【群馬】における顕正会の動静。拠点は高崎の1カ所のみ。

新潟県や関東の首都圏に比べるとやや勢力は劣るものの、

現在も割と活発な布教が展開されているのが群馬県です。

SPONSORED LINK

群馬会館。

高崎市の新後閑町に建っている「群馬会館」が現在の群馬顕正会員の拠点になっています。

位置は、国道17号線と新幹線の高架線がちょうど交差する辺り。

↑は高架線下から見た群馬会館。車で行くと国道17号からは進入不可な為、わざわざグルッと周って行かなければならないという不便さ。

駐車場について。

車社会の群馬県では会館へも車で行かれる方がほとんどですね。

駅から歩けないこともないですが、20分くらいかかると思われます。

駐車場については、河川敷が無料なのでそこを利用する会員さんが多いですねぇ。

↓は国道17号線からみた群馬会館。

夜間にはこっそりと高架線下の道路傍に路駐する人が結構多いんですよねぇ…。

もし用事があって行かれるという方は、間違っても便利だからといって近くの「フジマート」には停めないように…。

日曜日の午前中には高架線下のスペースに会員たちがわんさか集まって打合せをしている光景を見ることができます。

旧高崎会館。

元々は高崎市栄町辺りに会館があったようでして、

現在の群馬会館というのは、平成18年12月10日に開所式が行われ、旧「高崎会館」に代わって新設されたものです。

高崎会館はビルのワンフロアを借りただけの随分ショボいものだったらしいですね。

↓ここらにあったようです。

日曜の朝、道路向かいの「ローソン」に顕正会員たちがたむろしている姿が目に浮かぶようです。(笑)

ちなみに現在の会館が建った時期というのは、僕がちょうど顕正会で活動し始めた頃の話でして、

僕が初めて参列した顕正会館の入仏式(開所式)がこの群馬会館なのです。

わざわざ都内から車で乗り合わせ、大挙して向かったことは記憶に新しいですね。

そういえば帰り途中、上長にミニストップのベルギーチョコソフトをおごってもらったんでした。

それと、ちなみに渋川市にもビデオ放映などを行っている拠点が存在していたようですね。

一説には、駐車場がなかったため、近隣住民からクレームが殺到してやむなく閉鎖したとか。

前橋市にもそれなりに立派な拠点がありましたが、拠点を管理している方の「入信報告書の偽造」がバレたみたいで、その頃からビデオ放映等での使用を中止しています。

(※参照リンク↓)

【顕正会の「会員数」について。捏造された「170万。」】

SPONSORED LINK

群馬県における顕正会信者の「数」。

さて、気になる会員数ですが、正確なところはわかりません。

その理由は上に貼ったリンク先をご覧になって頂ければわかると思います。

まずは「公称会員数」を示した分布図を確認してみましょう。

顕正新聞 東日本における会員数一覧

群馬県は、「49,714名」となっています。(顕正新聞平成26年元旦号)

このときの群馬県の県民総数は「1,982,099人」ですので、

単純に計算すると、群馬県民の40人に1人くらいの割合で顕正会員ということになります。

そんなにいるはずないですよね‥。

とはいえ、群馬県民というのは、「かかあ天下」と呼ばれるくらいですから、

「婦人部」が強そうな印象です。

ひとまず、婦人部の中で群馬を拠点に活動している組織を列記してみましょう。

・群馬支区

・高崎支区

・伊勢崎支区

・桐生支区

・前橋支区

・上毛支区

と、平成27年8月時点で「6箇支区」の体制。

「11箇支区」もある新潟県などに比べれば圧倒的に劣るものの、

全国的にみれば、やはり活発な地域には違いありませんね。

一応、平成27年の「5~7月」にかけて実施された勧誘強化機関(顕正会では法戦と呼ぶ)では、

これら支区の成果合計は「190名」となっています。

これが多いか少ないかはわかりませんが参考までに。

コメント募集中。

群馬地域における顕正会に詳しい方、あるいは群馬エリア内における勧誘の体験談など、

下のコメント欄にて情報を提供して頂けると嬉しいです。沢山の投稿をお待ちしています。

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

『【群馬】における顕正会の動静。拠点は高崎の1カ所のみ。』へのコメント

  1. 名前:メリア 投稿日:2015/11/03(火) 00:07:04 ID:71b1b7d21 返信

    初めまして。
    現役顕正会員のメリアと申します。
    県内在住で所属組織も群馬ですので、最寄りの会館も群馬会館になります(自宅からは1時間弱掛かりますが・・・)
    私は平成15年の入信なので高崎会館時代も知っています。高崎会館、確かに狭かったですね。(ビルの入口も階段も下駄箱スペースも茶寮も礼拝室も全て・・・)
    ご指摘の通り群馬は車がないと不便な地域なので自分も含めて会員も車を使う方が多く、日曜勤行の時は早朝から駐車場争奪戦でした。お向かいの某コンビニ様や近くの某スーパー様(こちらはつい最近閉店してしまいましたが)からは迷惑駐車の苦情がよく来ていたようで当時の管理主任からしょっちゅうお叱りを受ける会員もいましたね。
    現在の場所に移ってから数年間は駐車場問題は変わらずでしたが、最近は会館付近に月極駐車場が増えたので昔ほどではないですよ。(ただビデオ放映がある時は近くのスーパーに勝手に停めて衛護隊に注意されてる方も見かけます)
    前橋の自宅拠点はいつの間にかビデオ会場一覧に載らなくなっていたので、どうしたのかと思っていたらそんな事情があったのですね・・・。確か責任者の奥様が女子部の支区長だったか支区長補だったかをされてたような気がします。
    ちなみにご存知の通り、会館周辺は住宅密集地ですので今も時折ご近所の方から諸々の苦情があります。

