日蓮正宗、日蓮本仏論の誤りや問題点。批判サイト「4選」。

近年、創価学会が大胆な教義変更を矢継ぎ早に打ち出している模様。

顕正会もそうですが、元はと言えば、日蓮正宗から派生した教団ですから、教義信条も日蓮正宗のものを基盤、原形として受け継いだ姿が随所に見られ、

それは大前提となる「日蓮本仏論」に然り。あるいは大石寺が所持する「戒壇本尊」への信仰などは、その骨子とも言える既成信条であったわけです。

ところが運営の主体が日蓮正宗から離れてしまえば、差別化を図る為、教団の独自性の創造にベクトルが変化していくのは至極当然のこと。

それぞれの教団の方針に合わせて、その論理性を担保すべく様々な言説が生まれ、横行する。

こういった現象は、現在という時局、大石寺系という枠に限定された話ではなく、人間というものに付いて回る、普遍的な性質であり、自然で「よくありがちな」流れ、ということになるんでしょうね〜。

さて、いきなり話はそれますが、哲人「ニーチェ」は、キリスト教に対し「奴隷道徳」という表現を使って、徹底的に批判を浴びせました。

しかし、それは「教会権威」によって作り上げられた「価値観」や「そのドグマ」に対する批判だったのであり、

決して「イエス」を否定したわけではありません。

また同様に、「ニーチェ」は「釈迦」を批判することはしていませんが、

もし、彼が現代に蘇って現在の「大石寺系教団」の姿を見たら果たして何と言うでしょうか?

ニーチェ

「教会以外に救いの道は無い」と言って憚らなかったカトリック教会は、第二バチカン公会議を経て、排他的な態度から、他との協調性を重んじる方向へと転換を遂げました。

近年のローマ教皇のスピーチからは、独善的な色合いを感じることはほとんどありません。

僕は、もし特定の宗派の教義を深く学んでいくのであれば、同時に反証やアンチテーゼにもしっかりと対峙していくという姿勢、態度が極めて大切だと考えます。

批判に対して耳を塞ぎ、自己完結的に悦に入ろうとするならば、

途端に謙虚さを失い、保身的で偏執的な人格が形成されていくことでしょう。

またそれは、物事をありのままに見る「悟りの境地」からは程遠い在り方だと言っても過言ではありません。

仏教では涅槃に至る基本的な修行の方途して「八正道」を説き、それは「正見」から始まります。

「正見」とは、「正しく物事を見る」ということです。

片一方からの情報ばかりを鵜呑みにした、狭い世界観から論じる「正邪」なんて、

稚拙なヒーローごっこにしか見えないのです。

知識は膨大かもしれません。

しかし、仮にも「正邪」を論じるならば、自宗で説かれる「教学」を超えた、横断的な考察が必要であり、

そういった地道な作業を無視した、中途半端な「正しさ」の論証など、

所詮、取るに足らない戯言でしかないでしょう。

完全に中立な言説などあり得ませんが、それぞれの立場から語られる客観的な大石寺を知る上で、僕がオススメしたいサイトをいくつかご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

正宗系観察日記

(ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録)

「はてな」の紹介文からの引用です↓

ファビョる大石寺信仰をディスります

明治以来の代々法華宗信者、俺の代で造反しますた。

未だに鎌倉時代の定石で現代を乗り切ろうなんて、甘いわ!

ガッツリ似非折伏宗を逆伏したるわい。

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

『日蓮正宗、日蓮本仏論の誤りや問題点。批判サイト「4選」。』へのコメント

  1. 名前:山門入り口 投稿日:2015/11/03(火) 10:35:19 ID:5ff1e4f96 返信

    ミミさん。おはようございます。
    タイトルを見て一瞬驚きました。
    山門みたい不良法華講員ならいざ知らず、触れたらまずいよと言う内容に合えて触れる勇気には、敬服いたします。
    そして、物事を多角的に見て、一方の視点で見ないミミさんは尊敬に値します。

    それと代々の法華講員のぶっちゃけ話を聞けるぐらいの知り合いがいれば、今とは言ってることもやってることも違うてことが判ったりします。
    具体的には今は明かせませんが、何それとなるようなことはいっぱいあります。

