顕正会員とお会いしました。僕、「日蓮ファン」ですが何か問題でも?

日曜日、顕正会員の方と色々とお話をさせて頂きました。

お会いしたのは男性と女性のお二方で、僕のブログの読者さん。

なんと電車で2時間半も揺られながら、遠路はるばるお越し下さったのです。

待ち合わせ場所の駅で合流した後、ファミレスへ移動。

鼎談は「約4時間」に亘りました。

顕正会員は女性の方のみ。現在組織から離れてはいるが、「勤行」だけは欠かさず行っているとのこと。

いわゆる「一人信心」と呼ばれる状態でした。

SPONSORED LINK

彼女との会話

彼女は質問します。

「御開扉の際に戒壇の大御本尊の自動扉が開かなくなってしまったのは事実でしょうか?やはり、不敬が招いた罰なのでしょうか?」

僕は、

「それが事実かはよく分かりませんが、もし事実だとして、それは御守護だったのかもしれませんよ。だって、その時にたまたま悪人が紛れ込んでいて、何かよからぬことを企んでいたかもしれないじゃないですか。」

と、お答えしました。

また彼女は、

「総本山で急に突風が吹いて窓ガラスが割れ、多くの人がケガをしたのは事実でしょうか?やはりこれも罰なのでしょうか?」

と質問されました。

僕は、

「それも事実かはよく分かりませんが、もし事実だとして、それは皆さん罪障消滅だったんじゃないですかね?そしたら功徳ですよ。」

とお答えしました。

次いで、今度は僕の方から、

「顕正会員で自殺される方がいるのを良く耳にしますよ。」

とお伝えし、知っている事例を何件かあげると、彼女は驚愕していました。

SPONSORED LINK

「信仰」について思うことを書き連ねてみる。

固定観念という頸木をなかなか取り払うことができずにいる彼女。その切実な心境を吐露する姿に、過去の自分を見たような思いとなりました。

勿論、法論となどという形式ばったものではなく、僕からは現時点での「信仰」に対する「個人的な考え」を率直にお伝えしたまでです。

「個人的な考えって何?」

では今回は、そのことについて僕の「ありのまま」を以下に書き綴っておきたいと思います。

「let it go!」

責任逃れの口実

何が「功徳」で、

何が「罰」で、

何が「魔障」で、

何が「罪障消滅」かは、

人によって解釈の仕方は多様であり、

ある事象を何に分類するかは、その本人の主観に委ねられます。

しかしその「基準」自体、実はどこかで誰かに植え付けられた「他人の価値観」によって推し測っているもの過ぎないのではないでしょうか?

「他人の価値観」のみをよすがに歩む人生ならば、それは即ち、「自己責任」を半ば放棄した人生に他なりません。

他人が説いた「真実」をインストールして、そのまま自分の「価値基準」データに取り込み、実装している人は、

同時に、自分の言動の「責任」から逃れるための「口実」を生成しているのです。

なぜなら、それが「真実ではない」と判明した場合、

「自分は騙された!そのことを説いた人間が悪なのだ!」

といって、責任を転換し、なすり付けることができるからです。

しかし、責めても責めても、当の他人はどこ吹く風であり、大概はそのまま泣き寝入りするしかありません。

カルトサーフィンの原理。

他人から貰った、価値基準を測るための「ものさし」を失った本人は、新しい「真実」を探し求めます。

自分の「ものさし」があることを忘れたまま、他人の「ものさし」を使い続けてきたので、急遽、代替が必要なのです。

ある人は、運良く、違う「ものさし」を与えてくれる人間と出会い、「これこそ探し求めていた真のものさしだ!」と歓喜雀躍して、そのまま利用するのですが、

やはり、「他人のものさし」であることには変わりがありません。

これがいわゆる「カルトサーフィン」です。

他人の「ものさし」を使わなければ何も測ることができないという人は、「ものさし売り」にとって格好のカモです。

彼らは、神や仏のロゴマークを掲げた「○○宗、〇〇会株式会社」のセールスマンです。

ニヒリズムのフェーズ。

「こっちのものさしの方が正確ですよ」と何度もセールスをかけられたり、

あるいは、何かをきっかけに「ものさし売り」が信用できなくなると、

自分の「ものさし」が、果たして本当に正確に測れるものなのかどうか良くわからなくなり、疑うようになります。

更に考えが進むと、

「絶対的に正確なものさしなど無いのではないか?」と考えるようになり、

そもそも「正確」とは何か?すらわからなくなります。

すると「ニヒリズム」の段階へ突入します。

「ニヒリズム」とは、これまで信じられてきた価値や理想や真理が無価値で無意味で虚しくなってしまったことを主張する主義です。

「絶対的な真理がある!」ということが真理だと信じていたのに、

「絶対的な真理などない」ということが真理だと気づいたからです。

信仰の帰趨。

「信仰」とは、煎じ詰めれば、「正しさ」の基準をどこに置き、どう定義するか。

という答えに行き着くのではないかと思います。

それはあくまで、本人が感じ、思うことであり、普遍的なものではありません。

どう感じ、何を思うか?

