もう顕正会に、「本尊は、要らない。」

先日、顕正会の会館に「本尊を安置する必要がない」と思う理由についてお話しましたが、

その要点について少しばかり振り返ってみたいと思います。

SPONSORED LINK

1、二大秘法じゃ仕方ない。

まず、「大御本尊と直通」という彼らの信条を忖度し、立脚した場合、

遥拝であれば、即ち、その場は「義の戒壇」となり、教義的矛盾無く、三大秘法の実践ということが成立するが、

会館、及び自宅拠点安置の本尊と、戒壇本尊との関係において、その紐帯としての位置付けを示す教義が欠落している以上、

戒壇本尊との直通に該当しないケースでは、その形態の中に「戒壇」の義を見出すことができない。

つまり、戒壇義の欠陥を解消して、

キチンと系統立てた教義を再構築したいのであれば、「遥拝」の一本化を図るべきだ。

ということ。

2、妙縁寺にそんなに大量の本尊があったわけないでしょ。

それから、会館安置の本尊、及び、自宅拠点に下附に充てる本尊を、

「妙縁寺に秘蔵されていた数百幅の中の何れか」

であるとして、その絶対幅数が超過している現在の状況について一切の釈明を加えることなく、事実を隠ぺいし続ける。

そこへきて、更に、拠点の拡充が推進されることにより、その欺瞞体質はより粗悪な状況を呈していく。

その面の皮の厚さといったら、まさに「毒食わば皿まで」。

執行部に対する、会内部への信用を失いたくなければ、

早々に自前のコピー品であることを公言すること。

しかし、その気は無いようなので、だったら潔く、本尊を撤去するのが筋である。

ということです。

SPONSORED LINK

自宅拠点拡充に伴う、本尊大量配布の意図。

今回、浅井会長が大々的な自宅拠点の拡充に乗り出したのは、他でもなく、

「広宣流布をダイナミックに進めるため」

としていますが、要は、

入信勤行を行える場所を増やすことで、その儀式のために、わざわざ現場から遠出させる負担を軽減させ、

勧誘の成約率の向上を果たすための、いわば「インフラ整備」なのだと言いたいわけでしょう。

ただし、穿った見方をすれば、本尊下附と同時に仏具セットを販促することで、一儲けしようという肚が前提にあり、

さらに「入信報告書偽造」の首謀者の頭数を増やし、「虚偽の報告」を暗に提起することによって、

勧誘成果に下駄を履かせ、これを「空前の折伏成果!」などと内部に向かって喧伝すれば、

活動家たちの自己効力感の向上にも貢献する、との副次的な目論見も潜んでいるものと思われます。

そこらへんについては、過去に詳しく書きましたので良かったら参考に↓

自宅拠点の増設と本尊の増刷。経机や過去帳の販促の意図を探る。

聖域としての会館。

「本尊は、要らない」

なぜ、僕がそういう極論に辿り着いたのか?

確かに、会館に足を運び、本尊を拝することで、視覚から信仰心が喚起され、

そこに安堵感や恍惚感などといった、信仰の醍醐味が得られることは一切、否定しません。

雨の日も、雪の日も、会館の本尊はいつも変わらずそこに座し、圧倒的な存在感で勇気と確信を与えてくれました。

時には、向かう道中、くつの中がびしょ濡れになっても、凍えるような寒さに身が悶えても、

本尊を拝した途端に、苦労は報われ、その包まれるような温かさは、貴重なひとときと、救いをもたらしてくれました。

足繁く通った思い出は、今もなお鮮明です。

会館を、本尊を汚すな!彼らのピュアな信仰心を唾棄するな!