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/11/04(水) 18:49:01 ID:8e46d16eb

      山門入り口さんへ
      敬服、尊敬などと勿体無いお言葉を賜り恐縮です。
      僕はあまり法華講の昔話に触れる機会はありませんが、実態はそうなのですね。
      顕正会時代には何ソレという話を沢山聞きましたが、どっちもどっちで、あまり大差ないんですね。
      具体的に明かしてほしいです(笑)
      ところで僕も不良法華講員という意味では負けていないと思いますよ。
      もう堂々と個人主義路線歩んでますからね。勿論、御本尊は有難く拝しますが、それ以外は活動家法華講員とほとんど共通項がないですね。

  2. 名前:いおなずん 投稿日:2015/11/04(水) 00:24:27 ID:00ba43dd6 返信

    わが社の安全十訓にこのような文言がある。
    「真心の忠告は人を救い、自分を救う」
    自分は、工場勤務で常に危険と隣り合わせの場所で仕事をしています。
    長年仕事を(22年)していると、経験からか周りから見て危険と指摘される仕事も難なくこなせるようになっていて、それが当たり前になってしまう。
    だから、周りから「それ危ないよ」と言われてもつい「大丈夫」と言ってしまう。
    そこに災害は起こる。
    ゆえに、災害を起こす人の割合は初心者よりもベテランの方が多いのである。
    何が言いたいかというと、素直に「危険」という忠告を聞ければ自分は「安全」でいられるし、無視すれば災害になるということ。
    これは、宗教やほかのことについても同じことが言えるのではないでしょうか。
    今回は宗教についてですが、自分が今まで正しいと思ったことも、実は間違いだった時指摘してくれる人が「それ間違ってるよ」と言ったことに対して素直に「分かりました」と言って訂正すれば正解に辿りつくし、無視すれば間違いのまま。
    結局「素直」が一番ということでしょうか。

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/11/04(水) 18:54:00 ID:8e46d16eb

      いおなずんさんへ
      なるほど、良い社訓ですね。
      僕の勤め先は危険な作業が多いにも関わらず(硫酸や硝酸を扱う)、社員のほとんどが、そういう意識が低いので羨ましいです。
      つまりは「忠言耳に逆らう」ってことですかね。
      「素直」なことは勿論、その上「自分の頭で考える」ということが習慣として身につけられれば最良だと思います。

  3. 名前:愛国 清澄 投稿日:2016/01/25(月) 22:07:36 ID:1e6655cac 返信

    ミミさん こんばんは(#^.^#)精力的な更新お疲れさまです。
    ミミさんは謙虚な方ですね。清々しい気分になります。
    ブログでご縁を頂き、疑問や意見を直接やり取りさせて頂いた方があるのですが、別に仏法がどうのこうのではなく、その方の資質だと私は思うのです。
    で、私の宣伝みたいですが、会合の時間変更なんか仏法を一生懸命言ってる方のする事ですかね?
    信徒蔑視と言われても仕方ない。
    誰しも無駄に人生送ってないですもんね。ミミさんの仰りたい事はよく解ります。
    世法即仏法なんでしょ?表裏一体なんですよね?私の所の上層部は、仏法だけで世の中成り立ってるみたいに思ってますよ。
    腹立たしい事もあります。もしかしたらブログに挙げるかも(笑)
    取り留めないこと長文失礼致しました。m(__)m

    愛国 清澄 拝

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/01/26(火) 21:33:02 ID:72cd87cb9

      愛国清澄さんへ
      こんばんは(^^)
      ありがとうございますm(__)mただ、謙虚かどうかはわかりませんけどね(^-^;
      ネットでは臆面もなくズケズケと主張していますので(^-^;
      “腹立たしいこと”
      こちらへ投稿下さっても結構です(^^)

