返信先: 雑談

ホーム フォーラム 掲示板 雑談 返信先: 雑談

#4581
(勝手に)地涌の流類
ゲスト

(訂正)

典型的か顕正会員なら、

典型的な顕正会員なら、

顕正会員は謗法を恐れすぎると思います。「心こそ大事に候へ」というではありませんか。自分に謗法の気持ちがなければ大丈夫です。日有上人の化儀抄をもっと真剣に読むべきかと。
神社に行かないどころか、神社を視界に入れようとさえしない。エホバの書物を読もうとしないどころか、手に触れたら(何かが)感染するとばかりに、手に触れるのも恐れる。正宗のお寺に法論に行こうとしても、境内に入るのを嫌がる(じゃあ、大石寺大客殿で日顕師と法論しようとした会長も謗法しているのか?)。般若心経を謗法だとして捨てようとする(だったら、大聖人が諸経典を多数読まれ、御書で度々引用されているのも謗法になっちゃうね)。他宗の葬式にも行かない。儒学書も読まないのでは?

その内、アラレちゃんに登場するガッチャンの描かれた水筒とかを我が子に持たせない、とかいう人も出てくるのではと心配している。ガッチャンは天使だから、謗法だ、として。
謗法とは、法を「謗る」「遠ざける」行為である事を、再認識してほしい次第。

今の侭では、写真に撮られると「た、魂が吸い取られる!」、自動車を観ては「怪物だ!」、動物の死体や黒い猫を見ては「の、呪われる!」としている、未開地域の原住民や平安時代の人、迷信深い人とそう変わらない。