    長文失礼いたしました

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/11/03(火) 00:18:02 ID:7f2b34ccb

      メリアさんへ
      初めまして(^^)
      おぉ!濃密な情報ありがとうございます!感謝します!
      なるほど、旧高崎会館はそんなに狭かったんですね。僕はH18年入信なのでそこら辺の事情については全く存じませんでした。
      前橋拠点の閉鎖理由は間違いないと思いますよ。
      ちなみに僕も会館周辺で近隣の迷惑に当たる行為というものに多少なりとも覚えがあるので‥。会館の方へクレームが入っていたのかもしれません(^-^;

  2. 名前:唯ちゃん 投稿日:2015/11/05(木) 17:51:45 ID:3b42be9ac 返信

    旧会館は今はない競馬場の近くにあって 三毒好きの私は競馬帰りにちらちらみました。カンバンを見るだけでも功徳があるそうなので?たまに行くと貸しビルの2,3Fにありました。1Fに建築会社が入ってましたね。状況から路駐や隣のコンビニにこっそりでひんしゅくを買ってそうでした(笑)あと安中のセキチューあたりで女子部がカンギョウ書を配ってたりしたのを昔見ました。

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/11/05(木) 20:59:57 ID:f37430cfe

      唯ちゃんさん
      貴重な情報ありがとうございます!
      競馬場の近くって、本部会館みたいですね。あちらは競輪場ですが。
      やはり!いつでもどこでも顕正会員は路駐の常習犯だったのですね!(笑)
      活動家の場合、会館へ行く頻度が高いので、駐車場代はバカにならないですからねぇ。事情はわかりますが、ルールは守ってほしいですね。(とエラそうに言いつつ現役時代は時々当事者でした)
      セキチュー付近で配布して一体どうしようっていうんですかね(笑)せめて宗門末寺付近で、くらいの気概を見せてほしいもんですね。

  3. 名前:いおなずん 投稿日:2015/11/07(土) 22:40:10 ID:88aa86d72 返信

    こんばんは。
    私は婦人部の折伏で入信したので二ヶ月ほど婦人部にいました。
    婦人部の方はとてもよく喋る喋る。
    そして、顕正新聞を読んでは昼過ぎまで喋っており、それから日没までの間勧誘活動してました。(時間は男子部に比べて短いです)
    なのに、あっという間に群馬婦人部ができるところまで拡大してしまいました。

    群馬の顕正会は、とにかく男子部が弱すぎる。
    知っての通り群馬女子部・群馬婦人部はあっても、未だに北関東男子部のままです。

    そして、北関東男子部を率いるのが、あの有名なA総務です。
    かつて、樋田氏との法論から遁走したあの人です。(声質と語り口から推測)
    A総務とはよく話をしていましたので。

    これがつい最近まで顕正会員だった群馬の顕正会に対する印象です。

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/11/08(日) 01:49:14 ID:7a0191cb6

      いおなずんさんへ
      こんばんは(^-^)
      婦人部から勧誘を受けて顕正会に入ったんですね。本当に顕正の女性は良くしゃべります。日曜勤行の後の本部の茶寮などを覗くと圧巻です(笑)
      「有難いですよね~」のニコニコ攻撃は破壊力抜群です。
      なるほど、男子が弱いんですね。確かに、太田在住の役職勤めの隊長さんは柔らかそうな雰囲気です。
      A総補はちょっと人物特定できませんが、知り合いだったんですね。
      色々と貴重な情報ありがとうございました。

    • 名前:(勝手に)地涌の流類 投稿日:2016/04/24(日) 02:16:36 ID:29cf60a14

      私の実体験でも、婦人部の人の方が法義も詳しく、功徳体験もびっくりするような凄いものでした。それに引き換え男子部は…。
      創価でも、最強は婦人部であるとか。若しかしてエホバでも?
      宗門はどうですか?

  4. 名前:さくら♪ 投稿日:2016/01/12(火) 18:17:44 ID:b31bc3f5e 返信

    ミミさん、今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

    高崎会館には私は2回ほど行きました。
    会館内に食事する所があって便利だなぁなんて思っていましたね(笑)
    婦人部区長はエホバから顕正会に入り男子部と再婚されたようです、6年前の情報になりますけどね。

    そう言えば、入信勤行は前橋の50号線のすぐ側の一戸建ての家だったと思いますが、折伏に行こうと思ったのですが場所がよくわからなくなり実現していません・・情報があったら教えて欲しいです。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/01/13(水) 21:51:56 ID:d3d971cc9

      さくらさんへ。
      おー!さくらさんお久しぶりです(^^)
      今年も宜しくお願いしますm(__)m
      高崎会館は狭かったと聞きましたが、一応そういうスペースも用意されていたんですね。
      そこの拠点は、昔ビデオ放映会場にもなっていたので、過去の顕正新聞を漁れば情報があるかもしれないですね。

  5. 名前: 投稿日:2016/04/18(月) 10:42:04 ID:510b5b250 返信

    男性S.Hさん
    いますよね??

    信仰熱心な方ですか??

