浅井城衛氏は、パパ亡き後の顕正会を牽引していけるのか!?

そろそろパパが檀上から消えそうな気がします。

SPONSORED LINK

顕正会員のロイヤリティーはパパありき。

偉大なるパパを失った顕正会は分裂する可能性が極めて高い。

というか、一歩違えれば「消滅」の可能性も否定できません。

これまで顕正会という組織は、常にパパの鶴の一声で動員されてきたわけですし、

これはグランドパパがまだ顧問先生でいた時から保たれてきた、伝統的体質。

しかし、代替わりの萌芽すら見られないのが現在の状況。

勿論表向きは、莫大なる遺産の相続も恙無く完了し、書面上、会長に君臨するのは城衛氏の方ですが、

これに全く中身が伴っていないことは、顕正会の情報筋の方なら誰もが納得する事実ではないかと。

宗教団体の「宿命。」

宗教団体というのは、アメーバかという位に分裂を繰り返すものです。

そこらへん、島田裕巳さんの著書、日本の10大新宗教 (幻冬舎新書)

に事細かく詳細が記されています。

書くのがめんどくさいので、興味のある方は是非買って読んでみて下さい。

顕正会の「その後」。

で、まじめな話、顕正会はどうなると思いますか?

やはり、昭衛大先生のやり方に忠実に従っていくのか?(保守)

それとも、城衛氏が音頭を取り、国立戒壇や遥拝勤行といった、思想の根っこの部分は堅持したまま、

インターネットによる布教法の導入。

あるいは、学会を後追いするカタチで大石寺(日寛教学)教学からの離脱を試みるなどといった、

革新的な舵取りが断行されるのか?(リベラル)

はたまた、パパを失った城衛氏が鬱で引きこもってしまい、

その間に、「昌子」の快進撃が展開され、そのまま会運営の実権を掌握してしまうのか!?

宗教運営に通じたコンサルに諮問した結果、

「あんたんとこの教義、このままだとガタガタだから、ちょっと立て直した方がいいよ」

なんて指摘されて、原始仏教やら、スピリチュアルで味付けされるかも!?

言うまでもなく、パパのようなカリスマ性を発揮できない城衛氏に残された手段、

会員を牽引していくための方途とは、

パパが築き上げたリソースとロイヤリティーを如何に上手く行使できるかがカギになります。

SPONSORED LINK

化ける可能性も?

パパ亡き後の顕正会に、もし「技術的な改革」が講じられた場合のことを考えると、「脅威」を感じるのは僕だけでしょうか?

会の思想というのは、「IS」のそれと、本質的に近似してますからね。

国立戒壇論を掲げる以上、顕正会には「日本版IS」に化ける素地があるわけで、

しかも、国家ナショナリズムと結び付けようとする厄介な側面を孕んでいます。

かつてのオウムや、9・11の実行犯たちだって、元々は優秀なエリートたちばかり。

カルトの思想に共鳴し易い心的要因を持つ若者というのは、

時代がどう変われど、必ず一定数は存在するもの。

そこに格差の拡大や、無理な税金の吸い上げが追い打ちをかけ、

カルト思想の「需要」が一層高まってしまうのではないかと、一抹の懸念が過ぎります。

予想してみよう。

例えば、「GLA」などはパパの亡き後、娘が地位を継承した結果、

全然違う体質に変貌しています。

HP見るとわかりますが、結構手広くやってるみたいで。

と、閑話休題。

パパのいなくなった顕正会がどのような道を歩んでいくのか?

是非、コメントやリプライにて、皆さんのご意見をお寄せ下さい。

ハッキリとはわかりませんが、僕は「消滅はしない」と思います。

SPONSORED LINK

最後までお読み下さりありがとうございます。是非、シェアお願いします!