  4. 名前:愛国 清澄 投稿日:2016/01/27(水) 15:30:21 ID:3b48404c1 返信

    ミミさん こんにちは(^▽^)/
    あっちこっち連続書き込みごめんなさいm(__)m
    〉“腹立たしいこと”
    こちらへ投稿下さっても結構です(^^)
    有難うございます。記事に挙げて色々ファイヤーが上がっても嫌なので(笑)そんな内容はここで呟く事にさせて頂きましょうか。
    ただ、はっきり講の名前を出せば、絶対ネット部門の検索に引っかかるでしょうから、私は”妙な感じがする考”としてます(笑)
    tochiro~さんとメッセさせて頂いて、バランスが傾きかけたら注意下さるのですが、どこで成仏を遂げるか、それが仏の導きとありました。
    清澄の今の状態はバランスが取れている、またその妙な感じがする考に属した事を、卑下する事もない、とも言われました。
    で、どこかの坊が他の講中を批判したり、これは内政干渉にあたると言われ、私も同感と思います。
    ただ、ならば何故”穏やかな”所があったり、”厳しい”所があったり、違いが出てくるのか?って考えだすと…分からなくなってくるんです(´;ω;`)

    また取り留めない文章になってしまった(;^_^Aごめんなさいm(__)m

    愛国 清澄 拝

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/01/27(水) 21:20:02 ID:39b5a6cd1

      愛国清澄さんへ
      なるほど‥。
      って、失礼かもですが確かに取り留めのない話で、どう返信したらよいかわからなくなってしまいましたよ(^-^;
      でもバランスは大事だなと思うことはあります。竜樹ではないですが、仮観に過ぎてもダメ、空観に過ぎてもダメ。「過ぎたるは猶及ばざるが如し」とは良く言ったものですね。

  5. 名前:愛国 清澄 投稿日:2016/01/27(水) 22:23:10 ID:3b48404c1 返信

    ミミさん 度々ごめんなさいねm(__)m
    ヤッパリ(^◇^)混乱させちゃったね(;^_^A申し訳ないm(__)mあんまり周囲が妙感考は変だ、とかいう意見あるから、「こっちも好きで所属になってないわ。」と思うんですよ。仕方ないですやん。

    いやね、妙感考に関してだったり、ほんっと日蓮正宗は突き詰めたら、分からなくなる事の多い所だなってのが、実感してるんですよ。
    昔から言うじゃないですか、”触らぬ神に祟りなし”これは私が入信当時、親父が言った言葉なんですよ。関わらないのが一番ってね。

    ただ、私はSG会の人と知り合いだったし、日蓮仏法って言うのよあの人たちは。
    でもよくよく話してると、”なかんずく池田会長先生が”って、結局日蓮大聖人から遠のくでしょ?
    これを知りたいから、己の目で確かめたくて飛び込んだんです。

    顕正会のことは本当に知らないから、それも研究したいんです。

    で、日蓮正宗は一体何をしたいのか?法華講と言いながら妙感考もある?それは何でわざわざそうするの?って、訳分からなくなるんです。異体同心なら、何で統一した教化をしないのか?
    ここを考えてたら、あの取り留めない文章になった、という訳です。
    また、おかしかったらご指摘くださいm(__)m

    愛国 清澄 拝

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/01/28(木) 23:54:19 ID:ea9dbcb4a

      愛国清澄さんへ
      「妙感考」って冴えてますね!www
      座布団一枚!
      ではこんなのどうでしょう。
      異体同心→痛い道心
      あえて統一しないことに「何か特別な意味」があるのでは?と勘ぐってしまいますね。

  6. 名前:愛国 清澄 投稿日:2016/01/29(金) 23:20:43 ID:7d63591a0 返信

    こんばんは 遅くにすみませんm(__)m
    ミミさん 怒ってなかった?良かった~。怒らせてしまったかと思ってました。
    座布団有難うございますwwm(__)m取られないようにします。

    異体同心…そうですね(*・ω・)(*-ω-)痛いって方が変換もよく出るしw
    顔つき変えて目の色変えて、折伏折伏言ってる姿は、本当に”痛い”かも知れませんね。

    愛国 清澄 拝

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/01/30(土) 23:19:57 ID:5af5d8c78

      愛国清澄さんへ
      こんばんは(^^)
      怒るわけないじゃないですか(^-^;
      痛い人は自覚がないから痛いわけで、箸にも棒にも掛からぬ厄介さが孕んでいます。
      ダブルスタンダードで、それは違う、正しい俺たちの言う事に素直に従え!はもう御免です(^-^;

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*