世間から見て顕正会員が「どんだけ気持ち悪いか」を実感しました。

先日、あるブログを閲覧していたら、凄く共感できる記事があったのでコメントを入れてみたんです。

そのブログの執筆者は、僕と同世代の男性の方。ブログの内容は別に宗教関係とかではなく、フツーな感じです。(結構アクセスはあるようです。)

ブログの開設時期もおおよそ重なるので、

なんかこう~、「仲良くなれるかなっ?」みたいな軽いノリで話しかけてみたわけです。

ファーストコンタクトなので、言葉はある程度慎重に選びましたよ。えぇ、決して粗相があるといけないので。

さて、どんな反応があるかなぁ~?と密かに返信を心待ちにしていた僕。

ページをブックマークして、定期的にブログに通ってまめに確かめる僕…。

SPONSORED LINK

さて反応は如何に!?

次の日。

返信なし。(僕のコメントのみが虚しく残っているだけ。)

さらに次の日。

返信なし。(僕のコメントのみが虚しく残っているだけ。)

さらに次の次の日。

返信なし。(僕のコメントのみが虚しく残っているだけ。)

う~ん…。

一週間後。

返信なし。(僕のコメントのみが虚しく残っているだけ。)

忘れていた頃に。

何度足を通わせても無反応なので、まぁいっか。と半ば忘れていた頃(多分二週間くらい経過している)

「フッ」と思い出し、再度覗きに行ってみると。

129154

ガーン。(↑なんだこのキャラは?)

虚しく残っているはずの僕のコメントすら「無い。」

と、いうことは…。

コメント欄が「閉鎖」されている。

さては僕のことを現役顕正会員だと思ったな!?

別に溜飲を下げる目的で書いているわけではないんですが、

一応、返信くらいしてくれてもいいんじゃないかなぁ~。

まぁ、返信しないなら返信しないで、それはそれで忙しいのかなぁ~とか、

気付いてないのかなぁ~、と思うわけです。

しかし、相手が行った対処は、(恐らく)コメントを確認した後、

「コメント欄自体の抹消」

でした。

ブログのURLを貼っておいたので、(コメントを確認したのであれば)当ブログにアクセスしているはず。

ということは、

現役顕正会員と勘違いしたのだろうと思われます。それかまぁ日蓮正宗信徒(これはプロフィールにも書いているし、一応は事実ですが。)

そんなにじっくり見ないでしょう、多分。やはり顕正会員だと思ったんじゃないかなと。

そして、コメントの投稿が、

「宗教の勧誘活動の一環かもしれない」

と思われた可能性が大きいです。

確かにまぁ、気持ち悪いですよね。

そりゃ、「顕正会」と聞けばまず「何ソレ?」となる人がまだまだ世間には多いでしょう。

ならば、まず調べますよね。

大抵の人は信用度の高い「Wikipedia」あたりを確認すると思います。

kouann

「注意を要する特異集団」。

「これは、まずいなぁ~」と思いますよね。

例えば「私はアレフの人間です。」というプラカード下げた人が「こんにちは~」って話しかけてきたら、

「ゾッと」しますし、

「ぶるぶるぶるぶるっ!」

と鳥肌が立つと思います。

隙をみて逃げますよ、きっと。

何だか現役時代に舞い戻った気分でした。

顕正会員という立場を人に明かしただけで「気持ち悪がられる」という、悲しい現実。

もうそれだけで、日常的にかなりストレスフルだったんですね。

やっぱり…。今後はカテ違いの人にコメントを入れる場合は「もう一つのブログ」のURLを貼ろうと思います。

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*