顕正会を脱会した「元総支隊長補」さんがブログを開設!

たまたま発見したので、取り急ぎご紹介まで。

ブログタイトルは、

「幻の総支隊長のブログ」

ということで、なぜ幻なのかはわかりませんが、

先月末に顕正会を脱会され、日蓮正宗へ入信された方が「アメーバ」にて開設されたようです。

「総支隊長補」といえば、大幹部ですね。

こういった方が、顕正会に見切りを付けて、正宗へ移るのですから、

前回記事の班長会結集人数の減少なども併合して考えると、

いよいよ顕正会も、長年の安定状態から徐々に衰退期へとシフトしてきている感がありますね。

とはいえ、それでも何だかんだ、しぶとく生き長らえていくのでしょうけど‥。

幻の総支隊長さんは、顕正会の転換期である平成11年より前の入信ですから、

余計、現在の顕正会のベクトルに対し、疑念が生じ易かったのかもしれませんね。

SPONSORED LINK

顕正会の転換期と言えば?

それは、平成11年に浅井会長によって宣言された「御相承の断絶」ですね。

日蓮正宗の「血脈」を「肯定」する立場から、「否定」へと180度反転してしまったわけですから、

これにより、会の存在理由、最近の浅井さんの言葉を借りれば、会の「レゾンデートル」が変わってしまったのです。

僕の入信は平成11年よりももっと後、その頃は既に「克衛さん」すら退陣した後ですから、

正直「日蓮正宗」に対してほとんど知識も興味もありませんでした。

ですから勿論、「合流」などという概念もなく、

「日蓮正宗など既成仏教の宗派と同程度」

くらいの感覚でしかなかったわけです。

つまり、平成11年辺りを境に、その前と後の入信者では、日蓮正宗に対する意識、認識も異なるということですね。

創価学会でも同様のことが起こっていますが、

顕正会、創価学会員共に、今後はますます日蓮正宗からは遠ざかっていくと思われるので、

「日蓮正宗に帰伏」という流れは縮小していくのかもしれません。

ブログでは日蓮正宗の正統教義の立場から、

顕正会の誤りについて滔々と述べられています。

顕正会から日蓮正宗への移籍を考えている方においては、

是非ともチェックしておくべきブログですね。

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

『顕正会を脱会した「元総支隊長補」さんがブログを開設!』へのコメント

  1. 名前:幻の総支隊長 投稿日:2015/09/18(金) 16:09:29 ID:a3636dcb6 返信

    見つけていただきありがとうござます!

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/09/19(土) 11:17:18 ID:0d3d02cef 返信

      幻の総支隊長さんへ
      どういたしまして(^^)頑張って下さい!

  2. 名前:幻の総支隊長 投稿日:2015/09/19(土) 12:09:36 ID:fc573f21b 返信

    ミミさんは!あのツイッターのミミさんですか?ならばツイッターで何度かお見かけしています。
    まぼろしのDJと言います。

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/09/19(土) 19:46:34 ID:0d3d02cef 返信

      幻の総支隊長さんへ
      そうです。ミミ@宗教法人顕正会脱会というアカウントです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です