しかし、

あくまでそれは「会館に赴かなければ得られない体験」だったわけで、

今回、会長が打ち出した、「事実上、全会員に下附」という方針は、

従来保たれてきた、参詣の有難味や、本尊の価値そのものを「ぶち壊す」ことに繋がるのです。

モノやサービスは、市場に出回る数が増えれば増えるほど、相対的に価値が低下していくように、

無制限に本尊をばら撒けばばら撒くほど、希少性の意味で、有する「宗教的価値」は失われていきます。

信仰団体というのは、本尊に対する信仰の下に結束が成り立つべきであって、

その本尊への信仰心を虚弱にさせることは、やがて組織の崩壊をもたらします。

つまりこれは彼らにとって、決して賢い選択だとは言い難いわけです。

しかし、眼前の窮状を打開するためには、本尊を刷り続けるしかない。

もう「欺瞞の肥大化」という回り始めた歯車を止める術はないでしょう。

欺瞞体質は沢山の悲劇と怨恨を生み出します。ネット上に蔓延する、脱会者による嵐の様な罵倒は、そのことを如実に物語っています。

ならば、全く逆の発想で、

「本尊など無くしてしまえば良いのです。」

「大聖人は、特定の人間の利己心や我欲のために、本尊を書き残したわけではない!」

本尊も浅井さんも「飯の種」になるくらいなら、その身を隠すことを望んでいるかもしれませんよ?

なぜ僕は「本尊は、要らない」など言うのか?

大体にして、なぜ僕が顕正会に対して、いちいち、そしてネチネチと容喙するのか。

それはやはり、顕正会が、「自己」というものを醸成してきた環境だったからであり、

今回の本尊のばら撒きに関して言えば、

そのことを聞いた時、何か、アイデンティティーを侵害されたような怒りをもよおしたわけですよ。

顕正会を「カルト」ではなく、あくまで自分の信仰心を修養した場、信仰団体というピュアな側面から捉えた上で、

この言論活動は、ある種、「義憤」のようなものなのかもしれません。

「カルト」と見れば「叩くべき」。

しかし「自己アイデンティティー」と見れば、そこには親近感というか、やたら悪し様に扱えない面もあるわけで、

そういった「アンビバレンス」な感情を抱えた上での情報発信というのは、他のアンチ・ウォッチャーさん達にも、多かれ少なかれ、同様に当てはまることではないかと思います。

営利の具としているのは自分でしょ。

浅井会長は母体である日蓮正宗に対し、「戒壇本尊を営利の具に使っているからけしからん」

などと言って非難していますが、

他山の石として己を律する態度が見られない限りにおいては、他を批難する資格などないでしょう。

でも、本尊がなければ、入信勤行ができないと?

いえいえ、そんなはずはありません。

では次回、カウンターエビデンスを示すと共に、現在の形式に替わる、新たな案を提言したいと思います。

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

『もう顕正会に、「本尊は、要らない。」』へのコメント

  1. 名前:元会員 投稿日:2016/02/24(水) 23:25:09 ID:a9eaf4bc3 返信

    本尊は浅いセンセです。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/02/25(木) 21:47:22 ID:c56c3587f 返信

      元会員さんへ
      上役になればなるほど、そういった趣は顕著になるのかもしれないですね。

  2. 名前:あまみ 投稿日:2016/02/25(木) 09:08:01 ID:079e67ff2 返信

    最近、毎日悪夢続きです。幹部に脅されてるシーンとか色々と潜在意識に刷り込まれてるからか、なかなか消化出来ません。私もけんしょう活動は青春を潰してやっていたのと、自分の価値観も形成されたので根本から全て入れ替える事がこんなにもしんどいのかと…。全てをまた1から築くのは大変な作業ですね

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/02/25(木) 21:53:00 ID:c56c3587f 返信

      あまみさんへ
      こんばんは(^^)
      辛労お察しいたします。「1から」ですか‥、僕は何もそこまで気負うことないのかなと思います。
      過去に形成した価値観は、メモリの奥の方にキチンとバックアップされているので、再び引き出してあげることが大事ですよ。
      知ることで、解消される問題も多くありますから、ゆっくりと吸収していけば良いと思います。

