顕正会の事件簿まとめ「総数42連発」。「ワースト3」は!?

ネット上に散在する顕正会の事件情報を網羅しました。

昭和47年6月30日
「男子精鋭二千の憤りは抑えがたく、仏法守護の刀杖を帯びるに至りました。もし妙信講一死を賭して立つの時、流血の惨を見ること必至であります。」といった脅迫を予告する内容の書面を「日蓮正宗第66世日達上人」宛てに送付。

昭和49年10月4日
「妙信講学会本部襲撃事件」、午後六時ごろ創価学会本部に妙信講(顕正会)の青年部員約七十人が、宣伝カーを先頭に「幹部に講義に来た」と押しかけた。学会側は正門の鉄の扉を閉ざし、「責任者は帰ったので会えない」と答え、押し問答。
同三十五分ごろ「実力で会うぞ」と叫んで、約十五人が高さ二メートルの鉄とびらを乗り超え構内に乱入、さらに宣伝カーを扉にぶつけてカギを壊し、七十人全 員がなだれ込んだ。 本部内に居合わせた学会員約五十人が消化器などを使って「応戦」したが、待機していた四谷署員、機動隊員約百人が出動、乱入した全員 を建造物侵入などの疑いで同署に連行、このうち十二人を暴力行為、建造物侵入の現行犯で逮捕した。

昭和61年9月12日
宗教団体「本門正宗」の本拠を襲撃。本門正宗側代表は、顕正会幹部数名を傷害・住居侵入・礼拝所不敬などの罪名で伊勢崎警察署へ告発した。

昭和63年10月2日
顕正会本部会館前でパンフレットを配布していた理境坊妙観講所属の法華講員12名に対し、顕正会員50名が襲いかかり、暴行事件となる。

平成元年1月25日
顕正会男子部、大阪において理境坊妙観講所属の法華講員たちとの法論中に、一方的に法論を中止し集団暴行を加える。

平成元年2月5日
浅井昭衛会長の「妙観講の息の根を止めてやる」との予告のもと、約60名の男子部員が街宣車で妙観講本部に乗り付け、敷地内へ侵入、乱闘事件を引き起こす。顕正会男子部支隊長が傷害罪の現行犯で逮捕。

平成4年8月
高校生に入信強要した容疑で千葉・柏の顕正会員2名が逮捕。

平成5年3月26日
拉致監禁暴行 男子高校生失明 逮捕 送検。

平成10年1月
横浜市で顕正会4人が会社員男性に入会強要。拉致監禁・暴行容疑で逮捕。

平成10年3月
新潟県長岡市で退会を希望する男性に膝蹴りなどの暴行を加え、現行犯で逮捕。

平成11年7月
神奈川県藤沢市で4月に引き続き、入会強要暴行事件で顕正会員が逮捕。

平成11年8月27日
入会強要で暴行 男子高校生骨折の重傷。

平成12年5月2日
新潟県三条市の男性会員(支隊長、20歳)が塾帰りの中学生に対し、後ろから車で尾行して1人になったところで胸をわしづかみにして暴行を加えたとして、強制わいせつで逮捕。余罪多数。「※参照。当時現役会員で関係者だった「エルガガさん」の証言記事」

平成12年6月21日
山梨県北巨摩郡にて入会強要、監禁、暴行被疑。

平成13年7月2日
信者3人が本千葉駅前で、入信を断った男性に暴行を加えたとして、暴力法違反の疑いで千葉県警察千葉中央警察署に緊急逮捕される。容疑者1人は「もみ合いになっただけ」と容疑を否認。千葉会館は「当該の勧誘行為があったかどうかも知らない」とコメント。

平成13年7月24日
以 前活動していた会員の自宅敷地内に侵入し、玄関先で女性の腕やわき腹を手で引っ張るなどした疑いで、信者1人が住居侵入と暴行の疑いで、秋田県警察秋田警 察署に逮捕される。信者は容疑を否認。同署は24日早朝、容疑者宅や顕正会事務所などを捜索。顕正会広報部は、「事情が全くわからないのでコメントしよう がない」とした。