フォローはこちら↓

『浅井城衛氏は、パパ亡き後の顕正会を牽引していけるのか!?』へのコメント

  1. 名前:TOMORROW 投稿日:2016/04/28(木) 08:41:32 ID:830bc4150 返信

    現顕正会会員です。

    デタラメは言っちゃいかんよっ。

    浅井城衛氏は浅井会長の補佐として理事長の立場でありながら立派にやってくれてますよっ。

    今回の折伏は婦人部はそこそこだけど、男子部と女子部はかなり頑張ってくれたので、180万人突破が叶いましたよっ。

    後3年はあれば、200万は可能でしょうねっ。(笑)

    脱会した君はそこで指をくわえて見てなさい。(笑)

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/04/28(木) 21:12:43 ID:d510e34a1

      TOMORROWさんへ
      初めまして、コメントありがとうございます(^^)
      確かに、理事長としては卒なく、与えられた仕事をこなしていると思いますよ。
      ただ、記事のタイトルにあるように、パパ亡き後の会を双肩に担っていけるだけのカリスマ性があるかと言えば、少々、心もとない印象です。
      城衛さんは、大聖人の御命令を信心の耳で聞き奉れるのかな?

    • 名前:島ウコン 投稿日:2016/04/30(土) 01:25:41 ID:b85c6fd5c

      どうも、初めてこのブログにコメントさせて頂きます。
      あるトラブル発生時の幹部の糞みたいな対応に嫌気がさして活動を停止した元副長です。

      組織を離れた元幹部の人は
      ジョーエーさんよりカツエーさんをめちゃくちゃ尊敬してたようで、
      「カツエーさんの班長会には毎回皆が参加を楽しみにしていた。今とは比べ物にならない」
      「カツエーさんの日曜勤行の指導で皆が号泣したことがある」
      なんてことを言ってましたね。
      故にカツエーさんがいなくなったのは非常に大きいかと。
      私はジョーエー男子部長しか知りませんが。

      さて、TOMORROWさんにツッコミをさせて頂きますね。

      >今回の折伏は婦人部はそこそこだけど、男子部と女子部はかなり頑張ってくれたので、180万人突破が叶いましたよっ。

      おー、それは良かったじゃん!
      真心込めた折伏で浅井センセーにお応えできたんだろうね!
      で、(日本国内での折伏における)純粋な日本人の入信は一体何人かな?
      数だけを追い求める外国人大量入信が自分の所属する隊で流行っていたり、
      同じ地域の女子部はわざわざ外国人労働者の住む島にフェリー等でわざわざ行っては外国人の入信ばかり叶えていたので非常に気になるのですよ。

      それと、公称する会員180万人は全員生きていて、今も顕正会で信心しているのかな?

      >後3年はあれば、200万は可能でしょうねっ。(笑)

      200万が達成できたとして、「だから何?」って感じだね。
      ひょっとしてあなたは過去の浅井センセーの発言をご存知でない?

      以下、樋田氏のページから引用します。
      ————
      ▼「そして席上、誓願を立てさせて頂いた。
      『顕正会の会長として、謹んで大聖人様に誓い奉る。一千万は、あと十五年、平成二十五年までに必ず成し遂げること、堅く誓い奉る。どうか全顕正会員はこの誓願に同心し、同じ決意に立ってほしい』と。」
      (『日蓮大聖人の仏法 改訂版』283ページ)

      →平成25年までに1000万人成し遂げると誓う。

           ↓

      平成16年8月22日幹部大会
      ▼「私は、この三百万を、なんとしても十年以内に成し遂げ、重大な御奉公に備えたいと決意しておりますが、全顕正会員のみなさん、どうでしょうか。」(『顕正新聞』平成16年9月5日号)

      →平成26年までに300万達成を決意。→なんと!700万人も”下方修正”して誓願し直す。

           ↓

      平成21年8月23日の男子3万結集(男子部大会)
      ▼「私は、あと十二年のちの平成三十三年、二○二一年までに、断じてこれを成し遂げたい。
      (中略)
      この時までに、何としても、顕正会三百万、男子十万を成しとげ、大聖人様に応え奉りたい。」(『顕正新聞』平成21年9月5日号)
       
      →「平成33年までに顕正会300万を達成する」と誓願。→これまたビックリ!

      平成25年に1000万人どころか、平成33年に300万人の誓い。

      実に8年も延期して、しかも700万人もの”大幅下方修正”!

