顕正会に芸能人や有名人がいないと思われる「3つ」の根拠。

活動家顕正会員の中に「芸能人」と呼べるような人は恐らくいません。

顕正会は現在、公称会員数「177万人」と謳っているので、

「177万人も会員がいれば、中には有名な芸能人の1人や2人くらいいるだろう」

と、思われる方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、この会員総数には以下のようなものが含まれています↓

・入信の「虚偽報告」。(※入信報告書の偽造)

・入信者の重複。

・既に亡き会員。

・除名になった元会員。(僕がそうです)

つまり、架空の数字なんですね。

積極的に行事に参加したり、自発的に勧誘を行う活動家の会員の実数というのは、

「数万人程度」と見て良いと思います。

(※参照リンク↓)

【顕正会の「会員数」について。捏造された「170万」。】

では現在、この活動家「数万人」の中に、

「良くテレビで見かけるような」、

あるいは、「世間に広く認知されているような」、

芸能人や著名人は存在するのでしょうか?

僕は、現在顕正会で発行している機関紙「顕正新聞」や「冨士」(現在は廃刊)の、ほぼ全てのバックナンバーに目を通したつもりですが、

その中で、一般的に芸能人や有名人だと認知されているような方が紹介された記事は、

「確認できませんでした。」

幹部会員だった現役7年間にも、そういった情報は耳にしていません。

もしかしたら「一応過去に入信はしているが、活動はしていない」という芸能人の方がおられるのかもしれませんが、

特定の本部職員以外の人間が会員名簿を閲覧することはできませんから、確認のしようがありません。

まぁ、もし確認できたとして、

仮に、そのご本人に「あなたは顕正会員ですか?」と訊ねてみたとしても、

恐らく、自分が「顕正会員」であることを否定するでしょう。

現役の会員達の中では「木○拓○さん」などが良く話題に上がっていましたが、これは勿論「デマ」です。

ちなみに、

「経済ジャーナリスト」

「アニメの声優」(名探偵コナンの声優)

「シンガーソングライター」(盲目の)

「プロドラマー」

これらは、僕が現役の頃に「登壇発表」で実際に聞いたものですが、

いずれの方々もとっくの昔に転職してしまっているようです。

それでも、表には出ないが隠れて居るのではないか?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、確認云々の以前に、顕正会の持つ「体質」や、思考の傾向性などを考えれば、

「活動家では、ほぼ確実にいない」と、いうことが推測できます。

では以下、その具体的な根拠を「3つ」挙げて説明していきます。

SPONSORED LINK

世間との深い溝

「入信強要」などの事件が、度々ニュース沙汰され、公安警察にも目をつけられている顕正会は、世間から極めて冷たい視線が向けられています。

(※参照リンク↓)

【顕正会の事件簿まとめ「総数42連発」。「ワースト3」は!?】

直近の事件はこちら↓

【緊急速報】未成年者誘拐の疑いで顕正会関係者3人逮捕。

有名になるということは、つまり大衆から支持を得るということであり、

言い換えれば、その能力や才能が高く評価され、「世間から認められる」ということです。

しかし、そもそも顕正会に籍を置き、活動に熱中するような人格の者が、果たして社会から認められるでしょうか。

以下は、Wikipediaより、「公安調査庁」の国内対象について書かれた箇所です↓

公安調査対象

日本国内に関しては、旧オウム真理教(現Aleph、ひかりの輪)、顕正会、犯罪組織(暴力団)…

公安警察からマークされ、世間から危険視されるような団体の看板をしょって、

普通に考えれば芸能活動などできませんよね。

浅井会長は世間の名利が大嫌い

顕正会の浅井会長は、「顕正会は世間の名利は一切求めない」と常日頃から明言しており、

浅井会長を「無二の師匠」と仰ぐ会員たちもまた、この考えに感化され、同調しています。

お金持ちや有名になることよりも、周りの一人でも多くの人を顕正会に入信させることに自己価値や喜びを見出しているのです。

なので、能力や才能があってそこそこ有名であったとしても、

もし顕正会の活動にコミットするならば、本来仕事に充てるべき時間や労力の大部分が「顕正会の活動」へとシフトされ、

そのうち「仕事で成功すること」よりも、

「顕正会で如何に多くの功徳(善行)を積めるか」とか、

「近い将来、経済が崩壊する」などという、会長の「予言」を本気で信じるようになります。

すると、俗世間に対する興味、関心が薄れ、

信仰が先鋭化すればするほど、自分がお金持ち、あるいは有名人であることや、それを維持するために時間や労力を費やすことに、「虚無感」や「羞恥心」すら覚えるようになっていくでしょう。