    情報下さい。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/04/18(月) 22:26:42 ID:0ef67538f

      Mさんへ
      初めまして。
      いや、ちょっとそのイニシャルだけだと判りかねますね。
      ちなみに僕、現役時代は埼玉の組織の所属だったので、群馬の会員については正直あまり詳しくないんです。すみませんm(__)m

  6. 名前:(勝手に)地涌の流類 投稿日:2016/04/24(日) 02:25:14 ID:29cf60a14 返信

    あ、そうそう、創価の猛者である沖浦克治氏が、「顕正会員は臆病だから誰も私に挑んできません。誰か私に挑んでくる人はいませんか(趣意)」といった事を仰っていたのですが、残念ながら私には信州の顕正会員の知り合いがいません(沖浦氏は信州在住です)。

    活発に活動している信州の顕正会員の方を御存知ないですか?若しそういう方が知り合いに居られたら、その人の(法戦用に準公開している)連絡先を教えて戴けないでしょうか(メールアドレスとか)。

    準公開とは言っても、流石に掲示板に載るのはアレなので、私宛にメールで教えて戴ければありがたいです。(顕正会の弘法活動なのに、法華講の方に協力をお願いしてしまっている頓珍漢さは重々承知しているつもりです)

    • 名前:山門入り口 投稿日:2016/04/24(日) 22:41:07 ID:0dc6f0b07

      顕正会の正義を証明するために、ご自身で行かれればいいでしょう。
      それか、沖浦さんに来て貰うかですね。

      また、自身の所属してる組織を通して、長野の支隊長に連絡をして貰うとか方法はいくらでもあるでしょう。
      でも、臆病な顕正会員ですから、絶対に沖浦さんとの法論はしないでしょうね。
      まして、沖浦さん辺りには顕正会員の教学では太刀打ちできませんよ。

    • 名前:(勝手に)地涌の流類 投稿日:2016/04/26(火) 12:07:10 ID:43a1c9ab4

      山門入口殿 こんにちは

      >顕正会の正義を証明するために、ご自身で行かれればいいでしょう。

      行くのは大変なので、ネットでやっています。メールや掲示板で。
      戒壇御本尊だとか唯受一人の(御書のみからの)証明は中々難しそうですが、その他の論点は全て勝っているつもりです。

      >それか、沖浦さんに来て貰うかですね。

      ちょっと、遠いですね。沖浦殿も忙しそうだし。まあ、東京へ用事がある事があれば、ついでにとかはできそうですね。

      >また、自身の所属してる組織を通して、長野の支隊長に連絡をして貰うとか方法はいくらでもあるでしょう。

      まあ、確かにそうですね。そういう線も考えられますね。

      >でも、臆病な顕正会員ですから、絶対に沖浦さんとの法論はしないでしょうね。

      そうとも限りませんよ?大概は遁走しちゃうパターンですが、中には熱心で勇気ある人も居るので(例えば私の組織では近々宗門との法論を計画してます)。

      >まして、沖浦さん辺りには顕正会員の教学では太刀打ちできませんよ。

      まあ、然るに、負けてもその人の経験になるでしょう。負けるのも自身を向上させる一助ですよ。とはいえ、脱会までかけちゃうと大変な事になりますが、まあ沖浦殿はそこまで鬼?ではないので。

      それはそうと、山門殿は若しかして「星界の道」の執筆者でしょうか?

    • 名前:(勝手に)地涌の流類 投稿日:2016/04/27(水) 06:24:07 ID:8a4ccf3a9

      失礼、いま読んだら、ミミ殿の地域は長野じゃなくて群馬でしたね。なぜか勘違いをしておりました。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/04/27(水) 23:20:06 ID:42734b9d8

      勝さん
      信州の組織ですか。
      連絡先は、拠点や16隊の隊長、支隊長、その他幹部会員の番号を把握していましたが、生憎、去年の暮れ頃にスマホが一切充電できなくなるという、惨事に見舞われ、
      その際に新機種へのデータ以降ができず、全て喪失してしまったんですよ。
      まぁ、仮にデータが残っていたとしても、ご本人の許可無しに連絡先をお教えすることは出来かねますし、だからといって、許可を得ようと思ったとしても、僕は元顕の法華講員。
      相手から忌避されている状況ですから、まともに取り合ってくれなかったのではないかと思われます。
      確か、沖浦氏は白馬村でしたよね。確かに、交通の便が悪いところだったと思うので、県外から訪ねるのはしんどいですね。

    • 名前:(勝手に)地涌の流類 投稿日:2016/05/01(日) 19:45:09 ID:53f487f6e

      ミミ殿 ご返事ありがとうございます

      >生憎、去年の暮れ頃にスマホが一切充電できなくなるという、惨事に見舞われ、その際に新機種へのデータ以降ができず、全て喪失してしまったんですよ。

      ああ、そういう事ってありますよね。特に会社まで変わると、電話帳が一切移行できなかったりします。最近では、もう少し改善されているみたいですが、私も携帯をauのガラケーからsoftbankのアイフォンに変えた時に、電話帳を引き継げませんでした。で、然るに良い機会なので、番号の断捨離をする事にしました。使っていない番号も沢山あったし…。

      >ご本人の許可無しに連絡先をお教えすることは出来かねますし、

      ええ、公開用の番号とかでないと(HPにも書いてあるとか、新聞に書いているとか)、本人の許可が要りますね。

      >確かに、交通の便が悪いところだったと思うので

      何でも、ゲレンデから直ぐ近くの場所だそうです。しかし、この時期にスキーができるって凄いですね。

      どうも、お騒がせしました 

  7. 名前:山門入り口 投稿日:2016/04/28(木) 23:38:00 ID:cc3e07e14 返信

    (勝手に)地涌の流類さんへ

    >例えば私の組織では近々宗門との法論を計画してます

    樋田さんの所の法論映像を見ても、そしてこちらの法論の話しを聴いても、話しにならないのが顕正会員です。

    宗門のどこと法論をするかわかりませんが、其れなりの人が出てくれば、話しにならないでしょう。
    まして、法論なんて次元には至らないですよ。
    そもそも、法義問題で違うのは、「国立戒壇の名称」の違いだけ。
    補足するとしたら、戒壇建立の条件部分。
    主権在民の現在では、勅宣、御教書の解釈問題が明確ではない。
    淺井会長は、時代背景も考えないで、勅宣は天皇からのもの。
    御教書は国会決議と言ってますよね。

