浅井昭衛のコンプレックス。池田大作氏への憧憬と嫉妬。

顕正会の軌跡を、創価学会の歩みと併せて概観してみましょう。

まず顕正会の会長、浅井昭衛氏が出生したのは1931年。

ちなみに創価学会三代目会長の池田大作氏は、彼の3歳年上です。

創価学会が飛躍的な発展を遂げていくのは、戸田城聖氏が二代目会長として就任して以降。

それは丁度、浅井昭衛氏の青年期と重なります。

例えば、創価学会の「折伏大行進」を象徴する「小樽問答」が起こったのは、当時、浅井氏が「23歳」の時。

最も「多感」な時期ですね。

浅井氏は、同年の9月に、講の青年部長に就任。

創価学会の版図拡大と並行するように、顕正会の前身である妙信講は、日蓮正宗、法道会の中で目覚ましい躍進を遂げていました。

SPONSORED LINK

創価の成長期における妙信講の動静。

【折伏成果】

妙信講 224
本因妙講 83
野田講 36
里見組 31
星野組 26
小梛組 16
篤信組 8

※出典 迷走する顕正会を斬る(「法之道」第12号、昭和29年12月)

上記の成果一覧を見れば一目瞭然。

しかし、当時の創価学会の勢いに比べれば足元にも及びません。

「池田大作」氏への憧憬と嫉妬。

戸田氏の地位を継承し、会長に就任した「池田大作」氏(1960年)。

池田氏と浅井氏の年齢が僅差であることは上述しました。

また、前回の記事で記したように、

浅井氏は戸田氏の運営方法を模倣していること。

そして浅井氏の創価学会批判は、専ら池田氏の代に遷移した後の体質に限定されることから、

別段、戸田氏のやり方に対する異論はなかったように思えます。

むしろ彼に対しては、畏敬の念を懐いていたのかもしれません。

しかし、その戸田氏に代わり、新たにその地位を担うことになった池田氏。

会員の称賛を浴びながら力を奮うその姿を、当時の浅井会長は一体どのような思いで見つめていたのでしょうか。

同じ世代でありながらも、遠く及ばない彼の圧倒的な存在感。

恐らく浅井氏の胸中には、燃え盛るような「嫉妬心」が渦巻き、

一方で、羨望、憧れといった感情が、激しく交錯していたのではないかと僕は思います。

穿った考え方かもしれませんが、その後、浅井氏が独立の道を突き進んだのは、

正攻法では到底、彼に対抗など出来得ないと踏んでのことだったのかもしれません。

仮にもしそうであれば、浅井氏の「自己顕示欲」なり「承認欲求」が、顕正会を作り上げたと言っても過言ではありません。

ただこのことは、本人自身もそのような潜在的心理をハッキリと自覚出来ていない可能性が高いのです。

これは重篤です。なんせ櫻川忠さんが「自己愛性人格障害」ではないか?と指摘しているくらいですから。

言動からの推知。

浅井氏が抱える「負」の感情。

言い方を変えれば「コンプレックス」。

これが会の根本的な原動力として今も尚、機能しているのではないでしょうか。

勿論、直感的なものでしかありませんが、

拍手喝采を受けて、両手を大きく上げるシーンや、

執拗なまでに池田大作氏を否定する発言。

これら浅井氏の言動を見聞すると、思い半ばに過ぐものがあります。

浅井氏は池田氏を指して「第六天の魔王が身に入っている」などといって、表向きは激しく敵視してしますが。(※参照↓)

おーい創価学会員さん!浅井昭衛さんがこんなアジ演説してますよ~!】

これは感情の裏返しで、

本当は、池田氏のようになりたかったのではないでしょうか?

それとも浅井氏は、「会長の神格化」によって組織の結束を図る、池田氏のやり方を模倣し、演じているのでしょうか?