要するに、顕正会の活動家と、世間一般とでは人生のベクトルが大きく異なるのです。

彼らは世間からもてはやされるような華やかな世界を忌避し、

それどころか、「見下している」のが顕正会員なのです。

SPONSORED LINK

芸能界=創価学会員の巣窟

顕正会の芸能人でググっても全然ヒットしませんが、創価学会在籍の芸能人についてはネット上で多くの情報を確認することが出来ます。

顕正会と創価学会、

実は両者は反目の関係にあります。

とはいえ、そもそも組織の規模に大きな開きがありますので、

創価学会にしてみれば、顕正会の瑣末な動向など、歯牙にもかけないでしょう。

しかし、顕正会側は創価学会の会員を積極的に取り込もうと盛んにアプローチしており、

実際に移籍の流れというのも散見されます。

創価学会から顕正会に会員が流れる理由について考えてみる。
顕正会の月例行事である総幹部会では、 「正義に目覚めて」と題した、元創価学会員による登壇が通例のように行われています。 しかしこ...

ただし。芸能界に関しては、創価学会の方が圧倒的に優勢です。

メディアに幅を利かせている創価学会は、テレビ番組の出演の枠を席巻しています。

もし、そのような中に顕正会員が存在していたら、あっという間に干され、業界から引きずり降ろされてしまうのがオチでしょう。

その意味で、顕正会員の芸能界への参入というのは、かなり無理ゲーです。

まとめ。

ここまで挙げた3つの理由

・顕正会に対する世間からの「辛辣な評価」。

・世間的な成功より、信仰活動を優先的に考える「信条」。

・芸能界を席巻する創価学会との「敵対関係」。

これらをひっくるめて考えるならば、

「芸能活動」と「顕正会の活動」、

これは到底「両立できるようなものではありません」。

以上、元信者の僕が「顕正会に芸能人がいない」と思う根拠についてのお話でした。

併せてこちらの記事もどうぞ↓

元・顕正会員が、彼らの信条や教団の実態について徹底解説!
勧誘方法は?費用は?ノルマは?彼らの教条や目的とは何か?顕正会班長だった僕が詳細に、平易に解説します。
日蓮正宗(法華講)に入信している「芸能人」一覧【まとめ】。
日蓮正宗(法華講)に入信している、 あるいはネット上にて入信しているという「噂」が上がっている芸能人の情報をまとめてみました。 工藤...

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

『顕正会に芸能人や有名人がいないと思われる「3つ」の根拠。』へのコメント

  1. 名前:クワトロ バジーナ 投稿日:2016/05/12(木) 12:38:30 ID:4f0f98bd2 返信

    22年前に男子部3隊で富高総師隊長の下にて、創価学会撲滅部隊として動いいた者です。 
    また20 年前に脱会していますが、現在も会員のままでしょう。
    芸能人といえば、B’zのベースが男子部3 隊に所属していました。
    以上。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/05/13(金) 22:46:26 ID:07909da56 返信

      クワトロバジーナさんへ
      初めまして(^^)
      貴重な情報ありがとうございました。
      20年程前というと、富高氏を筆頭に「神奈川男子」が幅を利かせていた頃でしょう。
      稲葉か松本が、となれば大ニュースですが、ベースと言われても。
      恐らく、付き合いで仕方なくというパターンでしょう。

  2. 名前:樋熊美沙子 投稿日:2016/08/16(火) 20:11:32 ID:8d25e0238 返信

    富士大石寺顕正会は幸せと成仏するとゆうのに幸せになりたい人は引き離したり差別したりそして命を粗末にするそゆう団体です

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/08/18(木) 22:03:36 ID:a1f0721a7 返信

      樋熊美沙子さん
      何かと極論が好きな人達です。それでいて「本物の仏教」を体現していると自負しているのだから片腹痛いですよ。

  3. 名前:ななみママ 投稿日:2016/11/21(月) 07:23:08 ID:0a42b90d7 返信

    勘違いしてる人は、多いです。
    今、チラシを配ってるのを見て欲しいです。
    『基礎教学書』を読めば、分ります。全てが、書かれてますから。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/11/23(水) 19:19:12 ID:6cf1ca27d 返信

      ななみママさんへ
      「全て」とは何の全てでしょうか?まさか人生のとか宇宙のとか言わないでくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です