まだ顕正会で消耗してるの?

一度言ってみたかったんですよ。

「まだ消耗してるの?」

ねぇ、明らかに消耗してますよねぇ。

一体、いつまで消耗し続けるの?

全日本人が顕正会員になって、国立戒壇が建つその日まで?

寝言は寝て言え、という感じですかね。

まぁね…。信仰自体は自由ですから、僕のような他人が容喙すべき問題ではないのかもしれませんが。

もちろん、信仰することによって得られる実利的な側面は、決して軽視してはいけないと思っています。

とはいえ、それ以前に顕正会は「カルト」ですから。

失うものが多すぎます。

享受できるメリットに対し、色々な意味でリスクが高すぎるんですよ。

でも彼らはきっと、人生において、そこで学ばなければならないことがあるから、経験し、乗り越えなければならない問題を抱えているから、

それをクリアするために最適なフィールドとして「顕正会」が用意されているのかもしれません。

僕は、そう思うのです。

彼らがそこに居続け、活動し続けなければならない理由があると思うのです。

人生のフェーズというか、段階的な意味合いで、現在の彼らにとっては「おあつらえ向き」であり、必要なのだと思います。

だから、いつまでもそこに居続け、活動し続けなければならないのは、

例えるならば、何か人生において試験のようなものがあって、

未だ、合格ラインに至らないから、繰り返し繰り返し「追試」を受け続けているようなものです。

辞められないということは、本当の意味では顕正会に入信した当時から何も変わっていない、自分自身が成長できていないことの証左に他なりません。

だから、余計なお世話かもしれませんが、僕からすると不憫に思えるのです。

何でも一生貫き通せば良いってもんじゃないんですよ。

そんなものは「正義」ではない。

そのような人が「賢者」だということでもない。

「真理」であるわけがない。

と、前置きが長くなりましたが、

それでは実際に顕正会という教団に身を置くことによって、どれだけ「消耗」しているか、

元顕正会員の立場から、想定されるものを具体的に列挙してみたいと思います。

SPONSORED LINK

人間関係(信頼)の消耗。

個人的にはこれが一番イタかったです。

親戚、友人、知人、職場。

顕正会員ともなれば、自分と縁のある人間には一通り「勧誘」をしますよね。

勧誘したことによって壊れた人間関係、信頼は二度と修復できないケースもあります。

せっかく仕事の面では評価してもらっていたとしても、「勧誘」をしてしまったばかりに、そのことが原因で「信用」を失い、

免職にされる会員がいかに多いことか。

経済的な消耗

次に深手を負ったのが、これ。

新聞やら何やら、

顕正会は会費というものを徴収しないから、一見お金がかからないように思えますが、

案外、細々とした支出が嵩みます。

都内に住んでいた頃は、会館参詣するための電車賃だって、そりゃ週に何度も行けば当然金額は嵩みましたし、

「勧誘」する際や、あるいは「語り合い」なんていって、ファミレスに入る機会も多いから、その都度飲食代もバカになりません。

「勧誘」や「指導」や「集会」は近場で済めば良いですが、遠方へ赴かなければならない場合も多々あります。

顕正新聞の年間購読推進が行われる「5月」には、何部も負担しなければならなかったり、

「12月」の広布御供養では、資金に余剰のある人は「何口」も負担しなければならないという暗黙もルールさえ存在します。

時間の消耗

とにかく活動に膨大な時間が削がれました。

まず日曜日といえば、ほぼ丸一日時間を奪われますし、

平日だって、仕事を終えてそのまま活動へ直行という日が実に多かったですね。

帰宅時間は大概「11時前後」。

それから勤行をして、風呂に入って、即就寝。

なんもできませんよ。

情報リテラシーの消耗。

リテラシーを消耗するという表現はちょっと語弊があるかもしれませんが、

いわゆる「視野狭窄」というもので、カルト活動に傾倒していると、世間を見渡す能力が著しく阻害されます。

何か楽しいことをを考えると「煩悩障」などといって、ほどほどにしておこうなどという、いらぬ心のブレーキが働きますし、

結果的に、俗世間への興味が薄れていき、浮世離れしてしまいます。

また、会長の偏狭な思想に強く感化されるので、物事を一方向からしか捉えられなくなります。

思考パターンの柔軟性が脅かされ、有用な情報を収集する能力が失われます。

SPONSORED LINK

精神的な消耗。

「ノルマ」に対する焦燥感から、いつも勧誘に追われているような感覚に陥り、

心の健康を害します。

「瑠璃堂みうさん」がそうですが、最終的に「うつ」を患い、組織から離れていくというケースも多々見受けられます。

そこまで至らなくとも、「ビデオ放映(自分の参加と結集)」「集会(自分の参加と結集)」「報告」「勧誘」「座談会」などと、タイトなスケジュールが日常化し、常に精神的には緊張状態が続きます。