    勅宣にしても三位までの人が出せるのですから、天皇がと決めつけることが出来ない。
    御教書にしても、将軍の鶴の一声だったのが、なぜ、現代風に国会決議になるのか?
    意味合いも解釈も、時代背景を無視してます。
    宗門もいまの時代には、こうだよと言えないから、未来のことは判らないと、明確には答えてません。
    その時が来たら決めればいいだけ。
    だから、無駄な議論をしても平行線にしかならないのですよ。
    それに、法主の専制事項に口を挟んでいる時点で、日蓮正宗の信徒としての分を弁えていないわけです。

    そのた諸々に関しても、化儀の問題であり、それは時の法主が決める事だから、こうでなければいけないとは、信徒が口を挟むことでもないのです。
    だらだら書いてしまいましたが、法論は成立しないと言いたいのです。

    >まあ、然るに、負けてもその人の経験になるでしょう。負けるのも自身を向上させる一助ですよ。とはいえ、脱会までかけちゃうと大変な事になりますが、まあ沖浦殿はそこまで鬼?ではないので。

    法論と言うからには、宗旨替えをかけてするものですよ。
    それすら出来なかったら法論ではないですからね。
    まして、宗祖の言葉に反することになります。

    >それはそうと、山門殿は若しかして「星界の道」の執筆者でしょうか?

    星界の道管理者です。

    • 名前:(勝手に)地涌の流類 投稿日:2016/05/06(金) 18:24:15 ID:00430f040

      山門殿

      ご返事、遅くなりました。
      なるほど、貴殿のお考えはよく判りました。

      >樋田さんの所の法論映像を見ても、そしてこちらの法論の話しを聴いても、話しにならないのが顕正会員です。

      まあね、ちょっとあれはどうかとは思いますがね。
      例えば以下の動画…、一般会員・幹部と違って逃げずに樋田氏に挑み、当方の違って顔を一般公開される動画に撮らせている点は、大変勇気があって、立派な事だとは思いますが、同志であるはずの顕正会員の方に逆にイライラしてしまいました。

      https://www.youtube.com/watch?v=EH3G9xWnDt0

      年輩の方は元法華講の方であるそうですが、非常に人柄が良いように思われます。ただ、この方、樋田氏が法論を始めようとすると、それを拒否し、
      「私は日顕上人の大謗法を知って顕正会に移籍しました。今日はその大謗法についてお話させて下さい(要旨)」
      と語っていたのに、樋田氏が
      「では、浅井会長が日顕上人の三大謗法だとしている事柄を、一つ一つ検証して行きましょうか(要旨)」
      と応じると、
      「いや、私はそういう事を話に来たのではないのです(要旨)」
      って、返しています。じゃあ、一体何を語りに来たのか??という疑問というか、突っ込みが頭の中をこだましました。日顕上人の三大謗法に就いて話したいと言うから、三大謗法に就いて樋田氏が対話し始めると「その話をする必要はない」って。是では、意味不明です。
      挙句、「身延でも何でも、信じる者は救われる」って。そりゃあ樋田氏に突っ込まれますよ。

      で、若い支隊長の方は、法論中に電話に出てしまうし(従って相手の話はきちんと聞いていない)、三大謗法を論拠に宗門側を破析しに来た筈なのに、三大謗法の中身を殆ど知らなかったり…。会長著の「最後に申すべき事」さえ事前に読み込んであれば、あのような事にはならなかった筈ですが…。

      …まあ、その他の点でも、何だか道理を理解してなさそうな返答が目立ちますね、顕正会側には。是では頭破…いや、何でもありません。

      とはいえ、樋田氏の雄弁の前には、顕正会だろうが創価だろうが、大抵の人は閉口してしまうようで、どころか、樋田氏とタッグを組んでいる法華講や妙観講の人も樋田氏に発言のチャンスを殆ど奪われてお客さん状態である事が殆ど。魔物の類か。
      何か、樋田氏って周囲の人から生気を吸収しちゃうんでしょうかね。樋田氏一人でしゃべり続ける。彼に生気で対抗できているように見えたのは、沖浦氏等極少数です。

      ところで、「そしてこちらの法論の話しを聴いても」とありますが、「こちらの法論」ってどこの法論の事ですか?ミミ殿のブログ内…?

    • 名前:(勝手に)地涌の流類 投稿日:2016/05/06(金) 18:50:04 ID:00430f040

      山門殿 (続きです)

      >そもそも、法義問題で違うのは、「国立戒壇の名称」の違いだけ。
      >補足するとしたら、戒壇建立の条件部分。

      いや、名称問題は重要ではありませんよ。顕正会は何も名称に拘っているのではなく、その背後にある御遺命破戒を危惧している訳です。

      「戒壇建立の条件」は何も補足レベルではなく、メインテーマです。正本堂を御遺命の戒壇と言ってしまう宗門は、明らかに法義を曲げてしまっているのです。

      >主権在民の現在では、勅宣、御教書の解釈問題が明確ではない。
      >淺井会長は、時代背景も考えないで、勅宣は天皇からのもの。
      >御教書は国会決議と言ってますよね。

      時代背景とかで大聖人の法義を曲げてはいけませんよ。2016年になったから戒壇の大御本尊は受持しないようにしましょうとか、21世紀になったから真言も邪教ではない事にしましょうとか、お数珠もお経も現代風ではないからやめましょうとか…。そういうのは宗教ではなくて、風俗風習です。流行歌のレベルですね。

      因みに、主権在民の現在でも「天皇制度」は残っていますし、「国会議決」は国政の決定権を持っていて、更に憲法に改憲の手続きも載っています。顕正会の主張のどういう点が国家体制に反していると仰るのですか?