それのみが真実です。

哲学者のデカルトは、「我思う、ゆえに我あり」という言葉を残しました。

世の中の「あること」や、「あるもの」に必ずしも絶対性がないことをとことん疑い、追求していった結果、

揺るぎない事実に到達したのです。

それは、「疑っている自分の存在だけは疑いようがない」というものでした。

「今、自分が感じ、思うこと」以外は全て相対的。

これが真実です。

「今、自分が感じ、思うこと」の外に、絶対的、普遍的な真理などないのです。

ならば、

自分が感じ、思うままに「定義」されたものが正解なのです。

外のどこかに絶対的、普遍的な正しさを求めても見つかりっこありません。

それは自分の中に既に存在しているのであり、要はそれに気付けるかどうかです。

僕は、「日蓮ファン」ですが何か?

「仰せのままの信心」とか「普遍的な真理」を外に追求するのはもうやめませんか?

さっさと行動し、そのときに感じたまま「自分なりに定義」していけば良いのだし、必ずしもそれが論理的ではなくとも良いはずです。

だいたいそんなに聡明なのですか?

「自分が無知であるということ以外は何も知らない。」

と言った謙虚な哲人ソクラテスを見習うべきです。

「自分の定義」が真実だと悟り、ただ前に進めば良いのです。

「ニヒリズム」にいつまでも浸っている必要もありません。

所詮人間は感情の生き物ですから、極端な論理思考に陥ると心身に害です。

「好き」とか「嫌い」とか、

「楽しそう」とか「つまらなそう」でいいんですよ。

僕にとっての真実ですか?

それは「日蓮大聖人が好きだ」というだけです。

それ以上でもそれ以下でもありません。

法華経が釈迦滅後数百年後の産物だろうが、戒壇の大御本尊がニセ物だろうが、そんなことはどうだっていいんです。

それならそれでも良いのです。

僕はただの「日蓮ファン」です。

「日蓮大聖人サイコー!!」

何か問題でも?

真実はどこにあるのか?とか外に求めるのはやめましょう。絶対的な答えなんて永遠に出会えませんよ。

「下手の考え休むに似たり」

さっさと行動して、感じ、思うままに定義したら良いのです。

きっと素敵な明日が待っていますよ。

ニーチェの思想を著した書籍は沢山ありますが、この本はとってもオススメです。バカな僕でも良くわかりましたから。

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

『顕正会員とお会いしました。僕、「日蓮ファン」ですが何か問題でも?』へのコメント

  1. 名前:ハス 投稿日:2015/09/09(水) 12:25:29 ID:a4d1be9e3 返信

    とても共感いたしました。
    固定観念や真理とか
    また何かどちらか一方に極端に偏わるのでなく

    日蓮大聖人最高に凄い!
    お慕わしい〜!
    根底はこれだけです!

    何処がどう、誰がどうとか
    ナンジャラホイ

    経文や御書又は戒壇大御本尊様の偽造説なんぞ考えだした日にゃあ…

    古事記や三種の神器とかと
    同じ次元にいってしまいました。

    ただ大聖人だけは本当にありがたい!しか結局残らない。
    その心のみ真実です。

    ありがとうございます。

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/09/09(水) 22:33:50 ID:b04cc056d 返信

      ハスさんへ
      大変励みになります。
      心が「カルト性」で汚染されている人は、どこへ行っても何を拝んでも「カルト」の被害者です。
      外にある「存在」はみんな幻想ですから。不確かですし、常に移り変わります。
      こちらこそありがとうございました(^^)

  2. 名前:ハス 投稿日:2015/09/10(木) 00:21:54 ID:bd8a40a7c 返信

    ご返答有難うございます。

    所詮ウィキ知識ですが中論か何かに
    有でも無でもなく。
    ただ因縁、縁起によって形成され
    言語すらも仮に施設された事に
    過ぎないと。

    本来物質思想我々に決まった形などない
    全てに決まった形などない
    常に変化し因縁によって生じ
    因縁によって滅する

    本質がそうなのに
    人間は何か一方に偏ったりする
    極端に偏ると何かおかしくなる

    そんなところでしょうか?

