顕正会会歌「遺名重し」の原曲「海ゆかば」はクリスチャンが作曲したものでした。

顕正会では、大きな会合が行われる度に、締めの一曲して会歌「遺名重し」が歌われます。

どのような歌詞か、ちょっと見てみましょう。

雪嶺に 身を捨つるとも

大悲の恩 いかで報ずべき

みほとけの 遺命おもし

いのち尽くまで

いや~、まさに殉教も厭わないと言わんばかりの決意が滲み出ていますね~。

雪嶺に身を捨てても結局大悲の恩は報じ切れないんなら、いたずらに捨てることないじゃんw

自分の命大事にしなよw

と、彼らの向こう見ずな言動をみるにつけ、思わず突っ込みたくなってしまうわけですが、

今回は、この「遺名重し」の原曲である、「海行かば」と、

その「海行かば」の作曲者が実は敬虔な「クリスチャン」であった件について触れてみたいと思います。

SPONSORED LINK

作曲者「信時潔」さんは敬虔はプロテスタント。

さて今回の話題はクリスチャントゥデイに先日掲載された記事が情報ソース。

記事を参考に適宜引用しつつ、要点をまとめながら見ていきましょう。

まず「海行かば」とは、第二の国家として戦時中、熱く国民に慕われた名曲です。

歌詞はこんな感じ。

海行かば 水漬く屍(かばね)

山行かば 草生す屍(かばね)

大君の辺(へ)にこそ死ねめ

かへりみはせじ

(海を行けば、水に漬かった屍となり、山を行けば、草の生える屍となって、天皇のお足元にこそ死のう。後ろを振り返ることはしない)

作曲者は、信時潔(のぶとき・きよし、1887〜1965)さんという方で、

この方は敬虔なプロテスタントのクリスチャンでした。

なので、歌詞の中で「大君」と表現されているのは、本来イエスのことを思って書いたわけで、当時日本で神として崇められていた天皇のことではなかったようです。

そして信時潔さんは、当時、救世軍に飛び込み路傍伝道まで行っていたそうで、熱心な活動家であったことが窺えます。

日本においてキリスト教というのは、大して馴染まないんですね。未だ今日に至っても大きな広がりを見せず、人口のたった1パーセント程度だと推測されていますから。

実は日本のクリスチャンの少なさというのは、世界的に見れば異様なのです。

まして当時の国家神道という独裁体制の中での布教というのは、さぞかし困難だったことでしょう。

かの有名な内村鑑三さん(群馬出身の方ですね)とも深い繋がりがあったようで、厳しい布教戦線に臨むべく互いに励まし、助け、支え合う同志としての堅い絆が存在していたのかもしれませんね。

余談ですが、「武士道」を著した「新渡戸稲造」さんもクリスチャンですね。

厳密には「クエーカー」と呼ばれ、キリスト教でも「神秘主義」に分類されます。

「クリスチャン」なのに「武士道」とは、ちょっと意外なイメージですが、「武士道」とは日本人の文化としての伝統精神を世界に伝えるべく表された書なのです。

日本人が醸成してきた「武士道精神」は、キリストの信仰に際しても、その信条を支える力強い思想の基盤として機能する、大変誇らしいアイデンティティなのかもしれません。

話がそれましたが、とにかく「海行かば」がキリスト信仰の産物であったことには間違いありませんが、

僕は、そこに「和魂」という日本特有の精神的要素が加わり、結果、名曲としての仕上がりをみせたのではないかと思います。

あくまで個人的にですが。

会歌が「謗法」って…。

顕正会の会歌が「軍歌」であったことですらドン引きですが、

更にその大元を辿れば、実は「讃美歌」であったという事実は、

間違いなく顕正会の「謗法厳戒」の信条にそぐわないものであるはずです。

「謗法厳戒」については、その許容範囲の線引きをどこで行うかは、会員の中でも個人差があるので、

「そんな瑣末なことは歯牙にもかけない」という方もいらっしゃるかもしれませんが、

「イエスへの熱い信仰心」が描写された作品であったという真実を耳にして驚き、落胆する会員さんは少なくないかもしれませんね。

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

『顕正会会歌「遺名重し」の原曲「海ゆかば」はクリスチャンが作曲したものでした。』へのコメント

  1. 名前:未活動 投稿日:2015/09/05(土) 19:33:59 ID:48bc8730a 返信

    顕正会本部もまた、有名なクリスチャンの資産家の持ち物でした
    お調べください

    集団ストーカーとか、世間のイザコザで訴えられるほどトンデモない創価学会グループに対してはあだこだ言い、特集号片手に突撃を迫るのに、法華講とは一切関わるなと指導されています

    欺瞞を知られたくないから、関わるなということだったのだと、ようやく腑に落ちました

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/09/07(月) 00:45:19 ID:4522d209f 返信

      未活動さんへ。
      顕正会本部が有名なクリスチャンの資本家の持ち物だったんですか!
      それは初耳でした。
      顕正会の隠ぺい体質に気づかれたのですね。
      それは本当に良かったです(^^)

  2. 名前:顕正会女子部組長 投稿日:2016/07/08(金) 15:06:37 ID:245157a01 返信

    わるぐち書いて欲しくないなぁ。
    可哀想な人たちですね。
    広宣流布の大行進の原曲をググッてたらたまたま見ちゃいました。
    顕正会の悪口を顔も見えないネット上で良くも知らないのに書いてて。
    真剣に信心してる会員は正直そんな記事見て信心が揺らいだりはしませんが。見ててバカバカしいし。可哀想な人たちだなぁって思ってますよ。人の悪口いう人って良く嫌われるけど。同じ事だと思います。
    卑怯ですよ。こういう系のサイト作って顕正会の悪口書いてる人達って。