SPONSORED LINK

時ぞ進まぬ。

顕正会に「時ぞ来たりぬ」という歌がありますが、

「時ぞ進まぬ」に改名した方が良いのではないかと。

時、進んでないですよね。

顕正会の時計は創価学会の「折伏大行進」時代から止まったままです。

戸田学会路線のビジネスモデルは残念ながら現代には通用しません。

浅井さんは、往時の栄光を未だ夢に見、池田氏への憧憬と嫉妬を、未だ拭えずにいるのかもしれません。

一方、創価学会は確実にイノベーションを起こしています。

組織の存続、発展は、時代の流れに柔軟であることがまず条件。

時代の変遷に対応し、変化し続けなければいけません。

しなやかに、

例えば「葦」などは一見弱そうに見えますが、本当は強いのです。

強風に煽られ、一旦倒れたとしても、何度でも立ち上がります。

「大木」ではいけないんです。一度折れたら元には戻りません。

「頑固一徹」の浅井さん亡き後、顕正会がどのような経過を辿るのか、

遠くから観察させて頂くとしましょう。

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

『浅井昭衛のコンプレックス。池田大作氏への憧憬と嫉妬。』へのコメント

  1. 名前:山門入り口 投稿日:2016/01/22(金) 22:23:47 ID:071887a1f 返信

    たしか、講の青年部長就任の前に、本部長とかに成っていたはずです。
    この本部長てのが、妙信講本部の長ですね。
    そもそも、報道会で本部など作る必要がない。
    しかし、権力欲があった淺井親子ですから、本部長などの肩書きを作って名乗っていたわけです。
    この時から、名誉欲てのは有ったのでしょう。
    そして池田さんを勝手にライバル視して嫉妬して、昔からコンプレックスの固まりでしょうね。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/01/23(土) 13:20:28 ID:2c67a9358

      山門入り口さんへ
      こんにちは(^^)
      顕正新聞もそうですよね。
      宗の機関誌ではない、わざわざ別のものを用意したりしている時点で、
      それは宗門への帰属意識が希薄であったことの証左に他なりません。
      しかもオリジナリティがないから、いつまで経っても学会には追いつけない。
      「二流教祖」です。

  2. 名前:唯ちゃん 投稿日:2016/01/24(日) 00:21:32 ID:46e15bb6c 返信

    こんばんは。30代前半で学会のトップに上り詰めすでに全国的知名度も抜群の池田大作氏。浅井氏の性格からして嫉妬で一杯だったんでしよう。浅井氏を池田氏の弟と勘違いして 妙信講を学会の傍流の団体と勘違いされた。なんて笑えない話もあったようで、当時は「池田憎し」で頭がカオス状態だったんでしょう。その後法議で対抗するのでなく 暴力に走るゲリラ作戦に移行してくわけです。法論放棄の時点で宗教人でもなんでもないと思いますし、生真面目な会員まで巻き込んで こまったじーちゃんです。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/01/24(日) 18:35:36 ID:f89399456

      唯ちゃんさんへ
      こんばんは(^^)
      憎悪のパワーには底知れないものがありますからね。
      自宅で藁人形に「池田」と書いて打ってたりしてw
      憎しみから発生した教団。浅井さんはお山で「本末究竟等」と習わなかったのかなぁ。

  3. 名前:浅いセンセは印刷屋だから、新聞やら本やら印刷して儲けているのです。 投稿日:2016/01/24(日) 09:56:07 ID:90e3883a1 返信

    ミミさま、いつも素晴らしい投稿ありがとうございます。

    ご存じ、浅いセンセは自分より評価される人が大~嫌い!