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/09/12(土) 09:25:51 ID:5ab846414 返信

      ハスさんへ
      僕もその通りだと思います。
      「言葉」という道具もあまり当てになりませんからね。
      だからそういう意味で「文証」にも限界があると思います。
      というか、そもそもかなり曖昧なものですよね。
      文証をひいて殊更「絶対」を強調したがる人は、まず言語学なども取り入れて横断的に再考する必要があるのでは?と思うのです。

  3. 名前:ポリ銀 投稿日:2015/09/14(月) 17:30:04 ID:b23f1a288 返信

    この記事には本当にうならされました。

    他人のものさし、自分のものさし。

    私には、誰かに認められることへの願望が根源に存在しました。

    折伏できた人数が何人いるから偉くて、結果が出ないから劣っていて侮辱されても辛抱する。

    他人に自慢するために折伏するのか?

    でも、組織にいると必ずそうなってしまう。

    私は、宗教なしでは生きていけない精神的弱者です。

    それでも、宗教にはつねに葛藤が存在していると自覚しています。

    今のミミさんは、ブログを通じて信仰の真っ当さに近づきつつあるんだなって感じます。

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/09/14(月) 23:23:47 ID:5452b932b 返信

      ポリ銀さんへ
      そうですね。
      どうしてもシステム上、葛藤が付き物なので、
      ならば、なるべく闇からは目を逸らして、メリットだけ享受すれば良いのかなと思ってます。
      僕が真っ当な信仰に近づいているのかどうかは、また見る観点によって異なるんでしょうね。
      ただ言えることは、宗教というものに出会えて本当に感謝してます。
      そもそも感謝という行為が宗教的ですもんね。
      南無妙法蓮華経と唱えて、南無妙法蓮華経に感謝しておきます。

  4. 名前:(勝手に)顕正会代表 投稿日:2016/02/27(土) 03:35:51 ID:144037eaa 返信

    >何が「功徳」で、
    >何が「罰」で、
    >何が「魔障」で、
    >何が「罪障消滅」かは、
    >人によって解釈の仕方は多様であり、

    正宗系の一般的傾向としては、
    自身の信心故の行動での幸=功徳、不幸=魔障、罪障消滅
    他教他宗の人の信心故の行動での幸=魔の通力、前世の福運、不幸=罰
    …ですね ^^;

    是で「現証(出来事による証明)」としてしまうのですから、ある意味凄い理論です。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/02/27(土) 12:05:01 ID:185ca8074 返信

      勝さんへ
      功徳、罰、魔障、罪障消滅
      これらに対する教団の定義というのは、所詮、牽強付会の説でしかないんですよ。
      本質的には、この四種の定義は全て互換性があるので、実に利便性の良い言葉たちです。

  5. 名前:(勝手に)顕正会代表 投稿日:2016/02/27(土) 03:45:36 ID:144037eaa 返信

    >同時に、自分の言動の「責任」から逃れるための「口実」を生成しているのです。
    >なぜなら、それが「真実ではない」と判明した場合、
    >「自分は騙された!そのことを説いた人間が悪なのだ!」
    >といって、責任を転換し、なすり付けることができるからです。
    >しかし、責めても責めても、当の他人はどこ吹く風であり、大概はそのまま泣き寝入りするしかありません。

    >他人から貰った、価値基準を測るための「ものさし」を失った本人は、新しい「真実」を探し求めます。
    >自分の「ものさし」があることを忘れたまま、他人の「ものさし」を使い続けてきたので、急遽、代替が必要なのです。
    >ある人は、運良く、違う「ものさし」を与えてくれる人間と出会い、「これこそ探し求めていた真のものさしだ!」と歓喜雀躍して、そのまま利用するのですが、

    何か、モンパチの歌を思い出しました。「矛盾の上に咲く花」…。

    http://j-lyric.net/artist/a013bab/l00905b.html

    「人は弱し うわべ装い 心は裸 うわべは崩れる
    もろい裸 心はたやすく 傷付き 救い求めうろたえる
    頼れるもの探し しがみつく それの繰り返しが人の歴史
    小さすぎる世界観 大いなる自然にごめんなさい
    誰のせいだとか関係ない 気にするヒマあれば笑いなさい」云々…