      >勅宣にしても三位までの人が出せるのですから、天皇がと決めつけることが出来ない。
      >御教書にしても、将軍の鶴の一声だったのが、なぜ、現代風に国会決議になるのか?
      意味合いも解釈も、時代背景を無視してます。

      簡単な事ですよ。大聖人が三大秘法抄や立正安国論で示唆された事は、国家的に仏法を保たねば国は亡ぶ、故に国教化の上、国の事業として本門の戒壇を建立させるように、という事です。
      国家体制は、関白秀吉が支配者となったり、幕府が再建されたりなくなったり、元老院や貴族院ができたりなくなったり、大蔵省が財務省になったりと色々と変化しておりますが、「国家として戒壇を建立するように」という御遺命に変化はありません。

      >宗門もいまの時代には、こうだよと言えないから、未来のことは判らないと、明確には答えてません。
      >その時が来たら決めればいいだけ。

      然れば、「その時」が来てもいないのに正本堂を御遺命の戒壇と言ってしまったり、御教書を「建築許可証」と言ってしまったり、「国立戒壇」という言葉を永久不使用にしてしまったりしたのは、まずかったでしょうね。

      >それに、法主の専制事項に口を挟んでいる時点で、日蓮正宗の信徒としての分を弁えていないわけです。

      法主の専制事項は、あくまで組織運営や御本尊下付に就いての事であって、法義を好きなように変えてしまって良い訳ではありません。法義を決められる方はただ御本仏、大聖人だけです。

      >そのた諸々に関しても、化儀の問題であり、それは時の法主が決める事だから、こうでなければいけないとは、信徒が口を挟むことでもないのです。

      ならば、池田氏が色々と口を挟む事も毅然とした態度で制すれば良かったでしょうね。ところで、貴殿は御法主が「是からは南無阿弥陀仏と唱えよう」と指導し始めたら、それに従ったりするのですか?

      >だらだら書いてしまいましたが、法論は成立しないと言いたいのです。

      …まあ、「法主無謬論」を前提にする限りは、法論は成立しないでしょうね。
      「御法主上人は神や御本仏のようなお方だ。絶対に間違わない。だから、どんな御指南にも全僧俗は異議を差し挟まないように!御書に違背しているように見えたら、それはそう思う側の目が腐っているのだ。御書は御法主上人が観心読みしてこそ初めて意味が判る!」
      という事が前提ならば、御法主がどのような御仁でも、どのような説法をしても、完全服従せねばなりませんから。

    • 名前:(勝手に)地涌の流類 投稿日:2016/05/06(金) 19:04:28 ID:00430f040

      山門殿 (最後です)

      >まあ、然るに、負けてもその人の経験になるでしょう。負けるのも自身を向上させる一助ですよ。とはいえ、脱会までかけちゃうと大変な事になりますが、まあ沖浦殿はそこまで鬼?ではないので。

      →法論と言うからには、宗旨替えをかけてするものですよ。
      →それすら出来なかったら法論ではないですからね。

      或いは、そうなのかも知れませんが、沖浦殿御自身が「脱会を賭ける必要なんてありません。しかし仏法に就いての対話ならばよろこんでやります(要旨)」と仰られていたので…。以前、当方が「顕正会には闘士はいない(要旨)」との事をお書きになっていたので、当方が脱会を賭けた法論を申し入れたところ、左記の如く御返答されました。なので、恐らく沖浦殿は脱会脱講を賭けての法論にはかなり否定的ではないかと。

      それはそうと、沖浦殿は時々「誰か顕正会員が訪ねて来ないものか。来てくれれば道理を教えて差し上げるのに(要旨)」という事を仰っているのですが、ちょっと中々辺鄙なところにお住まいなので、沖浦殿の願望が実現するのは難しいかと思っています。

      →まして、宗祖の言葉に反することになります。

      うーん…なるほど。
      貴殿のお考えである、宗祖のお考えとはどういうものですか?法義対立がある以上、脱宗を賭けて公開法論を行う事ですか?

      >それはそうと、山門殿は若しかして「星界の道」の執筆者でしょうか?

      →星界の道管理者です。

      やはり、そうだったのですか!
      しかし、物凄く不思議に思ったのですが、貴殿は確か「星界の道」にて、顕正会批判のみならず、現宗門に対する批判も度々されていて、おまけに日寛上人への批判までされていたように記憶していたのですが、貴殿のお立場はどうなっているのでしょうか?
      確か、法華講員でいらっしゃったかと思うのですが、「正宗の教義は外では通用しない」といった事を仰っていたようにも思われます。そこでお聞きしたいのですが、貴殿は日蓮正宗を信じていますか?亦、仮に信じて居られないのであれば、何ゆえ法華講に所属されているのですか?

  8. 名前:山門入り口 投稿日:2016/05/07(土) 23:04:02 ID:2f4d10590 返信

    (勝手に)地涌の流類さんへ。

    こちらでも返信を書きましたが、場所を借りるのには、少々他の方のコメントも有りますし、続きというか雑談ですかね。
    大石寺系掲示板でしませんか。

    http://9328.teacup.com/taisekizi/bbs

    >いや、名称問題は重要ではありませんよ。顕正会は何も名称に拘っているのではなく、その背後にある御遺命破戒を危惧している訳です。
    「戒壇建立の条件」は何も補足レベルではなく、メインテーマです。正本堂を御遺命の戒壇と言ってしまう宗門は、明らかに法義を曲げてしまっているのです。

    正本堂建立の時代、毎年信徒が倍増で増えていき、このペースなら広宣流布も間近と思い、御遺命の戒壇と言ってもおかしくはないでしょう。
    しかし、御遺命の戒壇に成りうると修正はしました。
    この辺は、宗門は戒壇論に関していままで対外的に考察してなかったから、時代背景も考えてなかったから混乱していたてのが実乗でしょうね。