    年齢の近い今上明仁陛下への妬みも凄くて、平成をボロクソに批判していました。
    安倍晋三総理大臣や池田大作名誉会長や猊下をクドクドと批判。
    (ちなみに悪口もある種の病で、遺伝するそうです)

    そしてセンセは、流布のとき日興上人の再誕が御出現される。
    皇室には使命があり、男系にアマテラスオオミカミ神と感応する特別な血が流れている。ワタクシには今上陛下でなく皇太子浩宮に強いお徳と宿縁を感じる、とかなんとか凄いことを断言していってました。

    日曜勤行では、東宮皇太子浩宮に殿下に直筆で諌暁書を送ったと自慢していました。
    すっかり日目上人気取りでした。

    離婚し妻帯をやめた長男カツエイ氏は、お山で猊座に上る修行をしているとの噂がまことしやかに流れています。(流して?)
    ナンダソリャ?ですが…

    ワタクシには大聖人さまの声が聴こえるとか(幻聴か?)、自身を尊大に飾る、自己愛性人格障害、誇大妄想の恥ずかしいジイさんです。

    池田氏を名利の魔物とかいいながら、自分はヤツより上、大聖人さまから認められている唯一の団体を率いていると自認。
    組織内の役職もただただ乱発しています。

    さて、コメント欄のご紹介から下記

    伏見顕正ブログ
    でれでれ草ブログ
    BB覚醒ブログ
    雅子さま大好きブログ
    余命3年時事日記ブログ

    を見てきました。

    感じたことは、人生崖っぷちの情弱者を囲い込み、洗脳する浅いセンセの悩乱ぶりでした。

    美智子托卵、ネットで騒がれていますねー
    これじゃあ、ヒロノミヤさんはアマテラスオオミカミに繋がれないじゃないの!

    ミミさまの筆力でご検証ください。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/01/24(日) 19:03:22 ID:f89399456

      浅いセンセは印刷屋だから、新聞やら本やら印刷して儲けているのです。さんへ
      初めまして。
      そして、恐縮ですm(__)m
      センセーは自己愛性だから、自分はいつも正しいのです。
      で、顕正会に関わった人を見て思う事は、大なり小なり、そのような世界観、価値観に共鳴し易い、心的な素因が各々の中にあるということです。
      純粋に信仰一本でいけば良いのですが、数々の欺瞞が会員の思考を蝕んでいる事実は看過できませんね。

  4. 名前:(勝手に)地涌の菩薩 投稿日:2016/03/06(日) 03:30:09 ID:75577ea74 返信

    >穿った考え方かもしれませんが、その後、浅井氏が独立の道を突き進んだのは、
    >正攻法では到底、彼に対抗など出来得ないと踏んでのことだったのかもしれません。
    >仮にもしそうであれば、浅井氏の「自己顕示欲」なり「承認欲求」が、顕正会を作り上げたと言っても過言ではありません。

    でもねぇ、妙信講が解散処分を受けた頃の講員数なんて二万くらいですよ。虚栄心の為に打算があったのならば、こんな危険な賭けはしないと思うのですよね。解散やら破門やらとなったら、講員もついてくるとは限らないので、更に減る事を覚悟しなければなりません。ただ単に多くの人から誉められたい、お山の大将でいたい、というだけならば、宗内に残っていた方が遥かに安全かと。
    下手をすれば、破門処分と共に、じわじわと講員が宗門に帰伏し始めて、浅井氏と数名の幹部だけしか残らない、なんていう惨憺たる未来も十分に考えられた訳ですから。

    承認欲求…まあ、誰しもが他人から認められたい、という欲求はあるんじゃないでしょうかね。斯く言う私もありますし…。浅井氏には、大聖人から認められたい、というのもあったかも知れませんね。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/03/06(日) 22:49:27 ID:af44918e8

      勝さんへ
      いやいや、浅井さんは宗内に居たら絶対トップにはなれませんよ。
      僧侶を超えることはできませんからね。
      彼の性格上「従う」ということ自体が耐えられなかったのではないでしょうか。

    • 名前:(勝手に)地涌の流類 投稿日:2016/03/07(月) 03:38:12 ID:b08a91dd8

      浅井氏って、そんなに自己顕示欲強いですかねぇ。…まあ、確かに会員に日々、伏せ拝や賞賛をさせていますからねぇ。見ようによっては、そうなのかも知れませんが、浅井会長自身の語り口は至って謙虚なものです。