平成14年4月
入会強要・殺人未遂・暴行・逮捕。

平成14年5月2日
専門学校生の信者が、入信を断った男性の手首や服を引っ張るなどしたとして、暴行の疑いで愛知県警察熱田警察署に逮捕される。信者は容疑を認める。

平成14年6月15日
高知市の壮年部幹部会員が婦人部会員を殺害、覚せい剤取締法違反で逮捕。懲役15年の実刑判決。

平成15年10月7日
信者2人が9月19日夜、横浜市保土ヶ谷区の路上で、同市内の男性を勧誘し、約50分間にわたって付き纏ったとして、軽犯罪法違反(付き纏い)の疑いで、保土ヶ谷警察署は信者2人を保土ヶ谷区検に書類送検。

平成15年11月13日
信者2人が、入信を断った男性の腕をつかんだり、車に乗り込むのを妨害したりしたとして、強要未遂の疑いで神奈川県警察公安一課に現行犯逮捕される。

平成16年の顕正会勧誘に絡んだ被害相談は新潟県警だけで110件。

平成17年3月
神奈川で会員一人が暴行、軽犯罪法違反(つきまとい)で書類送検。

平成17年7月28日
強 引な勧誘をしたとして、神奈川県警察警備部と瀬谷警察署が顕正会横浜会館を家宅捜索。文書やパソコンなど約400点を押収。 会員2名が監禁容疑で逮捕され、警察によると2人とも容疑を認めたという。(後に起訴猶予となる。顕正会は信者の逮捕時、「完全なる虚偽の告訴による不当 な逮捕。一切監禁などはしていない」とコメント。)

平成17年11月
神奈川で会員一人が暴行で書類送検

平成17年の顕正会勧誘に絡んだ被害相談は新潟県警だけで99件。

平成18年7月3日
信者が群馬県館林市内の飲食店で、勧誘を断った男性に怪我を負わせたとして、群馬県警察は信者を傷害容疑で逮捕するとともに、高崎会館を家宅捜索。警察によると、信者は「入会を断られて腹が立った」と容疑を認める。

平成18年11月
強要未遂で勧誘者宅捜索。

平成18年9月20日
顕正会員が厚木市内のゲームセンターにて男子大学生に声をかけて近づき、食事を口実に乗用車で小田原会館に連れ込み、入会を嫌がる大学生に「名前を言え」「住所を教えろ」と強引に迫る。

平成18年年11月
入会強要未遂で勧誘者宅捜索

平成18年11月30日
勧誘相手のお守りを切ったとして、信者4人が器物損壊容疑で逮捕。顕正会は「同意を得てから行った」と主張。

平成18年の顕正会勧誘に絡んだ被害相談は新潟県警だけで103件。

平成16~18年の顕正会の苦情や相談は神奈川県警だけで338件。

平成19年1月
顕正会の2人を書類送検、入会強要未遂の容疑。

平成19年1月11日
1度目の本部会館家宅捜索。神奈川県警公安一課が本部会館等8箇所を強要の疑いで捜索。

平成19年2月
派遣社員の顕正会員が派遣勤務先から約900万件の個人情報を持ち出し逮捕。

平成19年12月8日
東京会館のトイレで、男性が覆面姿の男に刃物で刺される。

f18e857a32a033c5c34757caee88fd7f_s

平成20年1月17日
2度目の本部会館家宅捜索。新潟県警察警備部第一課と江南警察署が男子部元隊長の男と当時19歳の少年を逮捕。顕正会本部と新潟県内の会館等、合計7箇所を「約100人態勢」で家宅捜索。この事件について顕正会は、顕正新聞でまったく触れなかった。

