未成年者誘拐事件後、某有名週刊誌の取材を受けてわかったこと。

先日、某有名誌、週刊フ〇〇〇〇の記者の方からTwitter経由で取材したい旨の連絡を受けたので、

お会いして3時間ぐらい話してきましたよ~。

SPONSORED LINK

取材の内容。

で、何を話したのかというと、あまり尾ひれをつけてもいけないので、誇張せず、ありのままをお伝えしてきました。

どんな経緯で入会したのか?

当時お付き合いしていた彼女に、半分騙されて入会させられました。

勝手に入会書に個人情報記入されて、案内された部屋で座ってたら突然「なんみょ~」と始まって…その時は焦りましたよ~。

どうして活動に傾倒していったのか?

うん。罰論とか、教義の内容、あるいは指導の内容に会長崇拝へ仕向けるロジックが巧妙に仕組まれていまして。etc…。

なぜ辞めれたのか?また辞める際にしつこく引き止められたりとか?

僕の場合は特殊で、日蓮正宗へシームレスに移籍しましたから。彼らにとって日蓮正宗は天敵ですからね。ピタリと連絡は止みました。(その理由etc…。)

う~ん。

実際に人を誘拐したり洗脳したりとか?もっとえげつない話。

誘拐というか先日の事件のような勧誘はむしろ日常茶飯事でして。でも基本被勧誘者に嫌われてしまっては元も子もないので、そこは至ってマイルドに。洗脳というか、MCですね。自殺者とかは耳にしましたよ。

えげつない話。

‥‥‥。

え?僕の話つまらないですか?

結構えげつなさ臭わせてたと思うのですが。

勝手に入信させられていた辺りとか。

週刊誌ネタにするには、少々刺激が足りないみたいですね。

そもそも、記者さんらは僕が詳しく説明するまでは、種々の勘違いというか、先入観を持たれていまして、

それこそ、かつての「オ〇ム」のように、薬物やヘッドギアを使用して信者を洗脳したり、勧誘対象を身体的に拘束して拉致したり等。

いやいや、さすがにそれはないです。

確かに、マスがセンセーショナルに報道するので、そういったイメージを受けるのは無理もないとは思いますが。

強烈なスティグマを背負いながら、今日も勧誘に奔走する。現役さん達も大変ですね~。

いつまで経っても載らない。

取材を終え、いつ頃記事に?と聞くと、勿論ホットなうちに出したいので、今週か、遅くても来週という話だったので、楽しみにして待ってたんですが、

いつまで経っても、出やしない。

ということで、〇ラ〇〇〇記者さんへ連絡を取ってみると、やはり今回は見送ったとのことでした。

肝心の「理由は?」と聞くと、それは

「今回の事件が、実際に誘拐なのか誘拐ではないかの線引きが難しいから」

とのことでした。

SPONSORED LINK

週刊誌のネタになるような話ではない。ようは「つまらない。」

ここで、思い出したのが先日の巌虎さんがブログに書かれていた内容。

実にツマラナイ、クダラナイ、ショボイ、そういう事件

確かにそういうことなんです。

今回の事件、勿論、被害自体を軽んじているわけではないということは前提で、

よくよく詳細を見てみると、

まず、誘拐された方の年齢に注目。以下引用。

未就学児であるとか小学校の低学年、あるいは小学校高学年から中学生くらい、さらには中学生から高校生、一口に未成年者と言っても委細に見れば年齢層で相 当に印象が異なるものである。十九歳ともなれば、ほとんど成人と変わらない。ましてや成人年齢を十八歳に切り下げようとする動きもあるくらいなのである。 また、男女差ということもあるだろう。被害者が十九歳の女性だったら、それを三人の男が誘拐したとしたら、印象がガラリと変わるはずである。

はぁ~。仰る通りです巌虎先生。

それから、なぜ、どのようにして事件に発展したのか?事件というのは、当然被害者が通報しなければ発生しないわけですから。それについては、

誘拐されている本人が母親にメールだかラインだかを送って、その母親が警察に通報したということなのである。

何それ? である。

マヌケな犯人たちではないか?

もし本当の誘拐ならば、携帯を取り上げてしまうだろう。自由にメールを打たせてくれるような、そんなお人好しの犯人がいるわけがない。

つまり、犯人たちは罪を犯しているという自覚がなかった。

はぁ~。

更に被害者の人物像に迫る。

被害者は愛知県から上京していた。その目的は不明だが、一人で行動していたわけだろう。そこを顕正会員に誘拐されたわけである。わたくしはごく単純に、な ぜに友人と出掛けなかったのか、と思った。そして助けを求めたのが母親である。この年頃の男子は母親を疎ましく思うものである。もちろん偏見かもしれない し、人間は十人十色であるから彼のように母親と良好な関係を保っている人がいても不思議はない。ゆえに繰り返し言うが、わたくしの偏見かもしれないと思 う。ようするに偏見を承知であえて書いているのだ。彼はちょっと特殊な人物ではないかと・・・

お~。身も蓋もない、が、的確なご指摘!

