【顕正会破折】ではなく【役立つサイト】。顕正会.infoのコンセプト。

僕は顕正会を辞めて法華講に移ると、すぐに前ブログを立ち上げました。

その頃は「顕正会を徹底的に叩きのめしたい!」というような、「アグレッシブ」な精神状態でした。

とはいえ、勿論、現役会員さん達に対して「会の矛盾点を教えてあげたい」という強い気持ちは今も尚、変わらずに持ち続けているのは確かです。

しかし前ブログ開設当初はというと、

「やらなきゃならん!」「これこそが僕の使命!」

みたいな考えが自縛していて、まぁ一種のパラノイアみたいなものを引きずっていたことが思い返されます。

SPONSORED LINK

偏執的な「破折サイト」には需要がない。

で、「パラノイア」っていうのは、一種の異常精神状態で、言い換えると「偏執病」です。

「偏執」の言葉の意味っていうのは、

1 かたよった考えをかたくなに守って他の意見に耳をかさないこと。
2 他をねたましく思うこと。

ということです。

これは「思考の柔軟性」の「欠陥」です。

「会に対して法義について追求、難詰していくことのみが、僕の人生におけるベクトルだ!」

「どうだ正しいだろう!」

と。

そういうのって法の勝劣とか過去の事実とか全然知る由もない人達からすると、

「ただの宗教戦争の当事者」だし「自己満足のおめでたい人」で、

「アホか」という感じですよね。

本来はそういう意図で捉えられるととっても不本意なんですが、これは現実だと思います。

前ブログが「まるっきりそうだった」というふうには思ってません。ただやっぱり前半戦はわりとそういう気が強かったかもしれません。

第一印象が悪かった場合、サイトのユーティリティが全て失われてしまいます。

それって悲し過ぎますよね。

ところが顕正会のこと調べる人って、ノリにのったバリバリの活動者なんかじゃなくて、その周りで迷惑を被ってるっていう人がほとんどだと思うんですよ。

だからそういう人たちは、

「顕正会ってどういうとこなんだろ」とか

「身内がハマってしまっていて…辞めさせるにはどうしたらいいんだろう」とか、

顕正会について純粋に情報を知りたいだけっていうのが本音の部分なはずなんです。

だけど、HPは全然更新されてないし、現役会員はほとんどネットには登場しない。

検索で上位表示されるまとめサイトなどは部外者が表面的な情報を拾い集めて作られたものなので、わりと的外れな内容のものが往々にしてあるんですよね。誤認識は良くないはずです。

SPONSORED LINK

「破折」よりも情報提供。

ということで、このサイトのテーマは、

顕正会員の思考や行動パターンについての心根や信条といった深い部分まで読者さんが理解することで、より具体的な解決方法を見い出してもらえるような、当該会問題に対するソリューションサイト。

そういうサイトの構築こそ、実際に会で活動した経験のある僕が顕正会の問題について喘ぐ人達にしてあげられる最大のアプローチじゃないかと思うんです。

「こっちの方が正しいんだよ!」「あんたら絶対間違ってるよ!」

といった批判というスタンスよりも、

「こういう事実がありますよ」「これって矛盾だと思いませんか?」

そういった情報提供なり疑問提起にできるだけ止めておいて、

それを見てくれて連絡をくれて個人的に密な関係になればそれは縁だから、そこからもっと踏み込んだ話ができれば良いですし、

そういう一部の人以外の多くの方達がこのコンテンツによって、満足する情報や問題解決の方途が得られるように、

そういうことを第一に考えてます。ここが重要なポイントだと思います。

じっくり読むような人は書いてる人間の人柄を分析すると思います。

僕がパラノイアで書いていると、「あ、この人パラノイアだ」ってわかると思うんですよきっと。

偏執的にならず、「等身大に」「ありのままに」書かれていれば、「ちょっと相談してみようかな」とか「また覗きにこようかな」とか、まぁそこまでいかなくとも解決の手助けなり、お力添えができれば僕は率直に嬉しいです。

顕正会の話題を中心として、僕が書きたいことを書き、伝えたいことを伝える。

そういうブログが僕にとって一番健全で楽しめるスタイルかなと思います。またそれって読み手にもきっと伝わります。

やっぱり筆者個人への信用が即、サイトのブランディングやコンテンツ評価に繋がっていくというのが根本なんだとしみじみ思います。

顕正会に様々なカタチで関わる多くの人にコミットしていきたいと思います。

続きは以下。

【顕正会破折】ではなく【情報提供】。顕正会.infoの在り方
前回の記事内容を、「四悉檀(ししつだん)」の法門と照合して考えてみます。 顕正会についてサーチかけたとき、たまたま開いたページが、 ...

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

『【顕正会破折】ではなく【役立つサイト】。顕正会.infoのコンセプト。』へのコメント

  1. 名前:ポリ銀 投稿日:2015/02/09(月) 18:44:41 ID:591194a4a 返信

    ミミ様

    こちらでははじめましてですね。

    新しいブログの出発おめでとうございます。

    顕正会に迷惑した人がこのブログを縁にして、少しでも日蓮正宗での信仰に入ってくれればいいなあと思っています。頑張って下さいね。

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/02/09(月) 21:42:22 ID:abfc4e8af 返信

      ポリ銀さんへ
      ありがとうございます(^-^)
      また今後とも、宜しくお願い致しますm(__)m

  2. 名前:さくら♪ 投稿日:2015/02/27(金) 22:41:13 ID:f1c6971d2 返信

    ミミさん、お久しぶりです♪
    等身大ブログ良いですね☆

    「パラノイア」…この言葉に、私のブログもどうなのかな?なんて思いながらも、
    立ち上げでは、娘に気づいてもらいたいから始まり、今は日記感覚で気楽に書く事にしています。

    文章力のなさに恥ずかしくもなりますが、自分がどう変わるのかは自分が一番楽しみだったりします^^

    今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/02/28(土) 14:15:17 ID:082d0111f 返信

      さくら♪さん
      どうもお久しぶりです(^-^)
      ブログを移転した件は、そちらのブログの方にいずれコメントしてお伝えしようと思ってたんですが、結局今までものぐさで出来ず終いでしたね(^-^;
      僕は自分が楽しい事に素直なことは良い事だと思うし、そのことで主体性が磨かれて、輝くのなら最高の手段なのだと思います(^-^)
      さくら♪さんのブログからは、一生懸命さやナイーブな一面など良い意味での人間味が如実に伝わりますし、だからこそ在家信徒目線からの日蓮正宗を伝えるコンテンツとして非常に力を持っていると思います。
      逆の悪い例えとして、電話の時にイスに踏ん反りながらたとえ丁寧に話したとしても、実際に見えているか見えていないかの問題ではなく、心の内は雰囲気として結局相手には伝わってしまうものでしょう。
      文章力の無さは僕も同じです。猫の記事を作るのに、あんな短文程度の量に1時間半もかかってしまいました。
      だから僕も同様に、自分がどう変わるか楽しみにして書き続けています。
      今後こと宜しくお願い致しますm(__)m

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です