顕正会の本は櫻川さんの著書だけではない。閲読可能となった「日本一過激な宗教学」

顕正会について多角的な視点から詳述された随一の書籍といえば、

櫻川忠さんの著書、「迷走する顕正会を斬る」が最も有名であることは改めて論じるまでもありません。

(参照リンク→【迷走する顕正会を斬る】僕を救った「脱顕正会」バイブル。)

顕正会サイドから発行された書籍は、近年会が販路拡大に力を注いでいる「基礎教学書」を初め、

駄本と言うべきものが数冊程確認できますが、元顕正会員のアンチであれば、それらは既に現役い時代にページが擦り切れる程読み込んでいる。

よって、唯一櫻川さんの本が、アンチの入門書的なポジションとして収まり、

顕正会論者として不動の地歩を固めているわけですが、

それ以外のものを求めるとなると、選択肢が少なく、必然的に日蓮正宗サイドの発行物に手を伸ばす他ありません。

洗い浚い櫻川さんの本で暴露されてしまっているし、

顕正会程、ある意味分かり易い、というか調査が容易な団体も珍しいので、

あえてそこに議論や検証というもの必要とされない、

そんな理由も相まって、

「よし、いっちょ顕正会について本書くか」といった機運が生じ難い、

要するに、つまらない団体なんでしょう。そう、

ひじょーにつまらない団体なんですよ。はい。

いじり甲斐のない。箸にも棒にも掛からない。

叩いても叩いても壊れない、ぐにゃーり窪みを残して、すぐに再生する。

気持ち悪い。

おっと、今回筆を執ったのは顕正会をディスりたいわけじゃなくて、

こんなどうしようもない宗教団体を「いじって」下さる殊勝な人物が他にも存在した、という事実を発見したからであって、

それでは、該当の本の紹介をさせて頂きます。

SPONSORED LINK

サイゾー 日本一過激な宗教学4ー宗教と組織

『別冊サイゾーvol.3 日本一過激な宗教学』(2014年12月発行)から該当テーマの記事のみを抜粋し、新たな記事を加えた増補版!

とのことでサイゾー編集部から発行された「電子版のみ」閲覧可能コンテンツ。

一冊300円。

kindleアンリミテッド(読み放題プラン)に加入されている方は無料で読むことができます。

執筆者について。

やや日刊カルト新聞(通称、やや日)の藤倉善朗さんが執筆されています。

藤倉さんのカルト批判には定評がありますね。当サイトでは藤倉さんのジャーナリズムを記録した著書のレビューを書かせて頂いたこともありました。

(参照リンク→ 「やや日刊カルト新聞」に学ぶカルト批判の極意。「訴えられても勝つ文章」。

シュールな笑いを誘う筆致にグイグイと引き込まれます。

SPONSORED LINK

本の内容

ところでこの本ですが、顕正会のみにスポットを当てた構成ではなく、

様々な宗教団体を扱う中の1カテゴリーとして顕正会がピックアップされている程度のものです。

なので、決してボリュームに富んだ読み物というわけではありません、その点、購入される方はご留意ください。

ただし、少なくとも僕の知り得ていなかった情報が書かれていたことは確かです。

具体的には自衛隊と顕正会組織にまつわる話。

あの公務員の隊長、やけに持ち上げられていたけど、

なるほど、そういうことだったのねと納得。

あるいは、防衛省関係者を震撼させた「あの日」、まるで狂人の如く扱われる顕正会の惨めさよ。

更に、克衛氏が失脚前、側近に漏らした将来の構想。

様々な裏話が刻まれた「サイゾー日本一過激な宗教学4」

廉価ですので、気になる方は手に取ってみて下さい。

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

『顕正会の本は櫻川さんの著書だけではない。閲読可能となった「日本一過激な宗教学」』へのコメント

  1. 名前:まじゅ 投稿日:2017/02/06(月) 02:16:36 ID:f9ee4715f 返信

    昨日知り合いに呼ばれて入信してしまいました。
    紙に書いたのは自分でハンコは押してません。明日も会う約束をしてしまいました。その時に紙を返して貰えば郵便で何にも送らないで大丈夫ですか?

  2. 名前:まじゅ 投稿日:2017/02/06(月) 02:24:03 ID:f9ee4715f 返信

    昨日入信して明日も会うことになったのですがその時に入信状を返してもらえば大丈夫ですか?

    • 名前:ミミ 投稿日:2017/02/06(月) 23:04:55 ID:ac1aa6218

      まじゅさんへ
      はじめまして。
      数日以内に報告書を破棄することができれば、取りも直さず、入信の儀式に参加した証拠物を抹消したということですから、
      入信自体を取り消したことになるはずです。
      ただそれは、かなり難儀なことですけどね。
      あえて報告書を破棄することにこだわらず、退会の意思をしっかり伝え、関係を断つことに意識を向けた方が良いと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*