平成20年1月9日
退会しようとした男性にけがを負わせたとして、新潟県警察警備部と新潟東警察署が傷害の疑いで、会員の同県長岡市の専門学校生の少年を逮捕。新潟県内の2施設を家宅捜索

平成20年10月10日
3度目の本部会館家宅捜索。熊本県警が入会強要容疑で本部会館を家宅捜索。県警は関係書類を押収、容疑の裏付けを進める。

平成20年10月30日
顕正新聞が名誉棄損記事を掲載して妙観講講頭から訴えられていた事件で、東京高裁は「顕正新聞の記事には公共性、公益性、真実性、相当性、いずれもなし」とする一審判決を支持し、顕正会に損害賠償を命じた。

平成21年1月
顕正会会員の少年逮捕 傷害容疑で新潟県警

平成21年4月
部外者の立ち入りを禁じているマンションで諌暁書を配布したとして、信者が住居侵入容疑で逮捕。逮捕された信者らは「注意書きを見ていない。故意ではないので不当逮捕である。通報は悪意の通報」と主張。

平成25年3月
都内の23歳の男性に対し「入信しなければバチがあたる。五体満足ではいられないこともあるかもしれない」などと言って板橋区にある施設に連れて行き無理やり入会させたうえ、「このことを話すと、顕正会の関係者が自宅に押しかけるぞ」と脅す。

平成25年9月11日
信者2名が東京都内に住む男性に強引に勧誘したとして、警視庁公安部は、強要と暴力行為等処罰ニ関スル法律違反の疑いで信者2名を任意で事情聴取するとともに、顕正会本部や東京会館など5箇所を家宅捜索。

平成25年の警視庁への顕正会に関する相談件数は、162件。

平成26年2月26日
暴力行為法違反と強要の疑いで、会員の男(24)=横浜市=と元会員の男(25)=川崎市=を書類送検。

<参考資料>
顕正会事件簿&破折資料室
Wikipedia
慧妙
その他諸々。

顕正会が過去に起こした事件は以上。(信憑性の乏しいと思われる件に関しては掲載致しませんでした。)

これらの他にも、メディアに取り上げられていない水面下での小規模事件は、無数に上ると思われます。

続いて、その中でも特に世間を震撼させた事件を「3件」ピックアップしてみたいと思います。

(※直近の事件についてはこちら↓)

【未成年者誘拐の罪で顕正会員三名逮捕】

【顕正会三名逮捕事件で公安が本部会館等に家宅捜索】

8fbffc94f0166d88a551f502d24d5912_m

SPONSORED LINK

【狂気!】学会本部襲撃事件

「日蓮正宗の教義をめぐって、さる八月に宗門から解散を命じられた同宗の講中の一つ「妙信講」信徒が、四日夕、創価学会本部に乱入、これを防ごうとした学会側ともみ合い、十二人が逮捕された。創価学会本部が、このような『襲撃』を受けたのは初めて。」

「同日午後六時ごろ、創価学会本部(池田大作会長)に、妙信講(浅井甚兵衛講頭)の青年部員約七十人が、宣伝カーを先頭に「幹部に講義に来た」と押しかけた。学会側は正門の鉄の扉を閉ざし、「責任者は帰ったので会えない」と答え、押し問答。  同三十五分ごろ「実力で会うぞ」と叫んで、約十五人が高さ二メートルの鉄とびらを乗り超え構内に乱入、さらに宣伝カーを扉にぶつけてカギを壊し、七十人全員がなだれ込んだ。
本部内に居合わせた学会員約五十人が消化器などを使って「応戦」したが、待機していた四谷署員、機動隊員約百人が出動、乱入した全員を建造物侵入などの疑いで同署に連行、このうち十二人を暴力行為、建造物侵入の現行犯で逮捕した。」(※出典 読売新聞 昭和49年10月5日)