      こんないい加減な”誓願”なら初めからするな!と言われてもしょうがない。
      ————
      (引用終わり)

      あなたは最近の入信者でなければ理論書は持ってるよね?
      会長は「平成25年までに1000万を成し遂げる」と誓っていたわけだけど、今は平成28年ですよ。
      3年後に200万を達成できたところで、理論書に記されていた1000万の5分の1にしか満たない。

      「弟子である我らの力不足」なんて言わないでね。
      よく登壇で「先生の戦いに諸天が呼応し」なんて言うけど、元々の誓願が達成できずに下方修正を繰り返す時点で顕正会に諸天の守護がないんだよ。

      更に、再度樋田氏のサイトからの引用ですが
      「もし今後二十五年に広宣流布が実現しなければ、核戦争により日本も世界も必ず滅亡する。」
       (昭和57年10月15日 臨時班長会)

      なんてことも浅井センセーは言ってるんですね。
      あ、とっくに昭和57年から25年経過してますけど滅亡なんてしてないですね。

      こういった過去の発言に対して何の弁明もしない浅井センセーはある意味凄いよ(笑)

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/05/05(木) 08:49:37 ID:001c8230a

      島ウコンさん
      おはようございます。承認が遅れてすみませんm(__)m
      引っ越し等で、しばらくPCを開ける状況ではありませんでした。
      カツエーさんの偉大さ(?)や功績等は、僕も古参の方から良く話を伺いました。
      失脚の理由は、櫻川忠も著書で述べられてるように、「鳶が鷹を生む」で、パパはあまりにも優秀カツエーさんに嫉妬を燃やしてのことかもしれません。
      あとは、宗門への心残りから、独立を画策するパパとは徐々に、同床異夢の状態に陥っていったことなども主な理由として挙げられるかと思います。

  2. 名前:唯ちゃん 投稿日:2016/04/29(金) 10:27:30 ID:df2065c87 返信

    J衛さんってサイボーグみたいで(笑) 無表情 しゃべりに抑揚がないですよね。もしパパになにかあったら後継者としてどうかな?失脚したK衛さんのほうが確かにしゃべりとか上手でしたね。同族団体の後継者問題はどこも難しいですね。外部から登用というわけにもいきませんし。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/05/05(木) 08:37:55 ID:001c8230a

      唯ちゃんさん
      おはようございます。返信遅れてすみませんm(__)m
      引っ越し等で、しばらくPCを開ける状況ではありませんでした。
      J衛さん生気が無いですよね(^-^;時期会長を担うカリスマ性という意味では、昭衛氏には到底及ばないと思います。
      僕、実は、K衛氏のことはあまり良く知らないんですよね。僕が入信とすれ違いで、姿を消されたみたいで。
      現在の創価の池田氏と同様、運営上の都合で、しばらくは合成写真の中で延命させられるのかもしれません。

  3. 名前:(勝手に)地涌の流類 投稿日:2016/04/30(土) 15:46:05 ID:474676654 返信

    >あるいは、学会を後追いするカタチで大石寺(日寛教学)教学からの離脱を試みるなどといった、
    >革新的な舵取りが断行されるのか?(リベラル)

    いや、是は絶対にあり得ないでしょう。学会を後追いする必然性が感じられませんし(六巻抄法義は世界広布に邪魔だ、という創価の人の主張を聞いた事がありますが)、第一、六巻抄法義は顕正会の信心の根幹になっています。

    >宗教運営に通じたコンサルに諮問した結果、
    >「あんたんとこの教義、このままだとガタガタだから、ちょっと立て直した方がいいよ」
    >なんて指摘されて、原始仏教やら、スピリチュアルで味付けされるかも!?