    >時代背景とかで大聖人の法義を曲げてはいけませんよ。2016年になったから戒壇の大御本尊は受持しないようにしましょうとか、21世紀になったか ら真言も邪教ではない事にしましょうとか、お数珠もお経も現代風ではないからやめましょうとか…。そういうのは宗教ではなくて、風俗風習です。流行歌のレ ベルですね。
    因みに、主権在民の現在でも「天皇制度」は残っていますし、「国会議決」は国政の決定権を持っていて、更に憲法に改憲の手続きも載っています。顕正会の主張のどういう点が国家体制に反していると仰るのですか

    時代背景を考えるのは常識ですよ。
    勅宣は天皇の言葉、御教書は国会決議て時代背景に融合してるではないですか。
    御教書は「将軍の筒の一声です」どこが、国会決議の合議制なのですか。
    この時点で、時代背景を考えて法義を曲げたというのは、顕正会側にブーメランで還っていきますよ。

    天皇制にしても、「象徴天皇」ですから、天皇制と言えるのかは議論の余地がりますが、私個人は天王制など必要ないと思ってます。現代で言えば逆差別ですからね。
    そして、憲法改正が前提で顕正会は国家体制に反してないと言いますが、現在の憲法下では違法でしょ。
    もし、憲法が改正されたらて「もし」と言う可能性を考慮して考える物ではないでしょう。
    現憲法に違反しないでが重要です。

    >2016年になったから戒壇の大御本尊は受持しないようにしましょうとか、

    学会が大御本尊を受持するしあになど、学会の勝手でしょう。
    それをとやかく言う資格など顕正会にはない。
    なら、公式名称、宗教法人顕正会で有るにもかかわらず、仏法上の名前は、「冨士大石寺顕正会」と名乗るのは、すぐに止めて、看板も撤去しましょう。
    こんなの名称詐称ですよ。
    でも、そのクレームには耳を貸しませんよね。
    仏法上だから許される道理なども有りません。
    まして何を持って仏法上と言うのかも不明。

    >21世紀になったか ら真言も邪教ではない事にしましょうとか、お数珠もお経も現代風ではないからやめましょうとか…。そういうのは宗教ではなくて、風俗風習です。流行歌のレ ベルですね。

    現代風でないから止めましょうて言ってないですよ。
    それを言ってるのは顕正会でしょ。
    妙信講の「講」は、古くさいし、他の講を使ってるところと間違われて紛らわしい。
    だから日蓮正宗顕正会に名を改める。
    法華講衆て使い出したのは日興上人からですよ。
    それを、古くさいだのとか捨て去ったのは顕正会です。
    御経に関しては、羅什の訳が原本の訳と違っているのだから、改めるのは当たり前でしょ。
    間違いは間違いで修正しなければ、間違った御経を唱えてる事になりますよ。
    ま、羅什経なら羅什の間違った翻訳の経典を使っていてもいいでしょうがね。
    それとお数珠云々は風俗風習ではなく、化儀です。

    >簡単な事ですよ。大聖人が三大秘法抄や立正安国論で示唆された事は、国家的に仏法を保たねば国は亡ぶ、故に国教化の上、国の事業として本門の戒壇を建立させるように、という事です。
    国家体制は、関白秀吉が支配者となったり、幕府が再建されたりなくなったり、元老院や貴族院ができたりなくなったり、大蔵省が財務省になったりと色々と変化しておりますが、「国家として戒壇を建立するように」という御遺命に変化はありません。

    鎌倉時代の国家感なら国教でもいいですよ。
    2000万も国民が居るか居ないかの時代ですから。
    仮に国教にしても、国の態勢が変われば国教で無くなる可能性もある。
    そんな、不確かなものでいい訳ではないでしょ。
    国家として戒壇を建てろとは大聖人は言ってない。
    国主がこの法を保つときなのですから、国主個人が正法に帰依て事でしょう。
    鎌倉時代の概念なら天皇は国主かも知れない。
    また、武蔵国の国主とかもいるのですから、国主とかどの国主をさしてるのかが明確ではない。
    現代では国主は、主権在民なのだから国民でしょ。
    鎌倉時代と時代背景が違うのだから、それを現代に当てはめて考えるのは無理があります。
    鎌倉時代の政治体系に戻せば別ですが、そんなの不可能でしょう。

    >然れば、「その時」が来てもいないのに正本堂を御遺命の戒壇と言ってしまったり、御教書を「建築許可証」と言ってしまったり、「国立戒壇」という言葉を永久不使用にしてしまったりしたのは、まずかったでしょうね。

    当時の状況から考えて、正本堂が御遺命の戒壇てなってしまっても仕方が無かったでしょう。
    顕正会でも100万達成がまもなくといいながら延期されてました。
    もうすぐ達成だと言う雰囲気があったのだから、そう言う言葉を使ってもおかしくなかった。
    だから、御遺命の戒壇に成りうる可能性を残して、御遺命の戒壇になりする大殿堂として、未来のことは判らないと、締めていたはずですよ。
    で、御教書を建築許可書てのは、間違いではないです。
    鎌倉時代とかでは、大きな建物は力(権力)の象徴でもありました。
    だから、御教書という形の許可書がでて、始めて大きな建物、建築物が建てられます。
    国立戒壇の名称にしても、名称ですよ。名称には拘らないのでしょ。
    それなら、永久放棄でも問題はないですし、まして、本門寺の戒壇。本門の戒壇て名称があるのですから、それに統一しただけ。
    大聖人が読んでいる言葉だけを使用しようてだけでしょう。
    それを大聖人が一言も言ったこともない「国立戒壇」て名称に拘って、国立戒壇を捨てたとか。破壊したとか、言ってるのは顕正会ですよ。
    大聖人が読んでいる本門の戒壇と言う名前を使わない方が問題でしょう。

    >ならば、池田氏が色々と口を挟む事も毅然とした態度で制すれば良かったでしょうね。ところで、貴殿は御法主が「是からは南無阿弥陀仏と唱えよう」と指導し始めたら、それに従ったりするのですか?

