返信先: え~、皆さんの顕正会時代の武勇伝をお聞かせ下さい。

ホーム フォーラム 掲示板 え~、皆さんの顕正会時代の武勇伝をお聞かせ下さい。 返信先: え~、皆さんの顕正会時代の武勇伝をお聞かせ下さい。

#4486
ミミ
キーマスター

勝さん
“ミミ殿は嘗て武闘派法華講員であったとの事なので経験があるかも知れませんが、顕正会に不利な話をしようとすると、今度は逆に顕正会員の方が着信拒否したり、会うのを避けたりする事もあります。因果応報?”

実は、法華講バリ活だった頃、他支部の対顕正折伏の応援に呼ばれて赴いたことがありまして、
某ファミレスで待ち合わせをしたのですが、先に到着していた僕の姿を店舗の外から確認した顕正会員が、慌てて他支部の方にドタキャンの電話を入れてきたという出来事がありました。
要は、戦意喪失して、逃げ帰ってしまったようです。
当時、地元顕正会員から異常なまでに警戒されていたので、僕を直接知る人間に覚られたか、あるいは照合するために写真などが裏で出回っていたのでは?と、ちょっと自意識過剰かもしれませんが、そのように勘ぐりさえしてしまいます。
法華講に移ってすぐに嘗ての同志たちに電話しましたが、取りあってくれたのは、確か、せいぜい2人くらいだったと記憶しています。知らずに電話に出てしまった方も、「今忙しい」と即行で切られて、折り返しは無し。組織の根回しの早さときたら、こちらが関心してしまう程でしたw

“罪といっても、善意から来ている事なんですけどねぇ。”
カント哲学に代表される、動機説に基づけば「善」といえるかもしれませんが‥、個人の認識の問題でしょうね。単純化せず、思考の対象を抽象化させて、広い枠組みの中から問題を改めて捉え直していくことも、それはそれで大事なことだと思います。また、その「善意」という極めて偏狭な感覚をわだかまりなく共有できるのも、元顕さんが集まる「ここぐらい」だという自負が少なからずありますので、もっと多くの方に有効活用して頂きたいと思う次第です。