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/02/27(土) 12:06:21 ID:185ca8074 返信

      勝さんへ
      モンパチ懐かしいですね~。
      小さな恋の歌と琉球愛歌しか知りませんがw

  6. 名前:愛国 清澄 投稿日:2016/02/27(土) 09:48:13 ID:aa496e6a0 返信

    おはようございます ミミさん 
    この記事ではたと気づかされて、コメントせずにおれませんでした(^▽^)/
    まるで私の事を見透かされているようで、怖くなりました(;^_^A

    しかし、至極当然の事で、私自身幼少時は「責任転嫁型」でした。これは楽であります。
    でも、己は己でしかないですよね?
    自分の決断した事であり、こう生きる!と決めた。この仕事をすると決めた。この人ととパートナーになると決めた。
    今の私の所属する”妙な感じがする講”は、O講頭に引きずられて、何かあれば「大聖人の仰せの如くに」「猊下の仰せの如く」で、これに反すれば謗法なんかな?

    私が入信時に勧誘…もとい折伏を受けた際、「清澄さんが仏法をかじっているのはよく分かりました。でもそれは邪宗・邪教のものですから、一切クリアにして下さい。」と言われました。これ、一般人に受け入れられるもんでしょうか?
    ミミさんの仰る通り、私もこの誰々の仰せの如くってのは、「自己弁護の為の逃げ道」と感じます…。「大聖人の仰せの仏法でないとダメ。日蓮○○でないと正しい仏法ではない。」
    己で責任を取りたくない、無責任人間を増やすだけかな、とは思い過ぎでしょうか?

    長文失礼致しましたm(__)m

    愛国 清澄 拝

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/02/27(土) 12:17:01 ID:185ca8074 返信

      愛国清澄さんへ。
      こんにちは(^^)
      「仏」とか出すだけで、そこには「権威性」という見えない力が付き纏うんですよ。
      何でもない、市井の人が「これが真理です」と提示しても、何の信憑性も説得力もないですが、
      「仏が」と付加するだけで、そこに人を動かす力を具えるんです。
      自社の商品が、そのままブランド名になると強いですね。
      例えば、コーラとかポストイットとか。
      団体の示す教理とは、あくまで、そこの人間たちが設定した、限定的な価値基準でしかないにも関わらず、
      これに「仏法」という名がついた時点で、とてつもない正当性を帯びるわけです。
      だれも、自宗の教義を「顕正会における教義」とか「日蓮正宗における教義」なんて思っちゃいないんですね。
      何の疑念もなく、普遍性があると大きな勘違いを犯しているんです。

  7. 名前:愛国 清澄 投稿日:2016/02/28(日) 10:06:31 ID:3718f5041 返信

    おはようございます! ミミさん 解説有難うございます。

    私も増上慢か知れませんが、これだから組織に属すると鬱陶しい、と感じてます。
    ”会合に来なければ謗法”実は私がご授戒させてしまった、母娘がいるのですが、会合なんて行かない、と言い張ってます(´;ω;`)

    こういう事が起きると、”魔だ(三障四魔)””難だ”と言われ、恐らく上層部は「来させなさい!でなければ清澄、罪障を積む事になるぞ!」って言うでしょうね┐(´д`)┌ヤレヤレ

    妙な感じがする講では、”後輩を退転させたら謗法”ってのがありまして。
    私はどこかで恐れてるのかも知れないんです。
    人が聞いたら笑われるでしょうね…。

    トチロ~さんには”落ちる所までしょうがないが一旦は落ちてもらうしかない”と、言われたんです。でもそうでしょうね。
    信仰って、絶対本人から起こるし、本人の為でしかないんですもんね?

    成仏の叶う叶わざるはその人の信心の厚薄によるべし…ってあったような。
    それが私の責任とか誰かの責任になってしまうんでしょうかね?
    そんな仏様はないと思います。衆生の苦しみを精一杯抜き取ろうとして下さるのが、仏様と思えてなりません。

    愛国 清澄 拝

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/02/28(日) 17:07:42 ID:4fb7655d8 返信

      愛国清澄さんへ。
      ”後輩を退転させたら謗法”ってw
      じゃあ、組織を統括する立場の人は、どれだけ後輩がいて、また、どれだけの人数を取りこぼしているのかという話でw
      それって上役になればなるほど罪障積むシステムじゃないですかw
      んなバカなw

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*