学会本部襲撃 学会本部襲撃2 学会本部襲撃3 学会本部襲撃4 学会本部襲撃5 学会本部襲撃6 学会本部襲撃7 学会本部襲撃8

SPONSORED LINK

【悲惨!】顕正会員による「殺人事件。」

高知警察署は19日午後、殺人と殺人未遂で指名手配していた同市七ツ渕の建築業・宇●明●(48歳)を潜伏先の土佐郡土佐町内で逮捕した。宇●は犯行を認めているが衰弱が激しく右足も骨折しており、同署は治療のため一旦、同市内の病院に入院させ、回復を待って動機などを本格的に追及することにしている。地元を騒然とした雰囲気に包み込み、山あいの地域は独り暮らしのお年寄りも多いだけに住民の不安を極度に募らせた凶悪事件は5日目で全面解決に向かった。 高知警察署の調べによると、宇高は15日午前零時5分頃、同市横内の自営業・小●千●子さん(55歳)宅に侵入。刃渡り約13センチの剪定ばさみで小●さんの三女(34)の首などを刺して重傷を負わせたうえ、小●さんの胸や首、背中など10数カ所を刺して殺害した疑い。
宇●は犯行後、軽貨物車で逃走。土佐町田井の国道439号で車をパンクした状態で放置して山中に逃げ込んだ。 同署は車内に血のついた凶器があったことや三女の証言から「小●さんと交際のあった宇●の犯行」と断定し、同日中に指名手配。地元消防団が協力し連日、懸命な捜索を続けていた。19日は捜査員ら約150人を動員して大掛かりな山狩りを実施。同日午後5時25分頃、車の放置現場から釣1キロ西の土佐町南泉の簡易水道施設のタンク横で、うずくまっている宇●を住民が見つけて通報。急行した本山警察署員に対し、小●さんらを刺したことを認めたため、その場で緊急逮捕した。 逮捕された時、宇●はTシャツに長ズボン姿で衣服は真っ黒。逃走中は水しか飲んでおらず、衰弱が激しくて言葉もしゃべれない状態で捜査員が両脇を抱えて連行した。 同署で簡単な調書を作成した後、高知市内の病院で診察したところ右足骨折などで入院治療が必要なことが判明。一旦、釈放手続きを取って入院させた。高知署は回復を待って動機や犯行状況などを追及する。 調べに対し、宇●は犯行を認め「自殺するつもりだったが、できなかった」と供述しているという。

ちなみに宇●さん。犯行当時の顕正会での役職は「高知地区部長」です。

【衝撃!】遂に「3度目」となった本部会館等の家宅捜索。

直近の事件として記憶に新しい、2013年9月に公安調査庁が捜索に乗り出した本部会館等への家宅捜索。

テレ朝ニュース 2013年9月11日

「宗教法人・顕正会本部など捜索…強引に入会迫る」
「宗教法人「顕正会けんしょうかい」(本部・さいたま市大宮区)の会員が強引に入会を迫ったとして、警視庁公安部は11日午前、強要と暴力行為等処罰法違反の疑いで、本部会館(同)や東京会館(東京都板橋区)など計5か所の捜索を始めた。
同庁は、組織的に強引な勧誘活動が行われていた疑いがあるとみて実態解明を進める。
捜索容疑は、同会神奈川会館(横浜市港北区)に所属する24歳の会員の男2人が今年3月20日、都内のアルバイト男性(22)を板橋区のファミリーレストランに誘い出し、約6時間にわたって、「入信しないと、ばちが当たる」と迫った上、東京会館に連れて行き、無理やり入会届を提出させるなどした疑い。同庁は、男2人からも事情を聞いている。」(※出典 読売新聞 2013年9月11日)

この月のインターネットからの顕正会の検索回数は、「約22万回。」【グラフ参照】

通常月と比較すると、全国で約4~5倍程度の検索が行われました。

この事件・家宅捜索を、各大手メディアが大々的に報道したことにより、

顕正会の粗暴な体質は広く世間に認知されるところとなりました。

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です