人を洗脳する、最も簡易で効果的な方法がエグ過ぎ!【悪用NG】

もの凄いストレートに効果を発揮する方法なため、悪用されないか心配です。

乱用禁止。

SPONSORED LINK

ヘブ博士による実験。

以下、紹介するのは、過去にヘブ博士によって実際に行われたおぞましい実験です。

(※参照 マインド・コントロール)

内容の詳細。

目的…人間のあらゆる感覚を遮断する。

方法…横たわることしかできない、狭い長方形のカプセルに人間を入れ、目隠し、手足を分厚い手袋をはめ、紙の筒で覆う。

耳にするのは「シャー」というホワイトノイズのみ。

結果!

脱落者続出!24時間以上留まることができた人はわずか半数だった。

被験者の症状

・帰宅途中に車をぶつける。

・トイレの場所がわからない。

・ありもしないものが見えたり、聞こえたり。

・幻覚の具体例…風呂桶に浸かった老人が、頭に鉄兜をかぶり、風呂桶ごと原っぱを滑っていく光景が見えた。

森の中のプールに、裸の女性たちが飛び込んで泳いでいる姿が見えた。

ホワイトノイズを音楽や講義の録音テープに変更してみる。

次に行われた実験は、聴覚からの刺激以外の条件を固定したまま、

テープの内容を変えてみるというもの。

被験者に二者択一で選択の余地を与えると、ホワイトノイズよりはマシということで、

皆が皆、新しいもう一方の録音テープを選択。

最初はアメリカ民謡や株式市場の放送、六歳児を対象にした宗教の講話などから始め、

途中から、「超常現象」に関する内容の話に切り替える。

結果!

被験者への影響…今まで、超常現象に興味のなかった者が、突然、図書館に行ってそのことを調べ始めたり、

中には、実際に幽霊が見えるようになった人まで!

SPONSORED LINK

洗脳、恐るべし。

うーん、これは恐い、というか当然のことながら、これを実際に行うとなるとかなり倫理的に悩ましい。

当方では過去にも、

「退屈」で拘束的な環境を設定した上で、特定の情報を与え続けると、

自由な環境におけるインプットと比べ、

そのことについて「8倍以上」の好意性を示したという実験事例を紹介しました。

(※参照リンク↓)

マインドコントロールのやり方。「群集心理・感覚遮断」の応用編。

しかし勿論、人間をその環境に置く為には、前提として「一時的マインドコントロール」が必要なわけで、

上記の実験では、1日20ドルという当時としては魅力的な日給が提示されました。

つまり、至って簡易な方法ではありますが、「希少性」をエサに心理操作が行われたということで、

世間の甘い話には必ず「裏」がある、ということの教訓ですね。

まとめ。

ということで、薬物を投与したり、ヘッドギアを用意したり、脳内ロボトミー手術を施したり、

様々な洗脳技術の中で、最も簡易と思われる手法を紹介しました。

しかし簡易であるということは、拘束しないまでも、近い方法でそれが気付かない間に行使されるケースが考えられるわけで、

興味本位や付き合いなどで、仕方なくカルト宗教や、あるいはそれに類似した物事に関わる際などには、

決して、他者からの影響力の過小評価してはいけないのです。

以下のリンクから、当ブログのマインドコントロールに関する過去記事を一通り閲覧できます。

良かったら参考に。

顕正会が行使するマインドコントロールの手口を分析。
マインドコントロール(MC)研究の第一人者、西田先生の著書を主な参考資料として、MCとはどのようなものか?そして顕正会における手口について考察します。

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*