冨士大石寺顕正会の【勤行】のやり方公開!

顕正会で行われている「勤行」(ごんぎょう)の形式と次第について説明します。

念のため前置きしておきますが、これはその実践を促すためのものでなく、あくまで一つの情報材料として利用していただければと思います。

なお、今後いつまた形式を変更するかもわからないので、以下は、平成27年9月現在における内容を説明するものとします。

勤行

SPONSORED LINK

「顕正会版」勤行の手順。

1、日蓮正宗総本山である富士大石寺(静岡県富士宮市)の方角へ向かって正座をする。

2、現在大石寺境内の奉安堂に安置されている「本門戒壇の大御本尊」を眼前に拝する思いに立ち、数珠を手に掛けて合掌する。

3、南無妙法蓮華経と素早く小声で3回唱えながら礼をする。これを2回繰り返す。これを「ご挨拶」と呼ぶ。

4、南無妙法蓮華経をゆっくり3回唱えて礼をする。これを「お題目三唱」という。

5、「法華経方便品第二」を読経する。(妙法蓮華経方便品第二、爾時世尊。從三昧安詳而起。告舎利弗。諸佛智慧。甚深無量…。)

6、「所謂諸法、如是相…」から「本末究竟等」までの間を3回繰り返し読む。礼。

7、「妙法蓮華経如来寿量品第十六」を読経する。(爾時仏告。諸菩薩及。一切大衆。諸善男子…。)終わったら礼。

※なお時間がない時、めんどくさい時、あるいはまだ読経に不慣れな初心者の場合、「自我得佛來。所經諸劫數…から飛ばして読んでも良いとされる。これを顕正会では「短行」(たんぎょう)と呼ぶ、対して全て読経するフルバージョンを「長行」(ちょうぎょう)と呼んでいる。

8、南無妙法蓮華経。南無妙法蓮華経…と約5分間唱える。この間はお経本を使わないので、一旦閉じておく。唱え終わったら礼。

9、お題目三唱。礼。

10、御観念文(おかんねんもん)を小声で誦する、あるいは心の中で念じるため、お経本を再び開く。

11、「南無本門寿量品の観心、文底秘沈の大法、本地難思境地冥合、久遠元初自受用報身如来の御当体、事の一念三千、無作本有、人法体一、南無本門戒壇の大御本尊、御威光倍増御利益広大御報恩謝徳の御為に。」と、小声で誦するか心に念じ、礼。お題目三唱。礼。

12、「南無久遠元初の自受用報身、無作の三身、本因妙の教主、末法下種の主師親、大慈大悲、南無日蓮大聖人(強調)御威光倍増御利益広大御報恩謝徳の御為に」と、小声で誦するか心に念じ、礼。お題目三唱。礼。

13、「南無法水瀉瓶、唯我輿我、本門弘通の大導師、末法万年の総貫首、第二祖南無日興上人、御威光倍増御利益広大御報恩謝徳の御為に」と、小声で誦するか心に念じ、礼。お題目三唱。礼。

14、「南無一閻浮堤の御座主、第三祖・新田卿阿闍梨日目上人、御威光倍増御利益広大御報恩謝徳の御為に、

南無妙法蓮華経。

日道上人、日行上人、日時上人、乃至日寛上人(にっかんしょうにん)、日でん上人等、富士大石寺歴代血脈付法の御正師、御威光倍増御利益広大御報恩謝徳の御為」と、小声で誦するか心に念じ、礼。お題目三唱。礼。
15、「祈念し奉る、爾前迹門の謗法退治、本門の三大秘法、日本乃至一閻浮提広宣流布、戒壇建立の御遺命、大願成就御祈祷の御為に」と、小声で誦するか心に念じ、礼。お題目三唱。礼。(※夕の勤行では除く。)
16、「祈念し奉る、無始以来の謗法罪障消滅、現当二世大願成就の為に。」と、小声で誦するか心に念じ、礼。お題目三唱。礼。(※夕の勤行では除く。)
17、 「○○家先祖代々の諸精霊、追善供養、證大菩提の為に。」と、小声で誦するか心に念じ、礼。お題目三唱。礼。(夕の勤行では除く。)
18、乃至法界平等利益、六道四生、草木国土、悉皆成仏、大慈大悲の御内証へ同一帰入なさしめ給え。 と、小声で誦するか心に念じ、礼。お題目三唱。礼。
19、南無妙法蓮華経と素早く小声で3回唱えながら礼をする。これを2回繰り返す。(ご挨拶)
終わり。

SPONSORED LINK

所要時間とタイミング。

上記の説明の中で赤字で示した「ショートカットバージョン」、いわゆる「短行」の場合ですと、大体15分~20分程度の時間で終わります。
また、青字で示した「フル(ロング)バージョン」、いわゆる「長行」となると、25分~30分程度の時間を要します。
この「勤行」は毎日、朝晩の二回の実践が励行されており、会員各自の生活スタイルに合わせて決まった時間枠を設け、自宅にて実践しています。
行うタイミングの目安は、朝は午前中。夕は午後4時~5時以降が望ましいとされています。

顕正会版勤行の特徴。

顕正会版の勤行は「遥拝」というスタイルで行われており、目の前の障害物は関係なく、空間的に飛躍して「大石寺の本門戒壇の大御本尊」に通じるとされています。

また「南無妙法蓮華経」の唱え方にも大きな特徴があります。

なんみょ~~~~~~~ほ~~~~~~~~れ~~~~~~~~ん~げ~~~~~~~~きょ~~~~~~~~。

と長いです。(合掌の位置は口元。)

唱え方に関しては、それぞれ教団独自のイントネーションや間の取り方があるので、子細に見ていくと面白いですよね。

こんな感じ。

せ~のっ!

勤行2

(画像の出典 星界の道

 なんみょ~~~~~~~~~ほ~~~~~~~~~~……。

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

『冨士大石寺顕正会の【勤行】のやり方公開!』へのコメント

  1. 名前:タカチョー 投稿日:2015/09/20(日) 08:16:46 ID:cccba4e93 返信

    最後の画像!!www
    タモリさんがいっぱいいるのかと思いましたねw

    • 名前:ミミ 投稿日:2015/09/20(日) 08:55:40 ID:e92d19379

      タカチョーさんへ
      確かにタモリさんがいっぱいいるように見えますねwww

  2. 名前:彩乃 投稿日:2016/09/17(土) 22:10:52 ID:09b816ebb 返信

    顕正会さんは、悪くないと思う。だって本当に悪いのなら入らないのでは。本当に悪いことなら代表同士が国民の前で言いたい事、伝えたい事テレビの前にで話せば良くない。周りが騒いでも代表が動かなくては今までと変わらないのでは。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/09/21(水) 22:15:11 ID:07793cf84

      彩乃さんへ
      あなたは顕正会の会員さんですか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*