    池田会長が口を挟んだとは何に対して口を挟んだのでしょうか?
    逆に淺井会長が口を挟んだ行為に対して、話しを聴いて、争いを収めようとした日達上人にい対して自分の我が儘が取り入れられないからといって、没後に好き勝手を言ってる淺井会長は人間として問題があるでしょう。
    ちなみに、法主が「南無阿弥陀仏を唱える」と言いだしてもそんなのには、従いませんよ。
    同じ題目系でも帰依する対象が違うでしょ。

    >…まあ、「法主無謬論」を前提にする限りは、法論は成立しないでしょうね。
    「御法主上人は神や御本仏のようなお方だ。絶対に間違わない。だから、どんな御指南にも全僧俗は異議を差し挟まないように!御書に違背しているように見えたら、それはそう思う側の目が腐っているのだ。御書は御法主上人が観心読みしてこそ初めて意味が判る!」
    という事が前提ならば、御法主がどのような御仁でも、どのような説法をしても、完全服従せねばなりませんから。

    法主無謬論なんか唱えている法華講員て居るかな?
    居ないはずですよ。逆に淺井会長無謬論の方でしょう。
    淺井会長は間違わない。唯一正しく大聖人様の法を知るうる人なのですから。
    誰にも主事しないで、法門を学べる事など有りません。
    ましてや、一住職に法門を少し教えて貰ったからと天狗になって自慢してる淺井会長ごときが、法門の何たるかなど断片ぐらいしか判ってないでしょう。

    >それはそうと、沖浦殿は時々「誰か顕正会員が訪ねて来ないものか。来てくれれば道理を教えて差し上げるのに(要旨)」という事を仰っているのですが、ちょっと中々辺鄙なところにお住まいなので、沖浦殿の願望が実現するのは難しいかと思っています。

    長野は活動が盛んなところのはずです。
    しかし実際は、学会員である沖浦さんの所には、顕正会員は近づいてこない。
    顕正会の実体などその程度なのでしょう。
    それでも、顕正会の幹部に骨のある人が居るのであれば、沖浦さんに公開法論を申し込む人もいるでしょうが、期待できないでしょうね。

    >貴殿のお考えである、宗祖のお考えとはどういうものですか?法義対立がある以上、脱宗を賭けて公開法論を行う事ですか?

    他宗との法論に関して、宗旨替えをかけて法論を臨まれていたでしょ。
    それは、現代でも受け継がれるべき事ですよ。
    まして、他教団同士の法論なら宗旨替えを前提にするのは、日興門流なら当たり前のこと。
    公開をしろというのは、言ったいわないて水掛け論になったり、勝ち負けの判定が出来ないからです。
    素直に反論不能だから負けて認めることができるのなら、非公開でもいいでしょうが、そんなのは希ですからね。

    >やはり、そうだったのですか!
    しかし、物凄く不思議に思ったのですが、貴殿は確か「星界の道」にて、顕正会批判のみならず、現宗門に対する批判も度々されていて、おまけに日寛上人への批判までされていたように記憶していたのですが、貴殿のお立場はどうなっているのでしょうか?
    確か、法華講員でいらっしゃったかと思うのですが、「正宗の教義は外では通用しない」といった事を仰っていたようにも思われます。そこでお聞きしたいのですが、貴殿は日蓮正宗を信じていますか?亦、仮に信じて居られないのであれば、何ゆえ法華講に所属されているのですか?

    縁あって正宗信徒になって、その中で色々学んで答えを出しました。
    惰性で信徒をしてるだけですよ。
    また、日寛聖人への批判ですが、謗法与同の法主を用いる方がおかしいでしょう。
    まして天台法門で組み立てられているような、法義なのですから。

    最後に「正宗の教義は外で通用しない」てのは、日蓮本仏論ですよ。
    正宗系以外で日蓮本仏と言っても、経文に書かれてないてお終いでしょ。
    経文を持って証明できなければ邪義なのですから。
    それ以上になると仏教学とか宗教学とかの世界になってしまいますが、大海を知らない蛙なんですよ。
    大石寺系教団の信徒は。

    • 名前:(勝手に)地涌の流類 投稿日:2016/05/10(火) 00:14:23 ID:0a99c24e0

      山門殿

      興味深いご返答ありがとう御座います。

      山門殿が法論を続行される意志をお持ちであるようなので、当方としても続行したいと思っております。ご指摘の通り、長くなってしまいそうなので、記事に付随するコメント欄ではあれなので、別の場所が良いかと思うのですが、訳あって「大石寺系教団の掲示板」には行くつもりがありません(理由をお知りになりたければ、少々長くなりますが、後でご説明しましょう)。「日蓮星人とフツー星人の対話の掲示板」は尚更です。

      候補としては、「憩いの談話室」が挙げられますが、当方はそこで他の方とも議論をしていますので、どうにも散漫になってしまう感じがあります。色々な議論が混じって読みにくくなってしまうだろう、という危惧が・・・。

      そこで、ミミ殿さえよろしければ、偶像の輪郭掲示板に、法論用のスレッドを新たに作成し、そこで法論をするのがベストかと当方は考えております。
      但し、ミミ殿の基本的なお考え、信念は、「法論なんて、正しさの刑に処されている人がやる事。大聖人は誰のものでもない」といったものかと推察されますので、お許しがでなさそうな気もしますが・・・。管理人殿の信念は、ブログや掲示板の憲法のようなものです。憲法を無視したスレッドを勝手に立てる訳にもいきませんので・・・。で、どうも当方の考えからすれば、「法論」というのは、こちらのブログ(や付随する掲示板)の趣旨に合わないような・・・懸念もあるんですよね。

      ミミ殿、どうでしょうか?法論用のスレッドを立ててもよろしいでしょうか?