    でも、総合女子部長さんが言ってました。ネット上の顕正会の悪口は公衆トイレの落書きと同じなんだと。
    それくらい低レベルな事にちゃんと信心してる顕正会員はびくともしません。
    もしこういう系を目にして疑うような顕正会員は信心が弱いだけです。

    長々と書いて申し訳ございませんでしたが。1人の真面目に信心してる会員として黙ってられず書いてしまいました。失礼しました。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/07/08(金) 22:13:53 ID:b196bbcdc 返信

      顕正会女子部組長さんへ
      初めまして。
      “良くも知らないのに”
      良く知ってますよ、あんなことからこんなことまで。
      コメントする前に最低眼僕のプロフィールくらい見て下さいね。
      “卑怯ですよ”
      卑怯ではないでしょう。ならば負けじと顕正会の素晴らしさをPRするサイトをあなた自身が構築すれば良いのです。発信は自由です。
      “ちゃんと信心してる顕正会員はびくともしません。”
      想定内ですw 僕も現役時代「びくとも」しませんでしたから。

    • 名前:島ウコン 投稿日:2016/07/09(土) 14:53:09 ID:664573696 返信

      では、このサイトで”悪口”とされている事柄に対して一つ一つ貴方が反論し、
      顕正会の正しさを証明されたらいかがですか?

      あ、私は元副長です。

      某巨大掲示板の書き込みならば便所の落書きレベルに捉えてもらっても良いとは思いますが、
      ここはきちんとミミさんが管理してますし、連絡用のフォームもあります。
      また、元顕正会員だった方のブログには個人のメールアドレスや電話番号を掲載されてるところもあります。
      恐らく、自身の書き込みに責任を持っているからというのもあるでしょう。
      本当に間違いがあるならそれを指摘すれば訂正されるはずです。

      はっきり言って、このサイトの内容には一切触れる事なくただ”顕正会の悪口”としか指摘できない貴方のやり方が”低レベル”です。

      そうそう、”卑怯”と言えば、
      広島を中心に見ている37隊のY隊長という人がいるんですがね、
      先月の集会後に隊員を集めた話の際に、私を含む二ヶ月前に顕正会から日蓮正宗に移って除名になった人々を指して
      「宗門に移った輩(やから)」と言ってたそうなんですが、
      それを知った私がこの人にメールで折伏申し込みをしたんですよ。
      返答期限は昨日までだったんですが、返事は来ませんでしたね。
      以前も他の人がこの人にメールを送っても返事はなかったです。
      日蓮正宗側には一切接触してこない癖に、内部でこういう強がりを言うのを
      ”卑怯”って言うんですよ。
      ちなみに、「宗門に移った輩」発言を聞いた某副長は顕正会に疑問を抱き、完全にそこから未活動になったそうです。

      あとは、男子部総務のK氏が昨年顕正会を脱会した幻の総支隊長さんの事について
      「幻の総支隊長は全然活動をしていない」
      「宗門に移った人は皆顕正会に戻りたがっている」
      なんて事をかつての私の上長に言ってたそうですが、
      実際に幻の総支隊長さんに会ったらめちゃくちゃ元気に活動されてましたし、K氏の発言を完全否定されてました。
      こういう嘘を平然とつくのも”卑怯”って言いますよね。

      あ、「自称冨士大石寺顕正会会長浅井昭衛の〝最後に申すべき事〟を砕破す」の存在を隠し、
      邪義破折班に返答をしてもいないのに「宗門は逃げた」とか言ってる浅井会長も”卑怯”ですね(笑)

      おっと、勢い余ってまた長々と書いてしまいました・・・!

      • 名前:ミミ 投稿日:2016/07/11(月) 23:18:41 ID:50f712d72 返信

        島ウコンさん
        ありがとうございます(^^)

  3. 名前:はるお 投稿日:2016/07/14(木) 21:02:33 ID:cf62906f4 返信

    顕正会女子部組長さんへ

    ここにもイタイ人がいますなぁ。まぁ「あの中」にいれば当然の如くそうなりますよね。「ネットの書き込みは便所の落書きと同じ」
    現役時代、よくそう擦りこまれたもんです。組織防衛図るためなのにね。

    >顕正会の悪口を顔も見えないネット上で良くも知らないのに書いてて。
    私は16年、顕正会で活動していたので表に出せない話もいっぱい知ってますよ。あなたよりも顕正会のやることはよーく知ってますよ。あなたが情弱だから知らないだけですよ。新潟の幹部連中がしてきた常軌を逸する発言や行動を自分の目と耳で見てきましたからね。

    >それくらい低レベルな事にちゃんと信心してる顕正会員はびくともしません。
    >もしこういう系を目にして疑うような顕正会員は信心が弱いだけです。

    信心が弱い、っていう風に追い込んでネットを見ないようにって洗脳されてるんですよ。
    低レベルっていうけど、ミミさん含め、元顕正会員の方のブログは全てご自身が顕正会内で経験したことを元に書かれている。

    ・顕正会がその資格も無いのに本尊を拡大コピーして全国の会館、自宅拠点に乱発させている件
    ・大きな大会の結集人数捏造
    ・その人の人生を縛る幹部の常軌を逸した発言、行動
    その他、顕正会の頭オカシイ内容は上げたらキリがありませんが、何の証拠も無しにネット上に書いてるって思ってますか?それにこれは悪口ではありません。事実です。事実を書いているだけです。知らないあなたが情弱(情報弱者)なだけなんですよ。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/07/14(木) 23:18:02 ID:2a35d37ec 返信

      はるおさん
      ありがとうございます(^^)
      当人はお得意の言いっ放しで不在の模様(^-^;

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です