確かに仰る通り同意します。

ようは、「つまらない事件」だったんですね。というか「つまらない団体」

週刊〇〇〇デ〇さんの読者さんが喜ぶようなネタにしてもらえるような素質が顕正会にはなかったんですね。

元来は「週刊〇〇イ〇〇に載りましたよ~」という記事を書く予定だったんですが、

空振りしてしまったので、代替として「載りませんでしたよ~」という旨の記事を書かせてもらいました。

あ、ちなみに僕、割とタイポが多い人間でして。

もしかしたら、隠す〇の位置とか、ずれているかもしれませんが、

ものぐさなので、あえて確認も推敲もしません。

まぁもし何か間違っていたとしても、そこは「ご愛嬌」ということで(^^)

取材といえば…。

そういえば、去年の今時分でした。

日蓮正宗系の機関誌「妙教」の取材を受けたのは。

そのときも、何度も原稿直して大変でした。

取材というのは、こんなにも苦労の多いイベントなのでしょうか?

そのときはちゃんと載せてくれたので良かったですが。

もしお手持ちの方で、且つ暇な方は、良かったら覗いてみて下さい(^^)

20151205_004517686

ちなみにP26でございます。

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

『未成年者誘拐事件後、某有名週刊誌の取材を受けてわかったこと。』へのコメント

  1. 名前:ハス 投稿日:2015/12/05(土) 11:20:06 ID:2de9437db 返信

    週刊誌の名前が…ww
    ミミさんっオモロ〜(ナベアツ風)

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/12/05(土) 18:25:34 ID:75c44c156 返信

      ハスさんへ
      ありがとうございます(^-^;

  2. 名前:ハス 投稿日:2015/12/05(土) 22:22:25 ID:c020005c4 返信

    ミミさんのおかげで
    僕もたまに◯ソ教学書と
    ポロッと出てしまいます(>_<)
    顕正会員なのに

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/12/06(日) 12:10:58 ID:143a42b30 返信

      ハスさんへ
      今回のク〇教学書の発刊の意図というのは、「教学の名を借りて会員を教学が遠ざけようとしている」。そんな肚が見え見えですからね。

  3. 名前:あれ 投稿日:2015/12/07(月) 10:36:33 ID:a9a184a52 返信

    この事件での顕正会員の逮捕についてはS価G会が絡んでいるのではないかとにらんでいます。
    一連の流れを見ても被害者の母親がS価の会員ではないかと読んでいます。
    不思議に感じた点は警察がときわ台の会館近く駐車場の前にいて顕正会員が逮捕されたというのは不自然な気がします。
    顕正会のことを知らなければ、母親は「とにかく逃げて」と被害者に伝え、後日警察に相談していたかと思います。被害者が母親にメッセージで顕正会員につれ回されていると送信し、母親が警察に通報してその当日に警察が現場に来て捕まるのは顕正会のことをよく知らないと出来ないことだと思います。
    顕正会のことをよく知っていているとしたら日蓮正宗かS価といった日蓮系の宗教団体と思います。母親が警察に通報し、ときわ台に来て捕まえるととなると母親がS価の会員であると読めます。

    まぁ、どうでもいい事件ですし、報道する必要があるとは思えませんが。

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/12/07(月) 22:30:53 ID:77464db75 返信

      あれさん
      初めまして。
      確かに今回の事件、どこか不自然さが漂ってますね。
      しかし、匿名の通報ではないですから、もし被害者母親が創価学会員だとしたら、安易に特定できそうなもんですが‥。
      そういった筋の情報が今のところ見当たりません。
      創価学会には疎いので何とも言えませんが、公的期間に強く影響を及ぼしていると考えるならば、被害者母親がどのような人物かに関わらず、公安が反応を示した理由はわからなくもないですが‥。
      まぁいずれにしても話題性に乏しい事件ですね(^-^;

  4. 名前:ユタ 投稿日:2015/12/07(月) 12:53:48 ID:4e3fed205 返信

    こんにちは。

    ミミさん、まさかの顔出し!?
    私も件の“妙教”は手元にありますが、よく読んでませんでした。
    よく見ると、いかにも“戦う法華講”っていう感じで、実に頼もしい限りです。

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/12/07(月) 22:20:05 ID:77464db75 返信

      ユタさんへ
      今晩は。顔出しといっても、確認できる人間は限られてますけどね(^-^;
      って、ユタさん妙教購読してるんですか!?法華講員の鏡ですね!僕などはとうに戦意喪失したへたれ法華講員です(^-^;

      • 名前:ユタ 投稿日:2015/12/08(火) 21:59:16 ID:c53763734 返信

         こんばんは。

         真に、恐れ入ります。
         私は定期購読まではしておらず、大石寺に参詣した時に購入する程度ですね。
         ついでに手に入れているのが“大日蓮”と“慧妙”です。
         学会ネタ以外なら、“慧妙”が1番面白いと思いますw
         特に、“邪教へ突撃!アポ無し折伏隊”のコーナーが1番笑えますよwww
         法論相手の幹部は逆ギレしてばっかりで、これも折伏って言うんですなぁ、と……。

        • 名前:ミミ 投稿日:2015/12/09(水) 20:47:28 ID:d506f5fd3 返信

          ユタさんへ
          こんばんは。
          さすがに定期購読まではしてませんでしたか。
          あとの二冊は定番ですね。
          僕も慧妙なら過去のナンバーをそこそこ所持してます。
          意外と体験発表みたいなのが面白いですね。顕正新聞を見ているかのようでw

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*