      但し、大前提として、山門殿には宗門側としての論陣を張って戴きたく思います。山門殿が正宗を必ずしも信じて居られない事は確認致しましたが、今度の法論内では、宗門の立場としてお願いしたいのです。正宗どころか、若しかしたら大聖人や御書にも疑義を持たれている可能性もありますが、仮にそうだとしましても、それは法論内では出されないようにお願いします。
      何故ならば、そうなってきますと、純粋な宗門VS顕正会の法義論争とは言えなくなってしまう事になりますので。亦、当方としても対処できなくなります。

      例えば、「戒壇は三大秘法抄では・・・」と当方が主張を始めた時に、山門殿が「いや、そもそも三大秘法抄は真蹟が残っておらず」と返されたり、当方が「御書には念仏無間とはっきり明記してあり」と切り出すと、山門殿が「御書が正しいという保証はないですし、法華経だって大乗非仏説の立場からすれば・・・」と返されたりして、話が無限後退するようでは、法論が成立致しません。或いは、当方の知識や力の限度をはるかに越えてしまいます。
      当方が「大聖人は、末法に入りぬれば、余経も法華経も詮無しと御指南され」と説明し始めると、山門殿が「末法の時期は、現在ではアショーカ王の遺跡に基づいて計算すると、大聖人のお生まれになった年よりも何百年も後という事になり・・・」というのも同様です。

      そこで、法論をするに当たっては、日蓮正宗の教義を双方の大前提としたいのです。

  9. 名前:山門入り口 投稿日:2016/05/10(火) 22:58:16 ID:26f21c8e3 返信

    (勝手に)地涌の流類さんへ。

    >山門殿が法論を続行される意志をお持ちであるようなので、当方としても続行したいと思っております。
    >訳あって「大石寺系教団の掲示板」には行くつもりがありません(理由をお知りに なりたければ、少々長くなりますが、後でご説明しましょう)。

    使い勝手の良さと、見やすさで言えば、大石寺系掲示板が一番です。
    まして、確り管理しているので、議論に集中出来ますよ。

    >但し、大前提として、山門殿には宗門側としての論陣を張って戴きたく思います。
    >何故ならば、そうなってきますと、純粋な宗門VS顕正会の法義論争とは言えなくなってしまう事になりますので。亦、当方としても対処できなくなります。
    >そこで、法論をするに当たっては、日蓮正宗の教義を双方の大前提としたいのです。

    法論と言うわりには、随分、縛りが厳しいですね。
    法論としての法義確認です。
    (1)三大秘法は、本門の本尊、本門の題目、本門の戒壇でいいですね。
    (2)日蓮大聖人は御本仏ですね。
    法の部分は同じ認識だと思います。
    だから法論は成り立たないのですよ。

    でも教義論争で、純粋な宗門と言うのであれば、日寛上人の通称日寛教学と言いたいところですが、大石寺の純粋な法義ではないから、日有上人以前の教義でなければ、純粋な大石寺法門は成立しません。
    それでも、こちらはかまわないですよ。
    日寛上人の解釈以後の大石寺歴代の発言は、日寛教学の影響を受けている、純粋大石寺教学ではないのですから。

    次に、議題としては、戒壇論に成るんでしょうね。
    でも、法義でないから、法論には相応しくないし困った。
    だから私は、話し合いて言ってるんですよ。

    戒壇論は解釈論でしかない。
    なら、誰が解釈するのかが問題。
    単純にその時の法主でしょう。
    いや、歴代の指南がてあっても、解釈するのは、当代法主ですよ。
    それすら理解できないで、歴代が言ったからだから正しいとは成りませんよ。
    それなら疑義がある明治以後の歴代発言ではなく、疑義がない明治以前の法主の発言を出せばいい。
    それを出せば、戒壇論は、顕正会側が正しいとなります。
    まして、御書から国立戒壇の用語をだせば尚更。

    証拠を出せないで、明治以後の歴代が言ったからてのは、通用しないでしょ。
    逆に明治以前の歴代が使ってないのだから、問題有りても言えます。

    それでも法論と言うことなら、文証の確認も必要ですね。
    第一に「経」経文と御書ですね。
    第二に「論」摩訶止観とかの論書。
    第三に「釈」歴代の御指南とか。
    ちなみに淺井会長の言葉は、釈以下ですから。

  10. 名前:小林 投稿日:2017/03/16(木) 19:33:28 ID:fdea00490 返信

    うちの未成年の娘が同期生に無理矢理
    勧誘されました
    だからこの手の宗教は大嫌いです
    電話して断りました
    お経なんか破って捨ててやったよ!

    • 名前:ミミ 投稿日:2017/03/18(土) 07:44:20 ID:8292ca560

      小林さん
      コメントありがとうございます。
      大変でしたね。ただ経本を破り捨てたからといって脱会したことにはならないので、今後におかれても、娘さんがまた悪辣な勧誘に引き込まれていないかどうか、時折気にしてあげるのが良いかと思います。

  11. 名前:小林 投稿日:2017/03/16(木) 21:00:06 ID:fdea00490 返信

    嘘をついて勧誘してくるなんて最低です
    そんなの宗教なんかじゃないよ!

  12. 名前:小林 投稿日:2017/03/18(土) 09:23:22 ID:9ffe871fb 返信

    ご心配なく!
    証拠となる電話の会話は録音してあります
    これ以上しつこく勧誘してくる場合は警察を呼ぶか法的措置をとるつもりです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*