今回の逮捕事件に対する、元顕正会員諸氏(アンチ)の声まとめ。

平成27年10月5日。顕正会員が未成年者誘拐の罪で警視庁公安部に逮捕され、

本部会館等の家宅捜索に及んだ件について、

その報を耳にした元顕正会員ブロガー諸氏は、ネット上の各所にて一斉に声をあげました。

各位、言論の趣旨は概ね一致はしているものの、

それぞれのブロガー特有の表現が見られたり、見解、所感に若干の差も見られるので、

今回、まとめ記事を作成しておきたいと思います。

SPONSORED LINK

元顕正会員ブロガーたちの声。

瑠璃堂みうさんのブログ「七色十色 いつもココロに顕正ライフ」

顕正会逮捕報道2015・総論

元顕正会員(元総班長)として10年以上の長きに亘り顕正会をウォッチングし、都度見解を示してきた確固たる実績をもつアンチブロガー。

記事は現時点における情報を元に、非常に良く精査された内容で、

今回の逮捕事件の背景として、

近年「未成年者への勧誘が激増していること」に触れられ、

「中学生への勧誘の活発化」についても指摘しました。

また、

これを契機に、前衛的な捜査を敢行してほしい。
ひとつの事件から捜査の手を拡げて、本丸に迫ろうとする
当局の思惑は、陰謀でも不当でもありません。
懲りずに家宅捜索、そして浅井会長への聴取等により
会員を不法行為に煽り立てる組織の内情を明らかにしてもらいましょう。

と述べ、今後の公安部による捜査への期待を示しました。

山門入り口さんのブログ「星界の道~航海中~」

祝!顕正会家宅捜索

(※先方の規約に準じ、リンク先はトップページにしてあります。)

記事では、10月総幹部会にて、今回の逮捕者の「不当逮捕と戦って」と題した登壇が行われる予想を立てられ、

また、

家宅捜索するのなら税務署と共同でして貰いたい

と、公的機関への要望を示しました。

タカチョーさんのブログ「顕正会を脱会した人のブログ」より

【顕正会員逮捕!】勧誘目的の未成年者誘拐事件の報道を見て思った事

最近ブログを立ち上げ、精力的に更新をされている、新進気鋭のブロガータカチョーさん。

今回の件で特に不憫に思ったのは、逮捕された顕正会員達です。

20代後半、まだまだ前途ある若者なのに、自称アルバイトと無職ですか・・・

「勧誘ノルマ達成すれば功徳で好条件な仕事が必ず見つかる!!」と

幹部から日々指導を受けていたのかもしれませんね(´;ω;`)

顔付きで実名報道された彼らの未来はどうなってしまうんでしょうか。

顕正会の方でちゃんと責任をもって面倒見てあげて欲しいと切に願います。

として、元会員として今回の逮捕者を不憫に思う心情を明かすと共に、

会への責任を求める声を上げました。

セロリさんのブログ「顕正会から日蓮正宗法華講へ移ったブログ」より

「顕正会員の逮捕について」

通常は日蓮正宗の立場から言論されているセロリさんですが、

今回は無宗教の一般の方や、顕正会のことを少ししか知らない方に向けて書いてみます(「元顕正会員の立場」として書きます)

とのことです。

記事では、顕正会でこのような逮捕事件が度々起こる理由について、

1つは「顕正会浅井会長の指導」

2つには「顕正会組織の体質」

これが『間接的』に影響しているとして、後にそれぞれの詳細について見解を述べています。

1の理由については、会員の「使命感」を高揚させる扇情的な会長指導についての指摘、

2の理由については、勧誘ノルマ達成にこだわる内部の「締め付け」の体質と、

表面的な「数字」のみを追い求める「数集め」の体質について。

過去記事ではその内容に関する資料を掲載するなど、具体性のある説明がされており、

ブログ自体が参考資料として大変有用なツールに仕上がっています。

いおなずんさんのブログ「いおなずんの部屋」より。

「緊急ブログ顕正会の闇」

「折伏という大義名分のためなら何をやっても良い」

という現在の顕正会の実態について述べ、

このままでは、

「誰も相手にしてくれなくなるので仏法を弘めるどころではなくなってしまいます。」

と、顕正会の閉ざされた展望について指摘しました。

更に、

これが今の顕正会の実態です。未活動とはいえ顕正会員であることが恥ずかしいです。

と、事件に伴う切実な心情を吐露されています。

愛奈さんのブログ「仏法のおはなし」より

「顕正会員の逮捕」

幸福という「目的」のための「手段」であるはずの活動が、

いつの間にか「目的化」していること。

また加えて、そういった「宗教組織」の本質についての指摘や、

それに個人が踊らされてはならないという戒めを喚起されています。

釈迦は自灯明・法灯明という言葉を残しました
天台大師は心地は九識・修行は六識と述べています
また日蓮は仏法を知るものは世法を得べきかと述べています

己の行動や生き方を常に考えて省みながら進んでいく
この為には思考停止してはならないし常に考えていかねばならない

自分の人生の船頭は自分なんですからね

個人的には「特定の信仰を持つ方々」に是非一読をオススメしたい記事ですね。

「巌虎独白」より

「秋の井戸端会議」

こちらでは他のブロガーたちには見られない「報道機関」への指摘が挙げられています。

FNNで放映された10月5と10月8日の内容の相違について、不審を感じるとし、

これが顕正会がらみの事件のショボさなのである。ゆえに報道関係者もモチベーションが上がらず、ヤッツケ仕事でニュース映像をこしらえて流してしまった。たぶん、こんなことは日常茶飯事なのだろう

との見解を記しました。

たんぽぽさんのブログ「顕正会を辞めたけれど…心の整理してみませんか?」より

【顕正会】またでちゃったね(-_-メ)

現役顕正会員の心を奥底へ訴えかけるような、思いやりに満ちた文調が特長的な「たんぽぽ」さんのブログ。

本当に胸が痛みます。

顕正会勧誘のせいで 前科がつくって、とてもやりきれなくなります。

と、犯罪に手を染めてしまった現役会員たちを不憫に思う心情を記し、

若い人の人生をめちゃめちゃにするのだけは辞めてほしい。

と、顕正会体質を批難する声を上げました。

SPONSORED LINK

法華講サイドからも。

 ポリ銀さんのブログ「宗教的な、あまりに哲学的な」より

顕正会員がまたまた逮捕されましたね。実乗の一善に帰せよ!

こちらは顕正会の母体である日蓮正宗サイドからの声。

日蓮正宗信徒の側からは他にも、顕正会から日蓮正宗への帰還を促す声が多数上がっておりますが、(※顕正会は昭和49年に日蓮正宗から破門されている)

その中におけるブロガーとしては「ポリ銀さん」が大御所(ブログの規模、情報拡散能力の面で)なので、こちらに絞って紹介させて頂きます。

顕正会には諸天善神の加護がありません。

これは私が身をもって体験しました。

破門前の創価学会には少しだけありました。

これも私が身をもって体験しました。

法華講にはきちんと賞罰正しき現証があります。虫のいい御利益だけではありません。しかし、実感でき確信を持つことができる、諸天の加護があります。

として、あくまで信仰の上から現役会員に対する切実なる声掛けが行われました。

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です