結果、心のゆとりが失われ、精神的に不安定にならざるを得ません。

更に「勧誘」は、すればするほど人から嫌われていきます。

職場で白眼視されたり、親戚の訃報すら受けられなかったり、

世間との間に生じる軋轢は、精神的に物凄く負担となります。

マイカーの消耗。

経済的な消耗と若干かぶりますが、

顕正会の活動カリキュラムを普通にこなしているだけで、マイカーの走行距離がとんでもないことになります。

交通費の消耗だけでもバカになりませんが、自動車も消耗品ですから、エンジンが痛めば乗り換えなければなりません。

僕は群馬に住んでいますが、毎月大宮へ行ったり、その他にも、盛岡へ行ったり、千葉の南房総は数十回行きました。

その他にも、山梨へ行ったり、長野へ行ったり、宇都宮へ行ったり、神奈川へ行ったり、新潟へ行ったり、

本当に良く運転しましたよ。

ガソリン代よりマイカーの消耗の方が痛手かもしれませんね。

というわけで、思いつくものを一通り挙げてみましたが、

本当に色々な意味で大変でした。

辞められて良かった~。

えっ?まだ顕正会で消耗してるの?

顕正会を辞めて確実に変わった【7つ】のこと
顕正会という組織を離れて、1年と8ヵ月が経過しました。 入会したのは僕が19歳の頃。 それより7年間の顕正会員として人生を歩み、...

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

『まだ顕正会で消耗してるの?』へのコメント

  1. 名前:セロリ 投稿日:2015/10/01(木) 07:03:20 ID:de23ed303 返信

    顕正会時代を振り返り、「犠牲」は良く思い付いた言葉でしたが、「消耗」は思いつきませんでした。
    こうして振り返れば確かに「消耗」してましたね(>_<)

    顕正会員は「仏法には断じて犠牲はない!」と師匠から強々と言われることで、「必ず後で功徳の見返りがある」と信じてしまいますから不憫ですね(T-T)

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/10/01(木) 21:34:27 ID:04a13a101 返信

      セロリさんへ
      コメントありがとうございます。
      犠牲は大ありでしたね。
      ただ、犠牲を犠牲のままで終わらせず、自分にとってプラスに変換していかなければならないと考えています。

  2. 名前:いおなずん 投稿日:2015/10/01(木) 09:17:08 ID:8f6ab8d49 返信

    おはようございます。
    ミミさんは群馬の人なんですね、ビックリです。
    私も群馬県人なのです。(顕正会の勧誘みたい)

    セロリさんのコメントで「仏法には断じて犠牲はない」とありましたが
    私も当時の支隊長さんから良く聞かされ支隊内の合言葉的なものでした。

    余談ですが最近アメーバブログ始めました。
    いおなずんの部屋です。
    私が顕正会で3年間純粋に活動した経験して思ったことなどや私生活の自分を書く予定です。

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/10/01(木) 21:36:22 ID:04a13a101 返信

      いおなずんさんへ。
      こんばんは(^^)
      おぉ!いおなずんも群馬県人でしたか!
      ブログを開設されたのですね!
      では早速、ご紹介させて頂くとします。

  3. 名前:タカチョー 投稿日:2015/10/01(木) 10:30:50 ID:420abadcb 返信

    タイトル見た瞬間、吹き出しましたw
    某プロブルガー・イケ◯ハヤトさんを彷彿させますね!!
    記事内容も本当に頷けます。
    あの頃はみんな消耗してましたね…(遠い目

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/10/01(木) 21:39:11 ID:04a13a101 返信

      タカチョーさんへ。
      いやぁ、一度言ってみたかったんですよねぇ。
      もうかれこれ半年くらい我慢してまして、やっと言えました。
      消耗も消耗です。カスになるまでエキス搾り取られる感じですかね。

  4. 名前:はるお 投稿日:2015/10/03(土) 17:32:13 ID:5b7a135d3 返信

    ミミさん
    こんにちは~いつも拝見しております。
    消耗…正に現役時代を振り返ると色々と当てはまる言葉ですねぇ~w

    現役時代はケンショー会が「正しい団体」と信じていたから「仏法には断じて犠牲はない」という魔法の言葉を信じて(心の中では犠牲だらけと思っていましたが)いつか必ず変わる、みたいな何の根拠も無い自己暗示になっていたことを覚えています。一種の洗脳でしょうけど。
    人間関係の消耗、という観点で言えば、当然元ケンの活動家の方の多くの方がケンショー会しか人間関係がなかったと思いますが、それが無くなった今の私はいつも休日に1人でいるのが辛いですね。幸い副業をしているので、そっちの方に気が向けられますが、勧誘したことでケンショー会に居た代償は大きすぎたと感じています。

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/10/03(土) 21:53:25 ID:2451576ee 返信

      はるおさんへ
      こんばんは。いつもアクセスありがとうございます。
      そうですね、顕正会員になると基本顕正会員との付き合いしかなくなりますよね。
      僕はまだほぼ同時に脱会した妻がいるので、休日は一緒に出掛けたりできますが、外部との交流はほとんどないですね。
      本当に大きなダメージを被ってしまいましたが、
      その反面、気付けたこともあるので、脱会当初に比べると怨恨の思いはかなり薄れました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*