      それはそうと、確かに宗内に居たら御法主や御僧侶を越える事はできませんが、だとしても外に出てしまえばトップになれたとしてもついて来る人が数百人レベルになってしまう可能性だってあった訳です。数名とか…。
      故に、あれって、余程の護法の精神がないとできない行動だと当方は思うのですが…

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/03/09(水) 22:32:05 ID:2567cea78

      勝さんへ
      性善説的に見るか、性悪説的にみるか。
      難しいですよねぇ。ただ自己顕示欲は強いのだと思いますよ。
      一口に「護法」といっても、その具体的な方途は十人十色でしょうから、
      本来、軌を一にして活動に取り組むべきところですが、組織を構成する主体はやはり人間である以上、
      当然、様々な「正義」が乱立しますからね。

    • 名前:(勝手に)地涌の流類 投稿日:2016/03/19(土) 13:15:25 ID:c87935e0c

      >ただ自己顕示欲は強いのだと思いますよ。

      まあ確かに、それはありますね。行動原理の全てが是で表せる!などとされると釈然としないものがありますが、では自己顕示欲は動機として皆無かと問われれば、そうとも言えない…。「伏せ拝」やら「長時間の拍手」やらを会員にさせ、「浅井先生にお答えする決意であります」と常々、叫ばせている訳ですから、やはりそこには自己顕示欲の強さがあるのではないかとも思われます。
      御遺命守護の闘いなんて、ある程度、自己顕示欲がないとできないものなのかも知れませんね。目立つのが嫌いで、できるだけ誰かの陰に隠れていたいタイプの人では、とても教団を率いて行く事はできないでしょう。

      >当然、様々な「正義」が乱立しますからね。

      当にそうですね。正義と正義のぶつかり合い。まあ、宗教に限らずあらゆる場面で、そういう状態は散見されますが(国家同士の争いや政党間の争い、職場での方針対立等)。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/03/21(月) 19:22:24 ID:50d83523b

      勝さんへ
      宗門は、猊下がお出ましとなっても、ビデオ聴衆組の法華講員は拍手すらしないですからねw
      移籍して驚きました。体の方が、正座、伏せ拍手を憶えていたので、違和感が拭えませんでしたね。
      正座、拍手なんてしたものなら、周囲から冷笑されますね。学校の始業式とか終業式の、校長先生のお話的なノリ。
      そういえば、職場での方針対立といえば、クックパッドどうなったんですかねー。妹が愛用してるみたいなんで。

  5. 名前:(勝手に)地涌の流類 投稿日:2016/04/01(金) 02:07:35 ID:b4367082e 返信

    >宗門は、猊下がお出ましとなっても、ビデオ聴衆組の法華講員は拍手すらしないですからねw

    えっ? 拍手はまあ、お寺ですからしないと思いますが、若しかしてお辞儀も正座もしないのですか?私のイメージでは、”現代の大聖人”である猊下がお出ましになると、大名の御出仕のような太鼓がなって、皆が大名行列に対して行ったように平身低頭する、といったものでしたが。ビデオ放映だと亦違うのでしょうかね。

    顕正会で奇妙なのはお辞儀と拍手を同時にやってしまう事です。どちらかに統一すべきだと思うのですが。まあ「講演」ですから拍手のみにするのが良いかと。
    正座は、やはり浅井会長の講演の時だけはやりますね。

    クックパッドは私も愛用しています。茶碗蒸し作ったり、ババロア作ったり、ハンバーグ作ったりする為に・・・。会員ではないですが。
    然るに、方針対立に就いては全く知りませんでした。調べてみたところ、結局佐野氏?の新体制で進んで行く事になったのだとか。社内外に反感も多いみたいですが、はてさて。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*