  3. 名前:唯ちゃん 投稿日:2016/02/25(木) 17:40:47 ID:b9e40f6fe 返信

    偽本尊だと仰ぐ意味もないし 私の数年間はなんだったんだ!自分の心に宿る何かにすがっていたのか?と意味の分からん自問自答してます。とにかく疲れたのでミミさんのおっしゃるように しばらくブログも離れて旅にでもいこうかな。暖かくなってきたし。タカチョーさんも同じこと言ってたし。熱心な顕正会員さんも 鏡をみて自分の顔つきが悪いとか目が血走ってたらゆっくり温泉でも入ったらどうかな。人生一度だけだよ。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/02/25(木) 22:01:36 ID:c56c3587f 返信

      唯ちゃんさんへ。
      こんばんは(^^)
      旅に出てリフレッシュすることは、精神衛生上、重要なことだと思います。
      斯く言う僕も旅好きで、先週の日曜は、軽井沢でとてもいい感じの温泉に出会えました~(^^)
      熱心な会員さんも、連続性の中に信仰の熱を維持しているわけで、少しインターバルを挟むと、すんなりMCが解けたりするんではないでしょうか。
      僕を顕正会から救ったのは、直接的にはセロリさんや妻の助力があってのことですが、間接的には、ブラック企業に入社してしまったことや、日課となっていた猫の散歩による影響というのも軽視できません。そこら辺の経緯なども含め、ブログに記事としてまとめようかなぁ~なんて考えてます。

  4. 名前:ユタ 投稿日:2016/02/25(木) 21:18:49 ID:adf6b2825 返信

    「顕正会での思い出が楽しいものだった私と、ここに書かれている方々や幻の総支隊長さんなど、悪夢や吐き気に苛まされている人達との違いって何なんだろう……?ただ単にどこの組織に所属したか、だろうか……?」

     もちろん、私にも罰はありました。
     健康上では安倍総理と同じ病気になり、仕事上では窓際に追いやられてリストラ候補にされるなどです。
     偽本尊ですから、いくらすがっても救済は確かにありませんでした。
     そういった意味では、確かに宗門の御本尊の方が功徳はあると思います。
     病気に際しては公的支援を受けられるようになったため、新薬を難無く手に入れることができましたし、仕事上でも複数の国家資格を全て一発合格できて窓際から脱出することができました。

     ですが、顕正会で信心したからこその正法への縁であることを考えると、決して落ち込む必要は無いと思います。
     私も顕正会活動で高校時代の友人を全て無くしましたが、大人になってから結局疎遠になったことを考えると、私にはそんなに大した損害ではなかったわけです。
     今はお辛い方もいらっしゃるでしょうが、どうか前向きに生きてください。

     昨年、顕正会の紹介者を折伏しに行こうとしたところ、その家が空き家になっていました。
     いつの間にか引っ越してしまったようです。
     電話も通じず、どうしようかと思案していたところ、スーツ姿の男性2名がやってきました。
     聞くと、金融の人達だそうです。
     具体的な金額は教えてくれませんでしたが、こうやって2人で取り立てに来るところを見ると、その額は【お察しください】。

     金融関係者に何の連絡も無く引っ越す。
     つまり、“夜逃げ”ですね。
     その前に私は紹介者に折伏の手紙を送っていたのですが、郵便局から返って来てしまったので、向かってみたらこのザマですよ。

     自動的に私の“復讐”は完了していたようです。
     今でも紹介者と紹介者の家族は、行方不明です。
     興信所に相談するレベルと思われます。
     もちろん、そこまでする気はございません。
     ですから皆さん、せめて顕正会の紹介者に“復讐”してやる気持ちで良いと思うので、どうか落ち込まないでください。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/02/25(木) 22:09:08 ID:c56c3587f 返信

      ユタさんへ
      読者の皆さんへのメッセージありがとうございますm(__)m
      あえて僕の意見を挟ませてもらうと、
      人間である以上、怨恨や憎悪を拭えないのは仕方のないことでしょう。
      なので、如何に発散、そして昇華させるかがポイントになるのかなと。僕の場合もこうやってキーボードに恨みを打ち込んでいますので。
      ただ、あまりストレートになってしまうと、パラパラなんちゃらのような醜態を晒すことになるので、人それぞれ、自分に合った矛先と方途を模索していくことは大事かもしれません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*