    運営コンサル!原始仏教!?スピリチュアル!!?
    顕正会をどこへ持って行く気ですか。そんな事をすれば、それこそ「迷走する顕正会」となってしまうでしょう。

    別に、城衛氏がそこまで秀でている必要はないのですよ。日目上人が御再誕なさる訳だから。そうしたら、大石寺系の内部争いにも終止符が打たれるでしょう。
    顕正会にサイババは要りません。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/05/05(木) 08:54:32 ID:001c8230a

      勝さん
      おはようございます。返信遅れてすみませんm(__)m
      引っ越し等で、しばらくPCを開ける状況ではありませんでした。
      いやいや、昭衛氏の代役の存在は、会の運営を保つ上で絶対条件でしょう。
      確かに、目師の再誕が出現されるのであれば、単なる杞憂ということになりますが。

  4. 名前:(勝手に)地涌の流類 投稿日:2016/04/30(土) 16:27:34 ID:474676654 返信

    サイボーグみたい、というご意見が出ていますが、確かにそんな感じですよね^^;

    さて、城衛氏に後継者としての資質があるかどうか(そして血族運営の是非)は置くとして、会の相続だけは、非常に上手に出来たように思われます。

    歴史を見渡しても、大抵、組織が分裂の危機になるのは、「跡目争い」の時です。大きいところではイスラム教のスンナ派とシーア派の分裂が生じ(そして現在でも対立しています)、日本では朝廷が南と北に二分され、或いは幕府や各大名、管領の跡目争いで応仁の乱が発生し、上杉謙信のところも跡目争いで武力衝突が生じ、他の国々でも王国や帝国がよくこの理由で崩壊しました。
    そして、宗史でも道郷対立が生じたりして、要法寺と大石寺の対立として現代に尾を引いています。亦、最近では日達上人がいつまでも後継者を決めなかった故に、血脈相承疑惑があちこちから持たれました。やや時代は遡りますが、創価は創価で戸田氏が後継者を明言せずに急死したので、実は結構な後継者争いが内部であったそうです。

    国家、教団、会社、家を分裂させ弱体化させる大きな原因の一つが、この跡目争いになる訳ですが、故に優れた運営者は、運営が優れるだけでなく、自らが居なくなった後の後継者育成と、「後継者決定」を生前にすべきなのです。そうしないと混乱を必ず招きます。どんなに生前、優れた運営をしていても、その人の死後大分裂をする訳です。
    そこへいくと、浅井会長は時間をかけてゆっくり着実に「浅井城衛氏が次の後継者だ」という事を周囲に認めさせ、亦、自身もそう認めている事をアピールしています。少なくともこの点は優れた手腕ではないかと思われます。重要なポイントは自身が健在の内に次の後継者を内外に知らしめて行くという事です。遺言でさえ、偽造ではないか?という疑いが生じ、後の混乱の種になりますから、「生前、健在の内に」というのが肝心です。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/05/05(木) 09:15:54 ID:001c8230a

      勝さん
      “そこへいくと、浅井会長は時間をかけてゆっくり着実に「浅井城衛氏が次の後継者だ」という事を周囲に認めさせ、亦、自身もそう認めている事をアピールしています。少なくともこの点は優れた手腕ではないかと思われます。”
      そこんとこ、もっと具体的に教えて欲しいです。

  5. 名前:唯ちゃん 投稿日:2016/05/06(金) 04:27:54 ID:a852f75e3 返信

    連休もあっという間に終わりです。中年になると時はあっという間に過ぎます(笑)。今度信州の婦人支区部長がHさんになったようで 坂城の自宅拠点の有名幹部の嫁さんと思われます(間違ってたらすいません)。要は人材が枯渇してんですよね。同じようなメンツでくるくる回してるだけなんです。顕正会と縁を切って10年の私にも推測できるような人事ですし。信州会館もいつも同じメンバーしかいないんです。新会員はほとんどすぐ消えちゃいますから。寂しいもんです。

    • 名前:ミミ 投稿日:2016/05/13(金) 22:39:47 ID:07909da56

      唯ちゃんさんへ
      こんばんは(^^)随分と返信が遅くなってしまいました。すみませんm(__)m
      そうですね‥僕が在籍していた七年間も、主要なメンバーはほとんど変化がありませんでした。
      恐らく、他の地域は盛り上がっているけど、自分とこは停滞しているのだろうと。
      だから、いずれはウチの方にも潮流が巡ってくると、都合の良い希望的観測をして現実から目を逸らしてました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*