に奔走させるため、心理誘導を行うための便宜的な文言であり、

勧誘者の心理を意図的に操作する「魔法の言葉」、

「希少性」という心理的自動反応を利用した「一時的マインドコントロール」なんですね。

正月の家電量販店における開店前の異常な長い行列とか、

バーゲンのときに陳列棚に群がる人達の殺気立った様相とか、

ときに人間は、「希少性」(上例は集団心理も含まれるが)という心理的自動反応が引き起こされると、いとも簡単に理性を失い、まるで狂ったような言動を起してしまうことがあります。

盲目になって大切なものを失わないよう、賢く生きたいですね。

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

『折伏の功徳があと〇〇年で積めなくなるってホントですか!?』へのコメント

  1. 名前:ポリ銀 投稿日:2015/04/15(水) 12:43:00 ID:57850ffa6 返信

    浅井さんのバーゲンセール風あおりには、古参会員は飽き飽きだと思います。

    私のように若いときに平成25年1000万会員を信じた者には、その後何を言われてもピンときません。

    流行と流溢という、広宣流布のたてわけを日蓮正宗に来るまで知りませんでした。

    完全に完結してしまう、ユートピア思想に洗脳されてしまっていました。

    未来永劫に渡って、流れていくということが理解できていませんでした。

    広宣流布が達成されれば、折伏行もなくなると信じていましたが、今から考えるとそんなわけないんですがね。

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/04/15(水) 20:44:55 ID:a8a9797d1

      ポリ銀さんへ
      コメント下さりありがとうございます(^-^)
      確かに今更いくら煽ろうが、古参会員への心理的効果は薄いかもしれませんね(^-^;
      でも対象者が豊富な新入信者には効果絶大です。
      僕も、先日ポリ銀さんが投稿した、荒唐無稽な国立戒壇論について、イスラム国の話と絡めて所感を述べられた記事には、読んで「なるほどな」と膝を打ちました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*